2022-08

スポンサーリンク
機材メンテ

カメラやレンズの地震対策・防湿庫を使って揺れに備える

地震対策 地震はいつ起こるか予測できません。 大切な撮影機材も、地震によって落下してしまうと、破損して使えなくなることが多いです。   いざという時の為に、普段から備えておくことが必要であると感じます。 とい...
デコトラ

水戸友好団体 ひたちなか海浜公園特設会場【デコトラ撮影会場情報】

2022年9月18日は水戸友好団体のチャリティ撮影会です。 多くのトラックが茨城県ひたちなか市に集まります。 参加台数もギャラリーの数も多いので、注意事項を守って参加しましょう。
その他

ガイアノーツ プレミアムミラークロームを試す

デコトラのプラモデルを作っていて、メッキをかけたいと思うことがあります。 しかし、メッキシールは曲面や細かい場所が苦手です。 そんな中、目に入ったクローム系の塗料。 どの程度のものか試してみることにしました。
機材レビュー

レンズ保護フィルターの必要性

カメラ用レンズを買ったらレンズ保護フィルターはあった方が良いです。 レンズを完璧にメンテナンスできるなら良いのですが、多くの人はレンズの扱いに慣れていません。 メンテナンスフリーではありませんが、レンズ保護フィルターの有効性を紹介します。
撮影術

カメラの測光とは?その種類と用途

多くのカメラやスマホは手軽に綺麗な写真が撮れます。 これはAE(自動露出)の高性能化のおかげです。 AEが適切な露出を導き出すためには正しい測光が必要です。 そんな測光について基本を解説します。
その他

100均の商品でプラモデルをマジョーラっぽく塗装する方法

分光性塗料のひとつであるマジョーラ。 特殊な塗料であるため、とても高価です。 そんな中、100均の商品でマジョーラっぽくなることを知り、さっそく挑戦。 そのコツと結果を公開します。
撮影術

露出の「段」を理解し自分好みの写真に仕上げる

露出の「段」 カメラの露出における「段」とは露出の量(写真の明るさの度合い)を表す単位です。 「1段明るくする」とは露出の量を2倍にして写真を明るくすることです。 逆に「1段暗くする」とは、露出の量を1/2にして...
撮影術

露出における段のお話し

カメラの露出には「段」という考え方があります。 段は露出を計算するうえで重要な要素です。 カメラ任せで撮影していても段は発生しています。 無視することは出来ない露出の段について簡単に解説します
撮影術

構図の参考になる意外なもの

写真の構図には基本的なものがいくつかあります。 ただ、これはあくまで基本であって「こうしなさい」というものではありません。 とはいえ、全くのゼロから構図を考えるのはかなり難しいです。 そこで個人的に構図の参考にしている意外なものを紹介します。
撮影術

はじめての三脚選び。そのポイントを紹介 【機材構成から予算まで】

三脚は非常に種類が多いです。 何も考えずに買うと、思わぬところに落とし穴があったりします。 ということで、初心者がとりあえず買うならどのような点に注意すればいいかを説明します。
撮影術

三脚があれば出来る4つのこと(コツを知り便利に使う)

カメラを買ったら次に買う撮影機材は三脚をお勧めします。 三脚は自撮り記念写真など、直ぐに思いつく使い方以外にも使い道が多いためです。 代表なものを紹介しますので三脚購入の参考にしてください。
デコトラ

駿河船団チャリティ撮影会 富士川河川敷広場の会場情報【デコトラの撮影会場情報】

2022年9月18日、駿河船団が富士川河川敷広場でチャリティ撮影会を開催します。 会場情報を書きますので、イベントに行かれる方は事前情報としてお役立てください。
撮影術

絞りすぎ注意!レンズの絞りで失敗しないために覚えておくこと

レンズの絞りを絞り込むと、被写体の像はしっかり写ります。 また背景までしっかり写るので、しっかり写したい時は思い切って絞り込んだ方が良いように思えます。 しかし、絞りすぎは禁物です。 その理由を説明します。
撮影術

レンズは開放で撮影するより1段階絞ることを勧める理由

写真撮影する際に背景を綺麗にボカす方法として、レンズの絞りを開放にするというものがあります。 しかし、背景をボカしたいからといって開放にすることはあまりお勧めしません。 絞りを1~2段階絞る方が良い場合が多いです。 その理由を例も見ながら確認してみましょう。
撮影術

写真の背景を綺麗にボカすための3つのテクニック

写真を撮影する際、被写体の背景が綺麗にボケていると印象が変わってきます。 背景のボケ味をコントロールするには3つのテクニックがあります。 とても重要ですので、常に頭において写真を撮影しましょう。
撮影術

写真が上達しない人の特徴 6選

スマホを含め撮影機器が身近になったため、誰でも簡単に写真を撮り、SNSに上げることが出来る世の中になりました。 こうなると上げる写真も綺麗に撮りたいと思うのが人の心情。 では、逆にどういった行動が写真の上達を妨げるのか挙げていきましょう。
デコトラ

エンドラストのイベント どこで撮るか解説「国道200号線編」【デコトラ撮影ポイント情報】

2022年9月18日のエンドラストのイベントが開催されます。 会場は飯塚オートレース場・第5駐車場ですが、会場内で撮影すると同じような写真しか撮れません。 そこで、会場の外に目を向けちょっと面白い写真が撮れそうな撮影スポットを紹介します。
撮影術

夜景撮影時のカメラ基本設定 「これさえ守ればなんとかなる」

夜景はカメラの自動露出が苦手な被写体のひとつです。 しかし、基本を押さえれば誰でも簡単に綺麗な夜景を撮影することが出来ます。 「夜景モード」に頼らない夜景撮影を解説します。
機材レビュー

スマホは夜景が苦手? カメラ別、高感度ノイズ比較【Z6、1J3、AQUOS】

スマホで夜景を撮影すると、空のザラつきが目立つことがあります。 これは高感度ノイズというもので、イメージセンサーの小さなスマホは出やすいです。 では、イメージセンサーのサイズによって高感度ノイズはどの程度変わるものでしょうか? 比較してみたいと思います。
デコトラ

エンドラスト・チャリティ撮影会 飯塚オートレース場・第5駐車場【デコトラ撮影会場情報】

2022年9月18日、エンドラストのチャリティー撮影会が飯塚オートレース場・第5駐車場で開催されます。 今回は撮影会場の事前情報や注意点について紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました