機材レビュー

スポンサーリンク
機材レビュー

比較:LAOWA 10mm F2.8 ZERO-D FF -vs- HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Aspherical「フルサイズ超広角レンズ、選ぶなら?」

LAOWAブランドから発売された10mm F2.8 ZERO-D FF。 広い画角と明るい筐体、そしてAFが使える超広角レンズです。 この新製品を8年前に発売されたHELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalと比較。 果たしてそれぞれの評価は?
機材レビュー

LAOWA 10mm F2.8 ZERO-D FF レビュー「高性能超広角単焦点レンズの能力」

2024年4月19日。 LAOWAブランドよりLAOWA 10mm F2.8 ZERO-D FFが発売されました。 この製品は同社初のAFレンズであり10mmの焦点距離とf2.8の大口径を実現しています。 かなり尖った仕様のこの製品。 その実力について検証してみます。
機材レビュー

ヨンニッパ 時々 ゴーロクヨン NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S で撮るトラックイベント

NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR Sは規格外の超望遠レンズ。 性能ももちろんですが、その軽さにより手持ち撮影も可能。 そんなZシリーズヨンニッパを使ってトラックイベントを撮影してみました。
機材レビュー

サンワサプライ ビデオキャプチャーボックス「400-MEDI034」でデジタル一眼カメラの液晶画面を撮影する方法

動画配信サイトでカメラの操作説明に使われる映像。 画面を直接映像で記録するためにはビデオキャプチャーが便利です。 サンワサプライの400-MEDI034はHDMI入力のあるビデオキャプチャー。 その実力とは?
機材レビュー

D810A ISO感度別デジタルノイズ比較

NikonD810AのデジタルノイズをISO感度別に比較します。 撮影時の参考にしてください。
機材レビュー

NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S 【2つの焦点距離】を合体させた高性能ヨンニッパ

焦点距離400mm 開放F値2.8 通称ヨンニッパ。 写真が好きな人なら一度は憧れるレンズのひとつです。 NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR Sはそんなヨンニッパの中でもワンランク上の性能を持った1本。 その全貌について解説します。
機材レビュー

どこが変わった!?超進化 「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」 大三元広角ズームレンズの13年

神レンズと呼ばれるAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED。 その流れを引き継ぎ、Zマウント用として登場したのがNIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sです。 神レンズの後継機として恥じないレベルとなったZマウント神レンズ。 旧製品とどこが変わったのか? 気になる点を見ていきましょう。
機材レビュー

Leofoto NF-6 レンズフット

超望遠レンズは重くて取り回しが大変。 そんな時に支持を助けてくれるのが三脚や一脚。 でも脱着はネジ式でとても面倒です。 そんな時に便利なのがLeofotoのレンズフット。 どんなものか見てみましょう。
機材レビュー

Fマウントレンズ(NIKKOR)を長年使った私がZマウントレンズ(NIKKOR Z)に思う不満

NikonのZマウント用に開発されたNIKKOR Zシリーズ。 Fマウント用のNIKKORからは大きく変わった点がいくつもあります。 その利点は多くのサイトで紹介されていますが、今回はNIKKOR Zの不満点について紹介します。
機材レビュー

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S vs AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED 【画質比較】

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S と AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED マウントは違うけど同じ焦点距離、同じ開放f値のレンズです。 NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sの方が新しいから綺麗に写るのでは? ということで画質を比較してみましょう。
機材レビュー

Zマウントレンズ・レンズ別、絞り値別、回折の発生状況「絞り値による画質の劣化はどこで発生する?」

カメラ用レンズの宿命といえる回折現象。 これにより画質が落ちることは仕方が無い事です。 ただ、自身が使うレンズがどのあたりから回折し出すのかは確認しておきたいところ。 レンズ毎の回折について確認してみます。
機材レビュー

Fマウントレンズ・レンズ別、絞り値別、回折の発生状況「絞り値による画質の劣化はどこで発生する?」

カメラ用レンズの宿命といえる回折現象。 これにより画質が落ちることは仕方が無い事です。 ただ、自身が使うレンズがどのあたりから回折し出すのかは確認しておきたいところ。 レンズ毎の回折について確認してみます。
機材レビュー

NIKKOR Z 180-600mm f/5.6-6.3 VRに丁度良い【INPONアルカスイス互換プレート】

Zマウントレンズの三脚座はなんとなく小さい。 それは軽くコンパクトにするためにそうなっているのでしょう。 でも、”三脚座を持って歩く派”にはちょっと辛い。 小さな三脚座は持ちにくいから。 そんな悩みを解決してくれる小物です。
機材レビュー

【比較】 NIKKOR Z 180-600mm f/5.6-6.3 VR vs AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

NIKKOR Z 180-600mm f/5.6-6.3 VRと比較されやすいAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR。 どちらも超望遠ズームレンズで焦点距離もよく似ています。 発売時期が8年違う双方にどれぐらいの違いがあるのか? どちらがお買い得なのか? 比較してみます。
機材レビュー

NIKKOR Z 180-600mm f/5.6-6.3 VR AF速度を「同等製品」と比較

NikonZマウントの超望遠ズームレンズ NIKKOR Z 180-600mm f/5.6-6.3 VR。 AF速度の評判は・・・ 実際のところを他の製品と比較検証してみます。
機材レビュー

NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S は「ここを直すともっと良くなる!」と考える

NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S はZマウントの大三元標準ズームレンズです。 その写りは大三元と呼ばれるほどものですが、細かい部分であとちょっと・・・と気になることがあります。 あくまで個人的な感想ですが大三元レンズの「あとちょっと」を見てみましょう。
機材レビュー

NIKKOR Z 180-600mm f/5.6-6.3 VR 「お手頃」超望遠ズームレンズの実力

NIKKOR Z 180-600mm f/5.6-6.3 VRは2023年8月31日発売の超望遠ズームレンズです。 600mmまでの焦点距離をカバーし、手振れ補正機構やEDレンズを採用しながら、小売価格22万円前後と「手の届く超望遠ズームレンズ」として注目されるこのレンズ。 その全貌について検証してみます。
機材レビュー

NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S は逆光性能が高い!? 大三元レンズにおけるゴースト、フレアの意外な結果とは?

レンズ特有の光学現象であるゴーストやフレア。 一般的にはあまり歓迎されるものではありません。 メーカーが苦心して設計したレンズのゴーストやフレアは? NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sのゴースト、フレアの発生状況について確認します。
機材レビュー

NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S レビュー AF速度は!? 他機との比較で分かる事

NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 SはZマウント用大三元レンズです。 いわゆるハイエンド使用ですのでAF速度にも期待したいところ。 今回は、NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 SのAF速度と他機との比較について検証します。
機材レビュー

NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S レビュー 大三元レンズにおける口径食の発生状況は?

口径の大きなレンズや鏡胴が長いレンズで発生しやすいとされる「口径食」 それは大三元レンズにおいてもいえることです。 ニコンZマウントの大三元レンズ NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S で口径食は発生する? 最新大三元レンズにおける口径食の発生状況を確認してみましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました