露出補正の使い方「+EVと-EVの使い分け」

撮影術

露出

写真を撮るとき、カメラの撮像素子(イメージセンサー)に取り込まれる光の量のことを「露出」といいます。

露出を調整することで、写真の明るさを変えることができます。

一般的に丁度良い明るさを「適正露出」と呼びます。

 



適正露出

カメラやスマホの中には露出計が内蔵されており、そこから得た情報を内蔵されたコンピューターが判断して「適正露出」とします。

1枚の写真には1つの露出しかありません。

では1枚の写真の中に、明るい被写体と暗い被写体があった場合、カメラやスマホはどれを「適正露出」とするでしょうか?

  1. 明るい被写体を適正露出とする
  2. 暗い被写体を適正露出とする
  3. 明るい被写体と暗い被写体の中間値を適正露出とする
  4. カメラやスマホによって判断が変わる

 

【陰影の強い写真:カメラ任せにすると綺麗な影が出ない】

 

カメラやスマホによって変わる「適正露出」

先ほどの質問ですが、正解は【4】カメラやスマホによって判断が変わるです。

違う機種を2台持ちするとよくわかるのですが、1台目で撮影した写真と2台目で撮影した写真を比べると、一方が明るい(または暗い)ということはよくあります。

 

これは構図内をいくつかに分割して測光する場合(割測光方式)に多く表れる現象で、カメラやスマホ毎にコンピューターのプログラムが違うために起こるのです。

 

 

適正露出はカメラ次第

どの明るさを適正とするかはカメラやスマホ次第となります。

ですから、自身が想像する「適正な明るさ」と、カメラやスマホが導き出す「適正な明るさ」は違うことが多いのです。

 

先ほどの例のように、明るい被写体と暗い被写体が1枚の構図の中にある場合、差が顕著に現れます。

ですから、露出をカメラ任せにしている限り、同じような明るさでしか撮れないのは仕方がない事なのです。 

 

【夕焼け写真:カメラ任せにすると綺麗な赤が出ない】

 

露出補正

殆どのカメラには露出補正機能が付いています。

+EV、-EVと表現することが多いですね。

 

操作は簡単。

例えばニコンの場合は±ボタンを押しながらダイヤルを回すだけです。

これはカメラによって違うと思います。

その他のメーカーの操作方法はカメラの説明書でご確認ください。 

 

基本的な考え方は「適正露出」に露出をプラスするかマイナスするかということです。

+EVは「適正露出」にプラスするので全体的に明るく

-EVは「適正露出」からマイナスするので全体的に暗く

こんな感じです。

 

EVに付随する数字は段階ですね。

+1EVなら1段階明るくするといった感じです。

ですから、露出をカメラ任せにしていて、暗いと感じたら+EVに、明るすぎると感じたら-EVに補正すると良いです。

 

 

露出補正の例

ここで露出補正の代表的な例を紹介します。

雪など白い被写体は+EV補正

機関車など黒い被写体は-EV補正

背景に空がある場合は+EV補正

背景に空が無い場合は-EV補正

一般的な逆光は+EV補正

夕日などを赤く表現するには-EV補正

流し撮りは-EV補正

【逆光で+補正した例】

 

補正量は明るさやカメラによって違うと思いますので、状況に応じて変更してください。

あくまでも一般的な補正例ですので、全てがこれに当てはまるわけではありません。

状況に応じて判断できるようになるためには、経験も必要になってきます。

 

 

露出補正で自分好みの明るさに

露出補正のベースには適正露出があります。

今回はあくまでも「割測光方式」で適正露出を算出した場合の例と考えてください。

ソニーでいうとマルチ測光キャノンでいうと評価測光ニコンでいうとマルチパターン測光がこれに該当します。

 

ですから、露出モードを「中央重点測光」「スポット測光」にした場合は、考え方が変わってきます。

まあ、極端に露出が変わっている場合しか使わないと思いますので、こんなものがあるという程度の認識で問題ありません。

 

多くの人は「割測光方式」で露出を決めていると思いますので、一つの基準として考える分には全く問題ないのです。

重要なのはカメラが導き出した「適正露出」が、自分好みの明るさであるかという事。

 

明るいと思えば-EVに、暗いと思えば+EVにするだけで、仕上がりはずいぶん変わってきます。

露出補正をガンガン使って、その効果を試してみましょう。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました