サラリーマンの生態

スポンサーリンク
サラリーマンの生態

今すぐに辞めるべき会社の特徴

日本には多くの会社があると思いますが、勤め続けて良い会社と悪い会社があります。 厳しいとか、忙しい、仕事がつまらないという点はそれほど問題になりません。 致命的な問題2つについて解説します。
サラリーマンの生態

4月から始まる新生活で不安を取り除く方法

4月は学校やクラス、職場や居住地が変わり新生活が始まる時期でもあります。 新卒として働き始めるのも4月が多いですね。 慣れない土地で慣れない人間関係、生活リズムの狂いにより心身に支障をきたす人が多いと言われています。 そんな新生活を不安なく過ごすためにすると良いことを紹介します。
サラリーマンの生態

4月からの「年金改正」と「45歳定年」発言から見る日本の給与事情

2022年4月から年金のシステムが大きく変わります。 全体としては高齢者が働くことを推奨するような施策となっています。 この流れは今後も進むかもしれません。 一方、サントリーHD社長の「45歳定年制」発言が波紋を呼びました。 これはある意味企業の本音だと思いますし、今後の働き方に影響するものだと思います。 この2つの大きな流れを合わせると、ちょっと危険な未来が見えてくるのです。
サラリーマンの生態

マニュアル人間からの脱却、マニュアルの本質を見抜くことの重要性

マニュアル人間ということ婆がありますが、あまりいい意味では捉えられていません。 本人に意識がないのが一番の問題で、マニュアル人間から脱却するには本質をとらえる必要があります。 実際に起きた2つの例にとりどうすれば改善できるのか考えてみます。
サラリーマンの生態

読んで面白かった本の中から独断と偏見により厳選した10冊を紹介します

年末年始、何もすることがない方。 TVも同じようなことしかしていませんしネットも閑散としているので、ゆっくりと本を読みましょう。 そこで今年読んで面白いと思った本を10冊紹介します。 この冬、最高の1冊に出会えるかもしれませんよ。
サラリーマンの生態

辞表出す?ちょっと待て!会社を辞める前にやっておくべき2つの事【勤務先に伝えてからでは遅い】

国税庁の統計調査によると令和2年の時点での平均勤続年数は12.4年となっています。 これは、誰もが退職の可能性があるといえる数字です。 身近にありながら、経験がない事ですので勝手がわかりません。 ただ、会社を辞める前にやっておかなければいけないことが2つあります。
サラリーマンの生態

「FIREにはいくら必要か?」達成するための行動とFIREを決断した理由

最近話題のFIRE生活。 特に計画していたわけでもなく、思った以上に簡単に達成してしまいました。 それは、たまたま自身がケチであったこと。 そして、たまたま株式投資をしていたことです。 計画をもってすればもっと早く達成することも難しいことではありません。 時間に縛られない生活を送るためにちょっとした工夫をしてみましょう。
サラリーマンの生態

さん付け運動の利点と弊害 「傾きつつある企業で流行する危険性」

一時期大企業で流行った「さん付け運動」。 しかしこの運動にはあまり効果がないと考えます。 起業の風通しはトップの考え方のほうが影響が大きいと思います。 ただ、仕事以外ではこの「さん付け運動」を推奨します。 「さん」という呼び方はとても便利だと実感しているからです。
サラリーマンの生態

就活生必見! 人事担当者が呆れる「就活時期になると増える」謎の人種

3月になると就職活動が始まります。 自分の頃は超氷河期だったので悲惨でした。 今年はどうなのでしょうか? そういえば10年ほど前から謎の人種が増えています。 人事担当者もあきれる謎の人種。 果たしてそれは・・・。
サラリーマンの生態

あなたの周りにいる仕事を休むのが下手な人の特徴

コロナ禍で自粛が続きましたが、この秋は緊急事態制限も解除され多くの人が旅行に出かけたと思います。 その反面、この時期にもかかわらず休みが取れなかったという人もいるでしょう。 日本は労働生産性の低い国です。 その低さの根底にあるのは日本人特有の働き方にあると考えます。
サラリーマンの生態

会社を辞めるたった一つの理由「5月病で辞めてはいけない」

この4月から新卒で働き始めた方、異動された方、たくさんいると思います。 例年5月ぐらいになると増えるのが文字通り「5月病」。 憂鬱になったり、なんとなく体調が悪い、会社に行きたくないなどの症状が出て会社を辞めてしまう人もいます。 しかし、そこで辞めるという選択肢を取ってはいけません。 そこで辞めてしまうとまた同じことを繰り返すからです。
サラリーマンの生態

ユーザー辞書の活用がパソコンスキルに影響していると思うこと【サラリーマン必見】

パソコンに最初から付属している機能は使えて当たり前の時代です。 その一つがユーザー辞書。 たくさん用語を登録するとタイピングのスピードが速くなります。 それ以前に、標準で付属している機能を使って、いかに業務を効率化していくかというスキルが重要なのです。
サラリーマンの生態

努力だけではどうにもならない世の中を生きぬくための思考「好奇心」の重要性

昭和から平成にかけては努力だけしていればある程度食べていける時代でした。 これは人口が増加し経済が成長していたからです。 しかし今は人口が減少し、国内経済も縮小傾向です。 親の世代の成功体験はすでに邪魔になりつつある今、重要なのは好奇心だと思いうのです。
サラリーマンの生態

政府がサラリーマンを狙い撃ちする数々の罠「盗られ放題の現代社会」

ふと10年前の給与明細を見て思ったこと。 今と手取りが変わっていない。 年収は増えているが控除額も増えている。 これはサラリーマンを取り巻く税や社会保険料の理不尽なお話し。
サラリーマンの生態

パワハラを解決する方法「現状把握・証拠集め~解決」

たまにニュースになるパワハラによる不幸な事件。 個人的には、大なり小なりほとんどの会社にはパワハラが存在すると考えます。 ですから、いつ自分の身に降りかかるかもしれません。 いつでも対抗できるように準備をしておくと良いと考えます。
サラリーマンの生態

仕事の遅い職場に限って「コピペ能力」が足りないと思う事

今時、大学の卒論もコピペする時代です。 他人の論文を自身の研究結果として出すのはどうかと思いますが、社会人になり生産性を求められるとコピペ能力は大いに役立ちます。 逆に正しいコピペが出来ない人は時代の流れから取り残されるでしょう。 そんなコピペの大切さについて書いてみました。
サラリーマンの生態

社会人になるまでにやっておきたいこと

社会人になると環境は一変します。 仕事、結婚、子育てと目まぐるしく環境が変わるでしょう。 学生時代と比べると自分の自由になる時間はほとんどないと思います。 ですから、社会人になるまでに、しておいた方が良いことがいくつかあります。 その中から一つのことにスポットを当ててみました。
サラリーマンの生態

【哀愁】あなたの職場にもいるかもしれない「トイレトレーダー」の悲しい習性

最近流行りのトイレトレーダー。 会社員などをしながらちょっとしたトイレ休憩の間に株式を売買する人の事です。 そんなトイレトレーダーの悲しい習性を紹介します。
サラリーマンの生態

「営業マンの心得」日本一の営業マンに学ぶチーム力の大切さ「いいとこ取りはいずれ痛い目に合う」

現代は個の力よりチーム力が重要になってきています。 昔、わが社には日本一の営業マンがいました。 彼は個の力がずば抜けていたのですがチーム力をおろそかにしました。 それがどういう結果をもたらしたのか? これは実録です。
サラリーマンの生態

会社にバレないように副業をする方法(手法と注意点)

厚生労働省の指針により日本でも副業を解禁する企業が増えました。 一方で、なかなか副業を解禁出来ない企業もあります。 こういった企業に勤めていて、副業をしたいけど会社にバレるのが怖いという人はいると思います。 副業はどこからバレるのか? 実例と対策を紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました