トラック関連

スポンサーリンク
トラック関連

「目指せ一番星!」 カミオン・トラックフォトギャラリー(星)リスト

2023年4月号より、カミオントラックフォトギャラリーにおいて(星)のシステムが始まりました。 投稿した写真が掲載されるとポイントがたまり、ポイントが規定数に達すると星が付与される仕組みです。 現在の星対象の方についてまとめさせていただきました。
トラック関連

カミオンに2年間連載を持ってわかること、「アートの新風景」をやってみて感じる編集の仕事って・・・?

2019年から雑誌「カミオン」にて連載を持つこととなりました。 連載といっても内容は様々。 この時は写真の提供のみでしたが、そこには表に出ない苦労があるのです。 こういった機会に恵まれた方は、参考にしてください。
トラック関連

独断と偏見による!トラックフォトギャラリーお題企画・攻略法「バックショット編」

カミオン・トラックフォトギャラリー内で行われるお題企画。 第4回のお題は「バックショット」となりました。 このお題に対してどういった写真を撮れば良いのか?
トラック関連

【新装】トラック魂 どこが変わった?「新旧比較、トラック魂のReal」

2024年冬号よりトラック魂の内容が変わりました。 大きくは季刊誌への変更、そしてページ数の増大。 それ以外にも感じた変化について挙げていきます。
トラック関連

独断と偏見による!トラックフォトギャラリーお題企画・攻略法「ナイトシーン編」

カミオン・トラックフォトギャラリー内で行われるお題企画。 今回のお題は「ナイトシーン」となりました。 このお題に対してどういった写真を撮れば良いのか? ちょっと考えてみたいと思います。
トラック関連

はたらくじどうしゃミーティング2023開催 イベントへの行き方と楽しみ方 「情報収集から当日の過ごし方まで」

2023年9月9日、9月10日は「はたらくじどうしゃミーティング」が開催されます。 場所は伊那市市民体育館付属施設・第三会議室。 開催要項や注意事項などをまとめましたのでご確認ください。
トラック関連

独断と偏見による!トラックフォトギャラリーお題企画・攻略法「波・海のペイントが入ったクルマ編」

カミオン・トラックフォトギャラリー内で行われるお題企画。 今回は「波・海のペイントが入ったクルマ編」となりました。 前回のお題を検証し、対策を考えてみます。
トラック関連

【カミオン・トラックフォトギャラリー】でMVPを取るコツ「構図、時間、撮り方のポイント」

カミオンの読者参加型コーナー「トラックフォトギャラリー」 毎月1枚だけ選ばれるMVPになるにはどうすれば良いか? 傾向と対策をまとめてみました。
トラック関連

デコトラ・トラックにまつわる権利のはなし

世の中には様々な権利が存在します。 それはトラック関係でも同様です。 SNSの普及により”シェア”という言葉が当たり前になり、権利関係を犯す危険性は上がっています。 では、どういった点に注意すれば良いか? 代表的なものを挙げます。
トラック関連

世界受けするデコトラとは?「JapaneseDecoraの世界」

2000年代前半に依頼が多かった海外からのデコトラ写真使用の依頼。 海外の視点で見たJapaneseDecotoraは日本の流行と少し違っていました。 それはいったいなぜ? いくつかのポイントを解説します。
トラック関連

ナイトシーンの写りが良いトラックの特徴「苦手を理解し綺麗な写真を」

どれだけ頑張っても綺麗に写らないトラックはあります。 それはカメラのせいでも、撮影技術のせいでもありません。 写り映えしないトラックは一定数存在しますので、綺麗に撮影したいならそういったトラックを避けるのも一つの方法です。
トラック関連

【 映画・トラック野郎 】の未出写真を手に入れる方法 「資金と努力、そしてちょっとした発想」

映画「トラック野郎」は1975年~1979年に公開された東映の映画です。 邦画として現在でも人気が高く、当時の写真はとても貴重です。 当時の写真についてはほぼ出尽くしていますが、まだ未出の物もあると考えられています。 そういったものを手に入れる方法について紹介します。
トラック関連

【 デコトラの写真や動画 】をネットで公開する際、ナンバーを隠す本当の理由「個人情報保護理由のウソホント」

デコトラを含め改造車の写真や動画をネットにあげる際、ナンバーを隠します。 最近は車のナンバーから個人の特定をする事が難しくなりましたが、それは個人レベルの話しです。 問題は別のところにあり、場合によっては大きな代償を背負うことになります。 皆さんご注意を!
トラック関連

SNS時代になってデコトラ誌がつまらなくなった理由

最近、デコトラ誌がつまらなくなったという声をよく聞きます。 毎回似たような内容だからという声が多いのですが、個人的にはSNSの普及に原因があると考えます。 読者が欲しいのは本という物ではなく、目新しい何かやデコトラの情報です。 時代の流れには逆らえませんのでデコトラ誌はSNSとの共存が不可欠と考えます。
トラック関連

インスタグラムのフォロワー数を増やす4つの方法【トラックアカウント編】

インスタグラムで多くの人に自身の投稿を見てもらうには条件があります。 さらにフォローされるにはいくつかの条件があります。 アカウントを開設しただけではフォロワーは増えません。 自らアクションを起こしましょう。
トラック関連

「恐怖!」写真集の作成を阻む数々の権利 -世の中権利だらけと気づかされて身動きが取れなくなる前に-

写真集を作成する際に著作権以外に様々な権利が絡んできます。 意匠権、肖像権、商標権・・・。 数えだすとキリがありません。 今回はそういった権利関係とどうやって付き合っていくかというお話です。
トラック関連

【公道を走るデコトラ】を動画で撮影してはいけない根本的な理由 「自分で自分の首を絞める人たちの無責任な行動とは?」

ほとんどのデコトラは公道を走るだけで違法です。 そんな中、公道を走る様子を動画で撮影しYoutubeにアップロードして公開している人間まで出てきました。 簡単に言うと騒音まき散らしている様子を警察に通報しているようなものです。 果たしてその行為は正しいものか?一度よく考えてみましょう。
トラック関連

【必読】一番星号の商用利用は出来ません「無断ですると請求書が届きます」

映画「トラック野郎」に登場する一番星号の著作権は東映が保有しています。 法律では著作者に無断で著作物を使用すると場合によっては損害賠償なんてこともあり得ます。 全国各地に出張する一番星号ですが正しい知識を持って撮影するように心がけてください。
トラック関連

「意外!?」掲載許可が下りなかった唯一のデコトラ「必要なのは法律の知識」

写真集を作成する際に掲載の許可をお願いして回ったのですが、唯一許可が下りなかったのがあのデコトラです。 デコトラのイベントに行ったことがない人でも知っているあのデコトラなのです。 これは正直意外でしたが、話を聞くと納得させられるものがあります。
トラック関連

はたらくじどうしゃ博物館を見学する方法「年に1回のチャンスを生かすには?」

長野県伊那市にはたらくじどうしゃ博物館という私設の博物館があります。 ここには働く自動車、建設機械の模型やミニチュア、写真、資料約2万点が収蔵されています。 現在は一般公開されていませんが年に一度だけ見る機会があります。 今回はそんなはたらくじどうしゃ博物館を見学する方法を紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました