住宅を建てるなら

スポンサーリンク
住宅を建てるなら

意図せず騒音問題に発展する住宅設備「最も配慮すべき3つの機器」

住宅設備の中には音が出るものが沢山あります。 それは生活音に限らず意図しないところから出るものも多数あります。 正直、住宅屋をやっていて近隣の音問題ほど面倒くさいものはありませんでした。 基準が人によって違うので、法律で切りたいことも多々あるほどなのです。
住宅を建てるなら

【住宅設計士が暴露】その住宅会社の設計レベルは建売住宅のトイレの位置で分かる「信憑性は高いです」

建売住宅は注文住宅と違い、建築会社の中だけでプランが完結します。 もっと細かく突き詰めると、一人の設計士がプランを決めて、色や仕様を決めることも珍しくありません。 こういった理由で建売のプランを見ると、その建築会社に在籍する設計士のレベルが分かったりします。 トイレをリビングから入るようなプランにするような設計士は、あまり優秀ではありません。 そんなプランの建売を見かけたら、その建築会社で住宅を建てるのは考え直した方が良いでしょう。
住宅を建てるなら

高須産業 SDG-1200GSM・脱衣室用暖房器具レビュー「ヒートショック対策に!」

冬の時期はヒートショックによって亡くなる方が多くなるというデータがあります。 理由の多くは浴室での気温差によるもので、浴室や脱衣室を温めることはヒートショックを予防するのに効果的と言われています。 今回は脱衣室の暖房機について使い勝手や暖房性能について検証します。
住宅を建てるなら

【住宅設計士が教える】住宅の内外装打ち合わせで迷う人ほど損をする理由

住宅の打合せは非常に多くのことを決めます。 本来なら何日にもわたって決めてい行くのですが、住宅会社も商売なので一組の顧客に多くの時間を使うことはありません。 その場で迷いまくる顧客に対しては時間を短縮する手を使います。 そうならないためには顧客側も積極的に動くことが必要なのです。
住宅を建てるなら

家づくりに失敗しないための設計士(建築士)の見極め方「ポイントは提案力」

住宅契約の要は営業マンですがプランや仕様など、住宅全体の要は設計士です。 設計士は担当が決まっていて基本的にこちらから指定することはありません。 ですが設計士のレベルによって出来上がる家はずいぶん違うものになります。 そのため、顧客側としても良い設計士と良くない設計士を見極めることが大事になってきます。
住宅を建てるなら

住宅づくりに失敗しないための住宅営業マンの見極め方「基本的にクセ者ぞろいと思え!」

住宅を建てる時に、最初から最後まで一番長く付き合うのが住宅営業マンです。 建てた家が良いと感じるか、悪いと感じるかは営業マンの対応次第だと言っても過言ではありません。 今回はそんな住宅営業マンの中でも気を付けたいタイプの営業マンを挙げてみます。 こんな営業マンと契約すると後で痛い目を見るかもしれませんね。
住宅を建てるなら

大手ハウスメーカーで家を建てることの最大にして唯一の利点

皆さんが知っている大手ハウスメーカー。 全国に拠点があり、着工件数もそれなりにあります。 しかし地元ビルダーと比べると割高感は否めません。 そんな大手ハウスメーカーで建てる最大にして唯一の利点を紹介します
住宅を建てるなら

騒音問題をサッサと片付ける方法

住宅街でありがちなのが騒音によるトラブル。 自分は大丈夫と思っていても近隣からは「うるさい」と言われることもあります。 しかし、うるさいからといって直接クレームを言うことはお勧めしません。 どんな逆恨みを買うか分からないからです。 こんな時は公の機関の出番です。 税金分は働いていただきましょう。
住宅を建てるなら

カスハラの温床 住宅業界の悲惨な現状

〇〇ハラって言葉よく耳にしますね。 セクハラ、パワハラ、モラハラ・・・。 空気の読めない人が自分の考えや価値観、行動を押し付ける事、嫌がらせなどが該当します。 最近ではカスハラというのも問題になっています。 「客様は神様です」が根付いた日本ならではのカスハラ。 住宅業界はまさしくカスハラの温床だったりします。
住宅を建てるなら

【住宅設計士が暴露】家づくりに失敗しないための住宅会社の選び方「家づくりの良し悪しは値段で決まらない」

家は一生に一度の大きな買い物です。 ですから住宅選びの時から良い家になるか悪い家になるかの分岐点が始まっているのです。 出来るなら良い住宅会社を選びたいですね。 有名無名にとらわれず自身に合った良い住宅会社を選ぶポイントを教えます。
住宅を建てるなら

【住宅設計士が解説】六曜と建築吉日は違うということ「暦を信じるなら正しい知識を持とう」

地鎮祭や上棟の日を全て大安でやりたいという人がいますが、建築の世界では六曜はあまり用いません。 大安でも建築にふさわしくない日がありますし、仏滅でも建築にふさわしい日があります。 結局は迷信なので施主の思い込みなのですが、間違った知識のまま進めてしまい後で分かった場合に後悔しても遅いのです。 建築において六曜はそれほど重要でないことを覚えておいてください。
住宅を建てるなら

【住宅設計士がダメ出し】戸建住宅でやってはいけないNGなプラン「ポイントはリスク許容度」

夢のマイホーム。 でもプランひとつで台無しになることもよくあります。 高い買い物なのでよく考えてください。 ここではやってはいけないプランについて解説します。
住宅を建てるなら

全国にある危険なコンクリートブロック塀の問題「地震が起こる度に大きな被害を生む」

建築基準法に適合しない危険なブロック塀は日本中にあります。 特に古いブロック塀は地震や風で倒壊する可能性が高いです。 さて、この危険なブロック塀、撤去するのが一番いいのですが費用や近隣問題ともなりますので、結構シビアな問題だったりします。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました