機材メンテ

スポンサーリンク
機材メンテ

寒い日に注意したい!カメラをダメにする使い方

日本の冬は寒いです。 そんな冬にやってはいけないカメラやレンズの取り扱い。 間違った取り扱いは機材の寿命を縮めます。 具体的に見ていきましょう。
機材メンテ

SDカードの取り扱い方法 「データ破損事故を防ぐ基礎知識」

SDカードは半導体の塊です。 取り扱いを間違えばカードの不調やデータの破損などカード事故を招きます。 特に気を付けることは何か? やりがちなNG行為を挙げます。
機材メンテ

【要注意】カメラのレンズ交換でやっていい事悪い事

一眼カメラのレンズは交換できるようになっています。 レンズを交換する際、やっていい事といけない事があります。 あなたの大切な機材を守るために、やってはいけないことを挙げますのでこの機会に機材の取り扱いを見直しましょう。
機材メンテ

カメラやレンズの地震対策・防湿庫を使って揺れに備える

地震対策 地震はいつ起こるか予測できません。 大切な撮影機材も、地震によって落下してしまうと、破損して使えなくなることが多いです。   いざという時の為に、普段から備えておくことが必要であると感じます。 とい...
機材メンテ

夏の車内にカメラを放置して問題ない?より安全に保管する方法

夏は車の中が高温になります。 特にエアコンを切って車を離れると、あっという間に人が居続けられないぐらいの温度になります。 人が居続けられないぐらいですから、カメラに良いわけがありません。 ただ、どうしてもカメラを残して離れなければいけないこともあります。 そんな時どうするかを解説します。
機材メンテ

カメラ用防湿庫の選び方 【防湿庫の重要性と注意するポイント】

日本は四季があり、季節によっては高温多湿となりカビが生えやすい国といえます。 カメラのレンズにとってカビは大敵です。 レンズのカビを防止してくれるのが防湿庫。 防湿庫の必要性と、初めての防湿庫の選び方について解説します。
機材メンテ

【強力!】ハイパワーブロアー・プロでレンズのチリや埃を除去

カメラ用のブロアーとは空気の力でチリや埃を除去してくれる便利グッズです。 ゴム等でできており手動で空気を送り出す構造のため、エアダスターのように空気切れになることはありません。 今回は市販されている最大級サイズのハイパワーブロアープロを使って機材に付いた埃を除去してみます。
機材メンテ

金属部品に青錆が付着したので身の回りにある物で除去してみる

身の回りにある物に青錆びがつく事がありますね。 青くて毒々しいし、なんだか触ると手が荒れそうで触るのも嫌になります。 そんな時はホームセンターに行けば専用の除去剤が売っているのですが、案外身近なものでも代用できるのです。 今回はそんな身近なものを利用して青錆びを除去してみます。
機材メンテ

レンズのラバー部分が白化した時に掃除する簡単な方法

カメラやレンズにはゴム部品(ラバー)が使われています。 ラバーの部分は長年使用していると費用面に白い粉のような物質が付着します。 一般的にラバーの白化というものですが、製品の特性上水拭きで取ることは出来ません。 今回は白化の掃除方法について紹介します。
撮影術

雨天時に写真撮影する際のNG行為5選

7月24日の哥麿会撮影会は夕方から雨でした。 高鷲スノーパークは山であるため天気の急変は仕方が無いのです。 雨の日は撮影するために色々な不都合があります。 撮影機器に対する不都合や、写真に対する不都合。 それらを防止するためにはいくつかのNG行為がありますので、やってはいけないことをまとめました。
機材メンテ

撮影から帰ってきたらその日のうちにやるべき5つのこと

撮影から帰ってきたときにやっておいた方が良いことを挙げてみました。 特にデジカメで写真を撮る人に向けて書いていますので確認してみてください。 思った以上にやることはいっぱいあるのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました