2020-10

スポンサーリンク
住宅を建てるなら

家づくりに失敗しないための設計士(建築士)の見極め方「ポイントは提案力」

住宅契約の要は営業マンですがプランや仕様など、住宅全体の要は設計士です。 設計士は担当が決まっていて基本的にこちらから指定することはありません。 ですが設計士のレベルによって出来上がる家はずいぶん違うものになります。 そのため、顧客側としても良い設計士と良くない設計士を見極めることが大事になってきます。
住宅を建てるなら

住宅づくりに失敗しないための住宅営業マンの見極め方「基本的にクセ者ぞろいと思え!」

住宅を建てる時に、最初から最後まで一番長く付き合うのが住宅営業マンです。 建てた家が良いと感じるか、悪いと感じるかは営業マンの対応次第だと言っても過言ではありません。 今回はそんな住宅営業マンの中でも気を付けたいタイプの営業マンを挙げてみます。 こんな営業マンと契約すると後で痛い目を見るかもしれませんね。
パソコン

パソコンのATX電源ユニットを交換してみる

7年前に買ったパソコン。 数年前から電源ユニットが故障していたのです。 根本的に壊れていたわけではなく、気温が低くなると大きな音が・・・。 新品に買い替えるのも勿体ないので電源ユニットだけ交換してみました。
住宅を建てるなら

大手ハウスメーカーで家を建てることの最大にして唯一の利点

皆さんが知っている大手ハウスメーカー。 全国に拠点があり、着工件数もそれなりにあります。 しかし地元ビルダーと比べると割高感は否めません。 そんな大手ハウスメーカーで建てる最大にして唯一の利点を紹介します
その他

実際に乗ってわかる、ハイエース200系の良いところ10選

ハイエース200系。 1BOXとしては人気車種ですが、カタログスペックに出てこない良いところもあります。 実際に乗って見て分かるハイエース200系の良さを10個挙げてみました。
その他

ハイエース200系に乗る前に知ってくべき事10選

ハイエースは仕事に遊びに活躍する車です。 その魅力は何といっても荷物スペースの大きさと自由度。 しかし、何でもかんでも「ハイエースが良い」と考えて買うと、思わぬところに落とし穴がある物です。 乗る前に知っておくべきことを10個挙げますので、買う際の検討材料にしてください。
住宅を建てるなら

騒音問題をサッサと片付ける方法

住宅街でありがちなのが騒音によるトラブル。 自分は大丈夫と思っていても近隣からは「うるさい」と言われることもあります。 しかし、うるさいからといって直接クレームを言うことはお勧めしません。 どんな逆恨みを買うか分からないからです。 こんな時は公の機関の出番です。 税金分は働いていただきましょう。
住宅を建てるなら

カスハラの温床 住宅業界の悲惨な現状

〇〇ハラって言葉よく耳にしますね。 セクハラ、パワハラ、モラハラ・・・。 空気の読めない人が自分の考えや価値観、行動を押し付ける事、嫌がらせなどが該当します。 最近ではカスハラというのも問題になっています。 「客様は神様です」が根付いた日本ならではのカスハラ。 住宅業界はまさしくカスハラの温床だったりします。
その他

ハイエース200系に乗って驚くこと10選

2004年にハイエースがフルモデルチェンジし、現在に至るまでマイナーチェンジを繰り返しています。 ハイエースは基本設計が商用車であるため、乗用車に乗りなれた人には別世界の乗り物です。 目線の高さやオーバーハングなど、乗用車では経験し得なかったことが普通なのです。 そんなハイエースに乗り換えた時に驚いたことを10個挙げてみます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました