無料合成ソフト「Sequator」を使って天体写真のノイズを除去する方法

撮影術
 

天体写真がノイズまみれになるのだが・・・。

天体写真はノイズとの戦い

天体写真ノイズとの戦いです。

これは、撮影時にデジタルカメラのISO感度を上げなければいけない為、仕方がありません。

 

天体写真が通常の夜景と違うところは、限りなく少ない光を集める必要があるということです。

その為には、大口径で光をたくさん取り入れられるレンズを使用し、三脚を立てたうえで長時間露出を行います。

 

ただ、長時間露出といっても、地球は自転していますので、レンズの焦点距離とシャッター速度の組み合わせによっては、星が線のように写ります。

シャッター速度を、星が線にならないギリギリとしたうえでも、不足する露出をISO感度を上げて補うという考え方です。

 

ISO感度を上げるとノイズが増える

写真におけるノイズとは、表面のザラつきです。

本来は均一面なのに、表面がザラザラしているように見えたら、それは写真のノイズです。

<夜空のザラザラ感がデジタルノイズ>

 

デジタルカメラは、イメージセンサーに当たった光を電気信号に換えています。

ISO感度を上げるという事は、電気信号を増幅しているという事ですので、ノイズが増えます。

 

スピーカーの音量を上げると、わずかに「サーーー」という音が聞こえるのに似ていますね。

 

天体写真のノイズを除去してくれるフリーソフト

Sequatorは天体写真のノイズを除去してくれるフリーソフトです。

このソフトの仕組みは、複数の写真を合成しノイズを除去するというものです。

 

ノイズはカットごとに違う場所に出現します。

この性質を利用し、複数枚の写真を比較しながら星を残してノイズを消すという作業を行います。

ですから、地球が自転して星の位置が微妙に変わっても綺麗に星だけが残るのです。 

Sequatorのダウンロードはコチラ 

 

星空と風景が収まった写真にも使える

Sequator星空と風景が1枚に収まったような構図の写真にも使えます。

<天体と風景が1枚に収まった写真>

地球は自転していますので、同じカットで複数枚撮影しても、星の位置は時間を追うごとに変わっていきます。

シャッター速度が遅すぎると、星が線になって写るのは自転の影響です。

 

ですから、星を追跡してノイズだけを消すという作業をすると、風景まで動いてしまいます。

このソフトの優秀なところは、一つの操作で風景と星を別々に合成することができるという事です。

 

ですから、風景は止めてノイズ除去し、星は追跡しながらノイズ除去できるという事です。

まさしく星空風景向けのノイズ除去ソフトといえます。

 



Sequatorを使ってみる

さて、ここまででピンと来ていない方、実際に使ってみましょう。

 

ソフトのダウンロードはコチラです。

  ↓

Sequator DownLoad

 

最新版は1.6.0のようですので、そちらをお持ちのパソコンにダウンロードしてください。

動作環境はWindows 7/8/10 64-bitです。

1.6.0 64-bit (Mar14,2021) Download

 

zipファイルが保存されますので、ダブルクリックで開いてください。

ソフトの起動はSequator.exeをダブルクリックするだけです。

 

撮影時に注意する事

ソフトは起動できても、星空写真という素材が無ければ意味がありません。

ですから、まずは星空写真を撮影します。

 

撮影方法は、過去記事でご確認ください。

【初心者】デジタル一眼カメラで星を撮影する方法
星空の撮影で最も重要なのは環境。 では、次の段階としてデジタル一眼カメラで星空写真を撮影する方法を紹介しています。 まずが基礎的なところから。 基礎が分からないと、どれだけ撮影しても上手く星は写りません。 星はシビアな被写体といえますので基礎は重要だと考えます。
スマホでもできる、満天の星空を撮影するための重要なポイント「星空撮影の成功は9割が環境で決まる」
満天の星空を見るとカメラで撮影したくなる人もいるでしょう。 しかし、目で見るのと撮影するのでは勝手が違います。 星空撮影で重要になるのは環境。 環境を満たせば撮影は容易になります。 では、星空撮影に必要な環境とは・・・。

 

撮影時に心がけるのは、

同じ構図、同じ撮影データで複数枚撮影する

星が線に写らないように撮影する

この2点です。

 

ソフト上でノイズを除去しますので、デジタルカメラの高感度ノイズ除去はOFFで問題ありません。

また、撮影データ形式はjpgでかまいません。

RAWの場合、対応できない可能性があります。

 

Sequatorに撮影した写真データを読み込む

撮影が終わったら、写真データをパソコンに保存し、Sequatorに読み込ませます。

 

Sequatorを立ち上げたら、データを読み込んで処理を行います。

細かい部分は省略しますのでご了承ください。

 

◆星空写真

同じカットで撮影した複数の写真を読み込みます。

例えば同じカットで5枚撮影したなら5枚とも読み込みます。

 

星空写真をダブルクリックしてファイル指定、または右の窓にドラッグ&ドロップで配置してください。

 

◆基準写真

自動で選択されます。

特に操作する必要はありません。

 

◆出力

明合成した写真の出力先フォルダを選択し、ファイル名を入力します。

ファイル形式はtifとjpgが選択できますので、どちらでもかまいません。

 

tifの方が劣化が少ないのですが、形式が複雑なので、汎用性のあるjpgの方が良いかもしれません。

 

◆星の合成方法

合成方法は星を合わせるにしてください。

また、星空風景の場合は、風景が動かないように地上風景固定にチェックを入れてください。

最適選択は、飛行機の軌跡などが写り込んだ場合に、チェックを入れてください。

よく分からない場合は、とりあえずチェックしておいて問題ないと思います。

 

◆星空の領域

星空風景の場合は、ここで星空を指定します。

一種のマスキングのようなものですね。

 

星空の領域は「不規則」を選択し、右窓に現れた写真の星空だけを塗りつぶしていきます。

左クリック塗りつぶし右クリックキャンセルです。

マウスカーソルは、マウスのホイールを回すと大きさが変わりますので、塗りつぶしやすい大きさに調整してください。

それほどシビアに塗る必要はありませんので、ほどほどにしてください。

 

とりあえず、大まかな操作はこれで完了です。

 

あとは「始める」で合成処理を行ってください。

しばらく待つと、先ほど指定したフォルダに合成済のファイルが出来ます。

 

仕上がりの比較

早速ですが、合成処理によってどれだけノイズが減ったか、原寸に拡大して比較してみます。 

ノイズは明らかに減っていますね。

 

このノイズはSNS程度なら目立ちませんが、大きく引き伸ばすと結構目立つのです。

また、現像することによりノイズが顕著になる場合もあります。

 



仕組みが分かれば応用が可能

Sequatorの機能は、

写真の一部をマスキングして明合成

マスキング以外の部分は特定の光源を比較してそれ以外を塗りつぶす

この2つの作業を同時に行えます。

 

単なる合成ソフトと違うのは、地球の自転を考慮した合成を行えるという事です。

フリーソフトとしてはかなり優秀です。

 

勘の鋭い方は、この動作を見て別のアイディアを思いつくかもしれません。

Sequatorは星空写真用のソフトですが、それ以外でも使えます。

 

基本的な動作を覚えましょう。

そこから次に進めるかは、使用者次第という事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました