機材レビュー

スポンサーリンク
機材レビュー

レンズ保護フィルターの必要性

カメラ用レンズを買ったらレンズ保護フィルターはあった方が良いです。 レンズを完璧にメンテナンスできるなら良いのですが、多くの人はレンズの扱いに慣れていません。 メンテナンスフリーではありませんが、レンズ保護フィルターの有効性を紹介します。
機材レビュー

スマホは夜景が苦手? カメラ別、高感度ノイズ比較【Z6、1J3、AQUOS】

スマホで夜景を撮影すると、空のザラつきが目立つことがあります。 これは高感度ノイズというもので、イメージセンサーの小さなスマホは出やすいです。 では、イメージセンサーのサイズによって高感度ノイズはどの程度変わるものでしょうか? 比較してみたいと思います。
機材レビュー

レンズの基本・英数字に表される性能を読み解く方法

カメラのレンズは多くの英数字で表されます。 DC、OSS、IS、1635G。 メーカーごとに表記も違うため、ややこしさの極みです。 しかし、3つの表記だけ覚えておけば、製品選択は楽になります。 では、どこに注目すればいいか紹介しましょう。
機材レビュー

超広角レンズなのに被写界深度が浅い不思議な世界【14mm F1.8 DG HSM】

「超広角レンズは被写界深度が深い」という概念を崩してくれるレンズが存在します。 そのひとつが、シグマのartシリーズ 14mm f1.8 DG HSM。 超広角なのに背景ボケの綺麗な世界を表現するこのレンズの実力を探ってみます。
機材レビュー

タムロン 90mm マクロレンズの使い心地と動作状況 for Nikon D750 Z6

タムキューのレンズ内モーター搭載モデルを入手しました。 気になるのはニコンのミラーレスZシリーズとの相性。 それも踏まえて5代目タムキューの使い心地を紹介します。
機材レビュー

かぶせ式レンズキャップが、撮影時に邪魔なので解決方法を考える

かぶせ式レンズキャップ かぶせ式レンズキャップは、主に超広角レンズや魚眼レンズに採用されているレンズキャップです。 フィルターねじ込み溝に固定するのではなく、レンズ筐体ごと覆ってしまうような形をしています。 <かぶせ式レ...
機材レビュー

デジタル一眼カメラで、2本目以降に単レンズ購入を勧める理由

デジタル一眼カメラは持っているけど、標準ズーム1本を付けっぱなしの方、多いのではないでしょうか? せっかくの一眼ですので、交換レンズを使って色々な画角を楽しみたいものです。 個人的には2本目は単レンズの購入を勧めています。 単レンズはズームに比べ不便さはありますが色々なことを教えてくれるのです。
撮影術

「星を際立たせる!」星空撮影の必需品、プロソフトンフィルターの効果

星は点光源ですので1等星だからといって大きく写るわけではありません。 ですから、そのまま撮影しますとメリハリのない写真になります。 こんな時に役立つのがプロソフトンフィルター。 その効果について比較してみます。
撮影術

「星が暗くて見つからない!」暗い星にピントを合わせる最強ツール・外部モニター

星のピントをマニュアルフォーカスで合わせる方法を紹介しましたが、思ったより苦戦すると思います。 まず、最初に躓くのは「星はどこ?」という問題。 小さな背面液晶での星探しに苦戦します。 では、それを解決するにはどうすれば良いか? 便利なツールを紹介します。
撮影術

「危険がいっぱい!」天体写真・縦構図で多い失敗とその予防策

星空をめいっぱい写そうとすると縦構図が増えます。 しかし、三脚を使っての縦構図には大きな落とし穴があるのです。 ポイントはバランス。 いかにしてバランスを保つかというのを解説します。
撮影術

星をたくさん写したいなら明るいレンズが有利といえる理由【実写で比較】

デジタルカメラで星空を撮影する際、明るいレンズを使用した方が沢山の星が写ります。 具体的には開放時のf値が小さいものです。 実際に撮影したもので比較しながら、その理由を解説します。
機材レビュー

シグマ 14mm f1.8 DG HSM レビュー 「サードパーティ=安物は過去の話」

シグマ 14mm f1.8 DG HSMを入手したので機材レビューをします。 神レンズともいわれるAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDとの比較。 10年の歳月と、単レンズという利点はどのような描写を見せてくれるのでしょうか?
機材レビュー

小型ビデオライト Ulanzi VL81でナイトシーンを撮影してみる

コスパが良く使いやすいUlanziVL81。 実際の撮影にどの程度使えるか試してみました。 使用条件は限られますが、場合によってはクリップオンストロボと同等の光量を得ることも出来そうです。
機材レビュー

小型ビデオライト Ulanzi VL81の性能を検証

ULAZI VL81は小型のビデオライトです。 小型なので荷物にならず明るさもそれなりにあるので補助光にピッタリだと思います。 そんなVL81の使い勝手や性能について検証してみます。
機材レビュー

ミラーレス一眼カメラと一眼レフカメラどちらを選ぶのが正解か?【徹底比較】

デジタル一眼カメラには大きく分けて一眼レフとミラーレスの2種類があります。 それぞれ利点欠点があり、どちらを選べばいいのか迷うところです。 特徴を把握し、自身の撮影スタイスとどちらが合っているか検証してみましょう。
機材レビュー

初めてのデジタル一眼カメラにフルサイズを勧める理由「APS-Cと比較」

デジタル一眼カメラには多くのフォーマットがあります。 その中でもフルサイズといわれる、フィルムカメラの35mm判と同じサイズのものが良いです。 APS-C判と比較しましたのでその差をご覧ください。
デコトラ

デコトラの撮影にフラッグシップ機が適さないといえる4つの理由「うなずく人はデコトラ撮影上級者」

フラッグシップ機とは各カメラメーカーの最上位機種です。 高性能で高価格なフラッグシップ機で撮影すると何でも綺麗に撮れそうですが、デコトラの撮影においては適しない部分があります。 そんなフラッグシップ機の弱点を紹介します。
機材レビュー

マグロレンズがあればクロマグロレンズもあった「どちらも美味しそうだ」

マグロレンズが発売されるはるか昔、クロマグロレンズというものが開発されました。 ニコンAI Zoom-Nikkor 1200-1700mm f/5.6-8P IF-ED その長さと色からそう名付けられた超望遠レンズは、場所と用途が限定された希少なレンズだったのです。
機材レビュー

マグロレンズってどんな意味?「美味しそうな名前」

マクロレンズは知っていてもマグロレンズは知らないという人は多いでしょう。 マグロレンズとはSIGMA APO 200-500mm F2.8/400-1000mm F5.6 EX DGの愛称です。 その驚異的なスペックと価格について紹介します。
機材レビュー

【麻雀?】小三元レンズってどういう意味?「それはちょっとした憧れ」

大三元レンズがあれば小三元レンズもある。 こちらも麻雀の小三元から来た造語です。 大三元レンズより一つランクの落ちたレンズのことですが、実はそれ以外の魅力があったりするのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました