撮影術

スポンサーリンク
撮影術

写真のゴーストとは? レンズに発生する意図しない光を防ぐ

写真を撮影した時に写ることがあるゴースト。 ゴーストはレンズ内で光が反射することにより意図しない写り込みが発生することです。 ゴーストって何?~防ぐ方法まで細かく解説します。
撮影術

大雨の日に写真を撮影する際の注意点

雨の日に写真を撮影することはあると思います。 カメラやスマホは電子機器ですので水分に弱いです。 水分から大切な機材を守るために必要なことは何か? いくつかポイントを挙げてみます。
撮影術

被写体別ISO感度設定の基本

ISO感度はカメラのイメージセンサーが光を捉える能力を示すものです。 ISO感度を高くすると暗いところでも写りやすくなりますが、デジタルノイズが増えて写真が汚くなります。 出来るだけ低い感度で撮影した方が良いのですが、ではどれぐらいに設定すればいいのでしょうか? 被写体別に見ていきましょう。
デコトラ

駿河船団のイベントはここで撮影しました「過去に撮影したポイントを紹介」【デコトラ撮影ポイント情報】

過去の駿河船団撮影会では少し離れた所で撮影しました。 撮影に適した場所や注意事項など、撮影例を踏まえて紹介したいと思います。
撮影術

写真の構図・基本は引き算

写真の構図は引き算と言われています。 これは構図の中に余計なものをなるべく入れないということです。 では、実際にどういった構図が良いのでしょうか? いくつか例を挙げて説明します。
撮影術

月を綺麗に撮影する方法「意外と簡単な月の撮影」

2022年9月10日は十五夜です。 この機会に月を撮影してみるのはいかがでしょうか。 簡単そうで難しい月の撮影。 綺麗に写すコツは露出モードの選択にあるのです。
撮影術

トラックの撮影でピントを上手く合わせるポイント

トラックの撮影でピントの位置に困ることがあります。 自分ではトラックにピントを合わせているつもりでも、後ピンになったり前ピンになる事は少なくありません。 今回はよくある4構図について、どこにピントを持ってくればいいかを解説します。
撮影術

AF-S、AF-C、MF 3つのフォーカスモードを使いこなす方法

フォーカスモードとはピントを合わせる手法のことです。 カメラには大きく分けて3つのフォーカスモードがあります。 この3つにはそれぞれ適した被写体があります。 ピントでの失敗を減らすために、それぞれの特徴を紹介します。
撮影術

フルサイズとAPS-Cの違い「イメージセンサーサイズにより変わる5つの事」

デジタル一眼カメラは大きく分けるとフルサイズとAPS-Cになります。 違いはイメージセンサーのサイズなのですが、それに伴いいくつかの点が変わってきます。 それぞれの特徴を理解したうえで適正な機材選択をしましょう。
撮影術

カメラの測光とは?その種類と用途

多くのカメラやスマホは手軽に綺麗な写真が撮れます。 これはAE(自動露出)の高性能化のおかげです。 AEが適切な露出を導き出すためには正しい測光が必要です。 そんな測光について基本を解説します。
撮影術

露出の「段」を理解し自分好みの写真に仕上げる

露出の「段」 カメラの露出における「段」とは露出の量(写真の明るさの度合い)を表す単位です。 「1段明るくする」とは露出の量を2倍にして写真を明るくすることです。 逆に「1段暗くする」とは、露出の量を1/2にして...
撮影術

露出における段のお話し

カメラの露出には「段」という考え方があります。 段は露出を計算するうえで重要な要素です。 カメラ任せで撮影していても段は発生しています。 無視することは出来ない露出の段について簡単に解説します
撮影術

構図の参考になる意外なもの

写真の構図には基本的なものがいくつかあります。 ただ、これはあくまで基本であって「こうしなさい」というものではありません。 とはいえ、全くのゼロから構図を考えるのはかなり難しいです。 そこで個人的に構図の参考にしている意外なものを紹介します。
撮影術

はじめての三脚選び。そのポイントを紹介 【機材構成から予算まで】

三脚は非常に種類が多いです。 何も考えずに買うと、思わぬところに落とし穴があったりします。 ということで、初心者がとりあえず買うならどのような点に注意すればいいかを説明します。
撮影術

三脚があれば出来る4つのこと(コツを知り便利に使う)

カメラを買ったら次に買う撮影機材は三脚をお勧めします。 三脚は自撮り記念写真など、直ぐに思いつく使い方以外にも使い道が多いためです。 代表なものを紹介しますので三脚購入の参考にしてください。
撮影術

絞りすぎ注意!レンズの絞りで失敗しないために覚えておくこと

レンズの絞りを絞り込むと、被写体の像はしっかり写ります。 また背景までしっかり写るので、しっかり写したい時は思い切って絞り込んだ方が良いように思えます。 しかし、絞りすぎは禁物です。 その理由を説明します。
撮影術

レンズは開放で撮影するより1段階絞ることを勧める理由

写真撮影する際に背景を綺麗にボカす方法として、レンズの絞りを開放にするというものがあります。 しかし、背景をボカしたいからといって開放にすることはあまりお勧めしません。 絞りを1~2段階絞る方が良い場合が多いです。 その理由を例も見ながら確認してみましょう。
撮影術

写真の背景を綺麗にボカすための3つのテクニック

写真を撮影する際、被写体の背景が綺麗にボケていると印象が変わってきます。 背景のボケ味をコントロールするには3つのテクニックがあります。 とても重要ですので、常に頭において写真を撮影しましょう。
撮影術

写真が上達しない人の特徴 6選

スマホを含め撮影機器が身近になったため、誰でも簡単に写真を撮り、SNSに上げることが出来る世の中になりました。 こうなると上げる写真も綺麗に撮りたいと思うのが人の心情。 では、逆にどういった行動が写真の上達を妨げるのか挙げていきましょう。
撮影術

夜景撮影時のカメラ基本設定 「これさえ守ればなんとかなる」

夜景はカメラの自動露出が苦手な被写体のひとつです。 しかし、基本を押さえれば誰でも簡単に綺麗な夜景を撮影することが出来ます。 「夜景モード」に頼らない夜景撮影を解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました