撮影術

スポンサーリンク
撮影術

雪景色の撮影方法「そのポイントと撮影時の注意点」

雪景色は冬の風物詩。 綺麗な雪景色を撮影したいという人向け。 ちょっとしたコツと注意点を紹介。
撮影術

スマホで逆さ撮影「逆さで撮るローアングル写真」

スマホを逆さに構えてみましょう。 いつもと違う写真が撮れます。 特にローアングルが面白い。 実際にやってみましょう。
撮影術

レンズの最短撮影距離とは 「数字で見る隠れた性能」

カメラ用交換レンズには最短撮影距離という値があります。 文字通り被写体にどれだけ近づいて撮影できるかという数値なのですが、案外把握していない人が多かったりします。 いざという時に重要になる最短撮影距離について解説します。
撮影術

ISO感度の上限を知ることの重要性 「ノイズの多い写真から脱却する小技」

夜景を撮影した際に気になるデジタルノイズ。 これはISO感度が多く気関わっています。 ノイズ写真から脱却するために注意する事とは? ISO感度設定の面から切り取ってみましょう。
撮影術

スマホでスローシャッター撮影をする方法

動きや流れを表現するスローシャッター。 これはデジタル一眼カメラだけのものではありません。 スマホでも可能なのです。 ということで、実際のやり方を紹介します。
撮影術

誰でも簡単にできる”流し撮り”のコツ6選

「流し撮り難しそう」という方。 流し撮りは流すだけならそれほど難しくありません。 基本を押さえればなんとかなる。 ということで、流し撮りのコツについて解説します。
撮影術

2tトラックの撮り方「アングルの重要性」

トラックの撮影で重要な要素のひとつ”アングル” これはトラックの大きさによって変わります。 中でも2t(小型)トラックはそれより大きなトラックとはアングルを変えたいもの。 その理由について解説します。
撮影術

イルミネーションを幻想的に写す”玉ボケ多重露光写真”撮影方法

イルミネーション等を幻想的に写す手法として玉ボケ多重露光という撮影方法があります。 なんとなく分かっているようで奥が深い玉ボケ写真の世界。 その基本である多重露光について解説します。
撮影術

ナイトシーン撮影で失敗しないために覚えておくこと

デコトライベントでナイトシーンが始まると、短い時間で多くのトラックを撮影することになります。 ある意味時間との戦いです。 ですから、無駄な撮影をすると時間がもったいないです。 ここでは、失敗となりやすい撮影状況について解説します。
撮影術

写真データ整理術「枚数と容量の効率的な減らし方」

デジタルカメラで写真をついつい撮り過ぎる方必見! ファイル容量を削減するちょこっとしたコツです。
撮影術

失敗防止のクセ付け・3枚連続撮りで失敗リスクを回避

写真を撮影して、その場では満足したものが撮れたと思っても、自宅に帰ってパソコンで開くと残念な仕上がりになっていることは少なくありません。 特に、動く物を撮影する時はその傾向が強いでしょう。 また、背景などに人が動いている場合は予想がつかないので思わぬ写り込みもあります。 こういった失敗の確率を減らすために有効な方法として3枚撮りを勧めます。
撮影術

失敗防止のクセ付け・1枚目の撮影データをよく確認することの重要性

撮影にはいい時期になりました。 写真撮影に出かけて沢山の写真を撮ったけど全部失敗したという人もいるのではないでしょうか? そういった失敗は心のダメージが大きいです。 失敗しないために1枚目を撮影したらよく確認しましょう。 確認の必要性とポイントについてまとめました。
撮影術

写真のボケ味をコントロールするテクニック「被写界深度のはなし」

写真のボケ味に影響する要素として被写界深度というものがあります。 これは写真の中でピントが合っているように見える範囲の事です。 被写界深度を理解することによって、理想的なボケ味を得られます。 その基本について解説します。
撮影術

写真が上達するためのインスタグラム活用法

写真の上達には多くの人の作品を見ることが重要です。 ですから、沢山の写真が集まっているインスタグラムは参考にしやすいです。 良い写真を撮るためのインスタグラムの使い方について紹介します。
撮影術

構図の基礎・水平と垂直の重要性

写真の構図を決めるにあたって水平と垂直は重要です。 これがしっかり取れていないと、写真が不安定になります。 水平、垂直の取り方から撮影時に注意することまでをまとめてみます。
撮影術

写真のゴーストとは? レンズに発生する意図しない光を防ぐ

写真を撮影した時に写ることがあるゴースト。 ゴーストはレンズ内で光が反射することにより意図しない写り込みが発生することです。 ゴーストって何?~防ぐ方法まで細かく解説します。
撮影術

大雨の日に写真を撮影する際の注意点

雨の日に写真を撮影することはあると思います。 カメラやスマホは電子機器ですので水分に弱いです。 水分から大切な機材を守るために必要なことは何か? いくつかポイントを挙げてみます。
撮影術

被写体別ISO感度設定の基本

ISO感度はカメラのイメージセンサーが光を捉える能力を示すものです。 ISO感度を高くすると暗いところでも写りやすくなりますが、デジタルノイズが増えて写真が汚くなります。 出来るだけ低い感度で撮影した方が良いのですが、ではどれぐらいに設定すればいいのでしょうか? 被写体別に見ていきましょう。
撮影術

写真の構図・基本は引き算

写真の構図は引き算と言われています。 これは構図の中に余計なものをなるべく入れないということです。 では、実際にどういった構図が良いのでしょうか? いくつか例を挙げて説明します。
撮影術

トラックの撮影でピントを上手く合わせるポイント

トラックの撮影でピントの位置に困ることがあります。 自分ではトラックにピントを合わせているつもりでも、後ピンになったり前ピンになる事は少なくありません。 今回はよくある4構図について、どこにピントを持ってくればいいかを解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました