2021-06

スポンサーリンク
撮影術

「誰でも撮れる」デコトラナイトシーン撮影講座「デジタルカメラ編」

カメラ技術の発達で簡単に撮れるようになった夜景。 果たしてその写真は本当に綺麗に撮れているのでしょうか? 夜景を綺麗に撮影する方法をシャッター速度、絞り、ISO感度の3つの観点から検証します。
デコトラ

【デコトラ撮影会場情報】舞洲スポーツランド空の広場の会場情報

舞洲スポーツランド空の広場は大阪府にある人工島です。 デコトラの撮影会をはじめ様々なイベントに使用されます。 イベント会場について説明していますので、初めて行く方は参考にしてください。
サラリーマンの生態

さん付け運動の利点と弊害 「傾きつつある企業で流行する危険性」

一時期大企業で流行った「さん付け運動」。 しかしこの運動にはあまり効果がないと考えます。 起業の風通しはトップの考え方のほうが影響が大きいと思います。 ただ、仕事以外ではこの「さん付け運動」を推奨します。 「さん」という呼び方はとても便利だと実感しているからです。
住宅を建てるなら

【住宅設計士が暴露】その住宅会社の設計レベルは建売住宅のトイレの位置で分かる「信憑性は高いです」

建売住宅は注文住宅と違い、建築会社の中だけでプランが完結します。 もっと細かく突き詰めると、一人の設計士がプランを決めて、色や仕様を決めることも珍しくありません。 こういった理由で建売のプランを見ると、その建築会社に在籍する設計士のレベルが分かったりします。 トイレをリビングから入るようなプランにするような設計士は、あまり優秀ではありません。 そんなプランの建売を見かけたら、その建築会社で住宅を建てるのは考え直した方が良いでしょう。
撮影術

「初心者向け」カメラの露出を基礎から解説「綺麗な写真を撮るために、とっても重要なこと」

カメラの露出とは、カメラのフィルムやイメージセンサーに充てる光の量を調節し、撮影する写真や映像の明るさをコントロールする技術のことです。 デコトラの撮影においてもその条件は変わりません。 今回はそんな露出について少し説明してみましょう。
撮影術

フィルムやデジタルカメラのISO感度について解説「基礎からわかりやすく説明します」

デジタルカメラにはISOという設定項目があります。 ISOとはイメージセンサーが光をとらえる能力を数値化したものです。 ISOにもカメラ任せのオート機能がありますが、はたしてオートで良いのか検証してみます。
デコトラ

「デコトラの撮影会」に持って行くと便利なもの10選

デコトラの撮影会は屋外の広い場所で開催されることが多いです。 何の準備もなしに行くと痛い目に合うこともあります。 そこでデコトラの撮影会に持って行くと良いものを10個挙げてみました。
機材レビュー

橋の上から夜景を撮影 - ニコン Z6 の手振れ補正能力を検証する

揺れる橋の上からスローシャッターを繰る方法は無いものか・・・。 レンズ内手振れ補正の限界を感じていた中、発表されたニコンZシリーズにボディ内手振れ補正が搭載され、思わず飛び付いたのでした。 レンズの選択肢を増やすZシリーズのボディ内手振れ補正。 Z6でその効果を検証します。
機材レビュー

橋の上から夜景を撮影 - タムロン SP 15-30mm F2.8 Di VC USDの手振れ補正能力を検証する

揺れる橋の上からスローシャッターを繰る方法は無いものか・・・。 2015年当時考えてたどり着いた一つの結果が、手振れ補正機能を利用するというもの。 限られた条件の中、1枚の写真を撮影するために購入したレンズで撮影できるものを検証します。
デコトラ

「デコトラ撮影会」への行き方と楽しみ方「初めてのデコトラ撮影会で失敗しないためには」

デコトラをたくさん集めて撮影会が行われるのはご存じでしょうか? 毎年、全国でチャリティイベントを目的としてデコトラの撮影会が行われます。 初めて行く人は勝手がわからなくて戸惑うことがあると思いますが、今回はデコトラ撮影会への行き方と楽しみ方を紹介します。
撮影術

プラモデルを撮影する時に奥までピントをしっかり合わせるにはどうすればいい?「被写界深度がカギ」

プラモデルの撮影をすると手前はピントが合っているのに奥はボケているということがよくあります。 これはレンズの被写界深度が関係してきます。 被写界深度はf値とも呼ばれ写りに影響する大きな要素のひとつです。 今回はそんな被写界深度について説明しプラモデルを上手く写すコツを紹介します。
趣味

はたらくじどうしゃ博物館を見学する方法「年に1回のチャンスを生かせ」

長野県伊那市にはたらくじどうしゃ博物館という私設の博物館があります。 ここには働く自動車、建設機械の模型やミニチュア、写真、資料約2万点が収蔵されています。 現在は一般公開されていませんが年に一度だけ見る機会があります。 今回はそんなはたらくじどうしゃ博物館を見学する方法を紹介します。
撮影術

カメラのシャッター速度って何のこと?「ブレないための適正なシャッター速度の考え方」

カメラにはシャッター速度という数字があります。 カメラの手ブレや被写体ブレの多くはシャッター速度が関係しています。 適切なシャッター速度ならブレはかなりの確率で防げます。 今回はブレとシャッター速度の関係をお話しします。
撮影術

カメラのレンズに書いてあるmmの意味【焦点距離について】これって何の値?

カメラのレンズには焦点距離という数値がありますが、写りとの関係が分かりにくいです。 ズームレンズで被写体をトリミングするような撮影方法では焦点距離の利点を生かすことはできません。 そこでレンズ焦点距離による被写体の見え方を実際の写真を参考にしながら解説します。
撮影術

デジタルカメラの画素数って何の数字?「大きければ大ほど良いの?」

デジタルカメラやスマートフォンのカメラの性能を表す数値の画素数。 なんとなく大きければ高性能なのかった思うのですが、実際どれぐらい必要なのか分かりません。 画素数の基本、そして画素数が高いことの利点や欠点を掘り下げます。
資格取得

福祉住環境コーディネーター 2級に合格するテクニック「コツを掴むことが重要」

福祉住環境コーディネーターはこれからの超高齢化社会にとって有益な資格です。 資格試験で勉強する内容は高齢者や障害者の住環境提案に大いに役に立つでしょう。 福祉住環境コーディネーターは1級~3級まであり、受験資格は特にありません。 おすすめは2級からの受験。いきなり2級からで大丈夫です。 1級は2級に合格しないと受験できないうえに超難関といわれるほど難しいからです。 今回は福祉住環境コーディネーター2級の合格法について解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました