撮影時にガラスの写り込み・反射を防ぐ方法

撮影術

ガラスの写り込み

写真を撮っていると、ガラスの向こうにある被写体を撮影することがあるかと思います。

ショーウインドウショーケースなどが該当しますね。

 

で、ガラス越しに撮影をすると、たいてい余計なものが写り込みます。

しかし、この写り込みは一定の条件を満たすと除去できます。

 

一定の条件とは、フィルターを使って撮影するという事です。

1枚のフィルターと角度の調節で、除去できる写り込み。

実際に試してみました。

 

PLフィルター

PLフィルターは、Polarized Light(偏光)フィルターの略で、偏光膜を利用したレンズ用フィルターです。

ガラスの写り込み(反射)除去には、なにはなくともこのフィルターが必要です。

<PLフィルターの例>

ガラス以外にも、水面の反射除去にも使えます。 

あと、コントラストを強調する効果もあるので、風景写真に使う方も多いです。

1枚あると色々な場面で役立つと思いますので、まだ持っていない方は入手することをお薦めします。

 



PLフィルターでの撮影方法

PLフィルターは通常の保護フィルターなどと違い、使い方に注意点があります。

主な注意点は以下の2つ。

注意点1回転

注意点2角度

それぞれ説明しましょう。

 

【回転】

PLフィルターはフィルター枠(前枠)が回転するように出来ており、回転させることによって効果が変わります。

ですから、撮影時に構図を決めたら、フィルター枠をゆっくり回転させ、目視で効果を確認してください。

 

あまり回転させると、ネジ山が外れて落下する場合があるので注意しましょう。

 

効果が分かりにくい場合は、一度レンズから外してみて、目視で確認するのも一つの方法です。

<ケンコートキナHPより引用>

 

【角度】

PLフィルターは被写体との角度によって効果が変わります。 

ガラス面に対して30~40°の斜めから撮影すると、最も反射除去の効果が得られます。

<ケンコートキナHPより引用>

真正面からの撮影に対しては効果がありません。

また、曲面のガラスに対しては、角度の都合上、反射除去効果が限られてしまいます。

 

実際に撮影してみる

実際にガラスの反射除去効果について検証してみました。

似たような構図でPLフィルターありなしを比較しています。

 

まずはPLフィルターなし

ガラスに建物が写り込んでいます。

このため、ガラスの向こう側がよく見えません。

 

そしてPLフィルターありで撮影したもの。

うっすらと建物や道路が写っていますが、写り込みは随分減っており、PLフィルターなしの写真とは大きく違います。

この2枚を見比べるだけでも、PLフィルターの効果を分かっていただけたかと思います。

 

PLフィルターの欠点

高性能なPLフィルターですが、大きな欠点が2つあります。

ひとつが高価であるということ。

そして、もうひとつが寿命があるという事です。

 

保護フィルターなど、一般的なフィルター(55mmの場合)は1,000円前後です。

これに対し、PLフィルターは、その5倍近くします。

 

フィルターの中では高価な部類になるので、簡単に手が出ません。

特に、手持ちレンズのフィルター径が違う場合は、フィルター径毎にそろえる事になり、大きな支出となるかもしれません。

 

また、PLフィルターの寿命についても考慮する必要があります。

多くのフィルターはメンテナンスさえしっかりしておけば、半永久的に使えます。

しかし、PLフィルターは偏光膜が経年変化を起こす性質があるため、寿命は7~8年といわれています。

寿命が来ると、黄色っぽく変色し撮影した際に色が濁ってしまします。

 

高価なうえに寿命があるという金食い虫な性質を持っているのがPLフィルターなのです。

 

PLフィルターの選び方

PLフィルターは反射除去だけでなく、通常の撮影においても空をより青く表現したり、色彩コントラスト効果を上げたりできます。

色彩表現力を上げるためには不可欠で、中にはレンズに着けっ放しという人もいます。

 

そんなPLフィルターですが、「PLと名が付くなら何を選んでもいい」というわけではありません。

最期に、PLフィルターを購入する際に確認する点を挙げます。

 

枠厚さ

PLフィルターは前枠後枠で構成されているため製品によっては、枠の厚みが変わってきます。

通常枠は前枠後枠が同じぐらいの厚みであるため、全体として枠が厚くなります。

 

この時、注意したいのが広角側のレンズ(35mm程度)を使用すると、枠の影が写真に写り込むという事です。

この写り込みを防止するため、薄枠タイプというものも製品化されています。

枠の写り込みが予想されるなら、薄枠タイプを候補に入れると良いでしょう。

 

サーキュラータイプ

通常のPLフィルターは、ハーフミラーローパスフィルター等の機構に干渉するとAFや測光機能に支障が出る場合があります。

これを防止するためにサーキュラータイプのPLフィルターが製品化されています。

 

現在、発売されているデジタル一眼カメラや、スマートフォンのカメラは、全てこちらになるため注意が必要です。

通常のPLフィルターはオールドカメラ用と思ってください。

 

サーキュラーPLC-PLなど製品によって呼び方も違います。

 

各種コーティング

レンズフィルターは外気に晒されるため、埃や汚れが付着しやすいです。

また、レンズの性能に極力影響しないように様々なコーティングが施されています。

 

メーカーや、製品によって効果は様々ですので、コーティングの仕様をよく理解し、自身の撮影スタイルに合ったものを選んでください。

一番高い物が自身に合っているとは限りません。

 

中華フィルターはバクチ

中華フィルターも随分性能が上がっていますが、まだまだバクチの要素が強いです。

安いからといって、安易に購入するのはお勧めできません。

 

仕様書どおりの性能を満たさなかったりムラがあったり、ネジ山が合わないなど、買ってから後悔する事も少なくありません。

ですから、たとえ中国で製造していたとしても、国産メーカーの方が安心感はあります。

 

国産メーカーとはケンコー(ケンコートキナ)マルミハクバソニーキャノンニコンフジパナソニックシグマ等ですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました