プラモデル撮影法

スポンサーリンク
プラモデル撮影法

ティルトレンズで楽しむ逆ミニチュア写真【銘匠光学・TTArtisan 50mm F1.4の世界】

ティルトレンズはピントが合う範囲を調節できるちょっと特殊なレンズです。 このレンズで楽しめるのがミニチュア写真。 風景をミニチュアのように写すことが出来るのです。 ミニチュアのように写すということは逆も出来る? そういった使い方をやってみました。
プラモデル撮影法

被写界深度合成フリーソフト 【 CombineZP 】の使い方 「簡単便利な合成アプリケーション」

深度合成はPhotoshopなど有料ソフトしかできないと思っていましたがフリーソフトもあります。 CombineZPもその一つで、シンプルな操作で深度合成が行えます。 今回はそんなCombineZPの使い方と注意点をまとめてみました。
プラモデル撮影法

超望遠ズームレンズ NIKKOR Z 180-600mm f/5.6-6.3 VR で撮る「プラモデル」写真

NIKKOR Z 180-600mm f/5.6-6.3 VRは超望遠ズームレンズです。 主な被写体は飛行機、鳥、野生動物。 では他のものは? ということで、超望遠ズームレンズではあまり撮らないプラモデルを撮影しています。
プラモデル撮影法

プラモデルを綺麗に撮影したい!「プラモ撮影に適したデジタル一眼カメラの特徴とは?」

プラモデルを作ったから綺麗に撮影したい! そんな時に便利なのがデジタル一眼カメラ。 しかし、プラモデルは小さな被写体であるため綺麗に撮影する為には、カメラやレンズの仕様に注意する必要があります。 カメラ選びで失敗しないためには? そのポイントについて解説します。
プラモデル撮影法

屋外でのプラモデル撮影「逆光」で失敗する根本的な理由とその対策とは!?

屋外でプラモデルを撮影すると知らない間にやってしまう逆光撮影。 逆光になるとプラモデルのディティールが弱くなり綺麗に写せません。 逆光はなぜ起こるのか? どう対策すればいいのか? 掘り下げてみましょう。
プラモデル撮影法

プラモデル撮影時の絞り設定テクニック「一眼カメラのf値はどの値にするのが良い?」

デジタル一眼カメラでプラモデルを撮影する際、絞りの値が重要となってきます。 これはスマホにない機構で、プラモデルの写りを左右する重要な部分となります。 絞りの役割とは? その効果と設定方法について解説しましょう。
スマホで撮影

プラモミーティング撮影法「ドウ撮る?」スマホでプラモデルを撮影する時のポイント

プラモミーティングでは沢山のプラモデルが並んでいました。 皆思い思いに撮影していたのですが、どうせなら綺麗に写したい。 ということで、少し気を付けるだけで仕上がりが変わるポイントについてまとめます。
プラモデル撮影法

自宅で出来るかんたんレフ板「簡単、安価にできるレフ板で一歩上の仕上がりを」

自宅にあるものでレフ板を作ってみましょう。 簡単、安価で効果あり。 レフ板を使ってワンランク上の写真を撮影しましょう。
プラモデル撮影法

超広角レンズで撮影する【遠近感強調】プラモデル写真

超広角レンズはそれを搭載するスマホの大頭で身近になりました。 ただ、超広角レンズでプラモデルなど小さなものを撮影すると後ピン写真となることが多いです。 どうやれば後ピン写真から脱却できるのか? そのあたりを掘り下げてみます。
スマホで撮影

【 スマホで逆さ撮影 】 逆さで撮る「ローアングル写真」の活用方法

スマホを逆さに構えてみましょう。 いつもと違う写真が撮れます。 特にローアングルが面白い。 実際にやってみましょう。
プラモデル撮影法

100均模造紙で作る、超お手軽「撮影用背景」プラモデル、模型、フリマに!

プラモデルなど小さなものを撮影する際に困る背景。 室内で撮影すると生活感が写ってしまう事もあります。 そんな時見かけた100円ショップの模造紙。 これを背景に使って撮影してみたいと思います。
スマホで撮影

【プラモデルの撮影】はデジタル一眼カメラよりスマホカメラが有利といえる3つの理由

プラモデルや模型など、小さなも被写体の撮影はデジタル一眼よりスマホの方が有利だったりします。 これは一定の条件においてなのですが、多くの人はその条件に当てはまります。 では、どういった理由なのか。 詳しく見ていきましょう。
プラモデル撮影法

レンズの【最短撮影距離】からみる「プラモデル撮影レンズ」の選び方「模型の撮影には最短撮影距離が超重要!」

写真はピントを合わせて初めて成り立ちます。 ただプラモデルの場合、小さな被写体であるためなかなかピントが合いません。 その理由の一つが最短撮影距離。 最短撮影距離が長いと近づいて撮影できない為、離れて撮らざるを得ず背景の余計なものが写り込んでしまいがちなのです。
プラモデル撮影法

プラモデル撮影で背景を誤魔化す方法「撮影ボックスやジオラマベースが無い場合の対応」

模型撮影で困ることのひとつに「背景」というものがあります。 ロケーションの良い場所で撮影出来れば良いのですが、イチイチ持ち出すのも面倒です。 室内で撮るのは簡単なのですが、生活感満載の背景となります。 こんな時に便利なチョイテク。
プラモデル撮影法

プラモデルを本物っぽく撮影するテクニック「被写界深度合成の有効活用」

模型写真は被写界深度のコントロールが必須です。 簡単に被写界深度を深くしたい場合、被写体から離れるということが有効でした。 しかし、それも欠点があります。 その欠点を補う「深度合成」。 実際に試してみました。
プラモデル撮影法

プラモデル撮影のチョイ技 「離れて撮る」の合理的な理由

模型を撮影した際、ピントが奥まで合わないためミニチュア感が出過ぎてしまうことはよくあります。 これは被写界深度の問題で、特に絞り機構が無いスマートフォンでは調整が出来ないため、頭の痛い問題です。 しかし、絞り機構が無くてもピントが合っているように見せることは可能です。 とっても簡単なその方法を紹介します。
プラモデル撮影法

カメラのフォーカスシフト機能を使わず「被写界深度合成」をする方法

深度合成はフォーカスシフトで撮影した写真を合成し、被写界深度が深い写真を作成する手法です。 フォーカスシフトは自動的にピントをずらしているだけです。 では、手動でピントを動かした場合はどうなるのでしょうか? 実験してみました。
プラモデル撮影法

プラモデル撮影テクニック「奥までしっかり見せる方法」

プラモデルの撮影をすると手前はピントが合っているのに奥はボケているということがよくあります。 これはレンズの被写界深度が関係してきます。 被写界深度はf値とも呼ばれ写りに影響する大きな要素のひとつです。 今回はそんな被写界深度について説明しプラモデルを上手く写すコツを紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました