金融

スポンサーリンク
投資

今から狙いたい2022年9月の優待株(お食事券は嬉しい)

優待株 優待株とは、株主優待を実施している、会社の株の事です。   株主優待は、株主還元の一環として、企業がその株式の保有者に実施するプレゼントです。 企業により優待の権利を得られる日(権利付最終日)は違いますが、...
節約術

「時給を上げよう!」の考えがとても危険な理由

この半年で多くの物が値上がりしました。 そこで出てくるのは「時給を上てくれ」という話。 しかし、これはとても危険な考え方なのです。
投資

「資産所得倍増プラン」が失敗に終わると考える そもそもの理由

岸田政権が打ち出した「資産所得倍増プラン」。 この政策は今の内容では確実に失敗します。 唯一成功するとしたら銀行の預金金利を倍にして「成功」と言い切るぐらいかもしれません。 その理由について解説します。
投資

国策は買い・経済政策「資産所得倍増プラン」を活用する方法

今年の5月に岸田総理が発表した「資産所得倍増プラン」 大まかな方向性は「内閣府」のHPで確認することが出来ます。 預金から投資への資金移動を狙うこの政策。 損をしないために今からできることについて検討してみます。
投資

過去最高益のトヨタ株が急落した理由

トヨタ自動車といえば日本を代表する巨大企業です。 販売台数や利益、そして春闘までもがニュースとなり、その株価は日本の景気動向を表す指標とする人もいるほどです。 本日、トヨタが発表した2022年3月期決算は、純利益が26・9%増の2兆8501億円で過去最高となりました。 しかし、決算発表後、株価は急落したのです。 その理由と考えられるものについて解説します。
投資

今から狙いたい2022年6月の優待株

優待株とは株主優待を実施している企業の株のことです。 優待株を権利付最終日から権利落ち日まで保有していると、企業から株主優待というプレゼントがもらえます。 株主優待だけに目を奪われていては失敗の元です。 そんな優待株の中でおすすめのものを紹介します。
投資

【暗号資産で申告漏れ】100万円儲けたはずなのに税金が443万円?そのカラクリについて説明

暗号資産(仮想通貨)は世の中にどんどん浸透してきつつあります。 そんな中安易に暗号資産に手を出し、税金で痛い目を見る事例が多発しています。 例を踏まえて税制面で有利に立つにはどうすればいいか検証します。
金融

複数口座の損益通算を実際に「確定申告書等作成コーナー」で申告してみる 「特定口座源泉徴収あり」

株式等の取引を「特定口座の源泉徴収あり」で行っていると、税金の計算から納税まで証券会社等が行ってくれいます。 しかし、複数の証券口座をもっており、一方が黒字で一方が赤字の場合、損益を通算してくれません。 この場合、自分で確定申告をして取り戻す必要があるのです。 では、実際に確定申告作成コーナーの画面を使い入力の流れを説明しましょう。
投資

複数口座で株式等を取引している場合の損益通算のやり方「特定口座源泉徴収あり」

そろそろ確定申告の時期が迫りますね。 サラリーマンだから関係ないと思っている人もいるかもしれませんが、サラリーマンでも条件に該当すれば確定申告した方が得になります。 今回はそんな条件の一例である株式等の損益通算について紹介します。
その他

【面白データ満載】47都道府県別 生活意識調査2021から読み解くお金の県民性

47都道府県別 生活意識調査2021はソニー生命保険がインターネットリサーチで実施し、4,700名(各都道府県100名)の有効サンプルの集計結果を公開しているものです。 衣食住からお金、恋愛まで様々なアンケート結果が公表されています。 その中でお金に関係する面白いデータを紹介します。 これも県民性が出ていますね。
投資

【中所得者を狙い撃ち】金融所得課税で損をするのは庶民であるという事

金融所得課税とは現在の岸田首相、および高市政調会長が推奨する金融所得に対する増税案です。 この法案が出たとき「儲けているやつザマ見ろ」とばかりにSNS上では高市信者で溢れました。 果たしてそう上手くいくのでしょうか? 実際は特大ブーメランになっていることを気がつくのは一部の人だったりします。
金融

「金融知識低め」岸田ショックの原因は金融所得課税にあるのか

岸田総裁が誕生してから日本株は右肩下がりです。 岸田ショックという言葉もささやかれ始めてきました。 2021年10月10日、岸田総裁はTV番組で「金融所得課税について当面は見直さない」旨の発言をしました。 さて、この発言が市場にどう影響するのか、明日以降の注視する必要がるかもしれません。
投資

【初心者向け】外貨預金のやり方を流れで紹介「利点と欠点、預金に適正な時期について」

外貨預金は文字通り、日本円をドルなどの外貨に替えて預金するというものです。 その魅力は為替差益と、日本より高い金利。 今回はそんな外貨預金で資金を実際に運用した実例を紹介します。
金融

それでも国民年金に入る2つの理由「老齢年金だけで比較してはいけないという事」

国民年金は老後資金としてはかなり不利な賭けです。 しかし、国民年金には老後資金以外にもお得な制度があるのです。 安易に「加入しない」という判断をせずに制度全体を見て判断しましょう。
金融

国民年金は損なのか問題について考える「払っていない人が得をする?」

少子高齢化が止まらない日本において国民年金の保険料は毎年上がり、支給額は毎年下がっています。 このままのペースで動いた時に国民年金は果たしてお得かという問題が出てきます。 加入が義務だけど払わない人。 果たして国民年金はお得なのか?損なのか? 支払う国民年金保険料と将来予想される老齢年金の面から検証してしてみます。
投資

【書籍】株・不動産 知識ゼロからの金儲け-国家破産時代の暮らしの経済学・島田紳助著

投資家としても有名な芸能人の島田紳助が書いた投資に関する本です。 タイトル通りお金を増やす方法を実体験を元に書いています。 特徴は素人目線で書かれており極力難しい言葉を使っていないことです。 「お金って何だろう」から始まる様々な疑問に答える形式の著書となっています。
サラリーマンの生態

「FIREにはいくら必要か?」達成するための行動とFIREを決断した理由

最近話題のFIRE生活。 特に計画していたわけでもなく、思った以上に簡単に達成してしまいました。 それは、たまたま自身がケチであったこと。 そして、たまたま株式投資をしていたことです。 計画をもってすればもっと早く達成することも難しいことではありません。 時間に縛られない生活を送るためにちょっとした工夫をしてみましょう。
金融

宝くじを買うと損をするといえる3つの理由【当たることで人生をも狂わす】

僕は宝くじを買いません。 その理由は還元率の低さと、完全に運のみで決まる、そして人生が狂うというところにあります。 お金は人を幸せにしますが、おかしくもします。 地域貢献したいのであれば「ふるさと納税」のほうがよほど良いシステムですね。
投資

給料を貰ったら真っ先にやるたった1つのこと「やるやらないで将来に大きな差が生まれます」

給料は増えても手取りは増えない。 貯金もほとんどない。 出来ないのには理由があります。 ちょっとした工夫と長い目で物事を考える視点を持てば問題は解決すると考えます。
サラリーマンの生態

政府がサラリーマンを狙い撃ちする数々の罠「盗られ放題の現代社会」

ふと10年前の給与明細を見て思ったこと。 今と手取りが変わっていない。 年収は増えているが控除額も増えている。 これはサラリーマンを取り巻く税や社会保険料の理不尽なお話し。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました