「星が暗くて見つからない!」暗い星にピントを合わせる最強ツール・外部モニター

撮影術

液晶モニターに星は写っているんだけど、小さすぎて見えない!!    

撮りたい星が暗い!

天体写真を撮影する際、撮りたい星が暗いことがあります。

この場合、背面液晶でのピント合わせは困難となります。

 

前回の記事で、デジタル一眼カメラで星空を撮影する際は、背面液晶を使う事を推奨しました。

「コツを掴めば簡単!」デジタルカメラで星にピントを合わせる方法
デジタルカメラで星空を撮影する際、ピント合わせは手動となります。 多くの場合、オートフォーカスで星にピントが合わないためです。 手動(マニュアルフォーカス)といっても液晶画面を見ながら操作するだけなのでそれほど難しくありません。 星のピント合わせはコツを掴めば簡単なのです。

しかし、この方法が100%有効かというと微妙な場合もあります。

 

例えば、最初に述べたような目的の星が暗い場合は、背面液晶で星を探すのが困難です。

また、f値が大きなレンズを使用すると、同じ星でも暗く表示されるため見つけにくくなります。

 

更に背面液晶3インチ程度のものが多く、たとえ高画素であってもそれを生かしきれていないのが現状なのです。

<背面液晶に映った映像:どこに星があるか分かりにくい>

 

 

外部モニターの活用

星は小さな点で背面液晶に表示されます。

それを3インチ程度の小さな画面で探すわけですから、苦戦しないわけがありません。

 

そこで有効なのが外部モニターの活用。

大きなモニターで、星を探そうという考えです。

 

8.9インチモニターを買ってみた

多くのデジタル一眼カメラにはHDMI出力が付いています。

ですから、HDMI入力がありバッテリー内蔵のモニターを探してみました。

屋外では電源がありませんからね。

 

購入したのはDiginnos DG-NP09D

USBで充電できる8.9インチモニターです。

必要最低限の機能しか付いていませんが、外部モニターとしてはこれで十分です。

 

現在は販売されておらず、同じものは中古を探すしかないですね。

プレミアがついて高くなっているのでドスパラさんには再販して欲しいです。

 

 

本体以外に有ったらいい物

本体以外に有ったらいい物は以下のとおりです。

 

L型のHDMIケーブル

カメラと外部モニターはHDMIケーブルで接続するのですが、カメラ側はL型のHDMIケーブルの方が良いです。

これは縦構図にした場合L型プレートに干渉しないようにするためで、L型プレートを使用しない人は、通常のストレートケーブルで問題ありません。

<端部がL型になったHDMIケーブル>

一般的なHDMIコネクタ3種類ありますので、間違えて購入しないようにご注意ください。

  

HDMI変換コネクタ

一般的に多く発売されているのはTypeAと呼ばれるHDMIコネクタが付いたケーブルです。

 

これに対し、デジタル一眼カメラはTypeC(ミニHDMI)が多いです。

今回使用したDiginnos DG-NP09Dも、入力端子はTypeC(ミニHDMI)でした。

 

という事で、かなりの確率で変換コネクタが必要になります。

100均でも、大きな店舗なら置いてあるところがあるので、探してみても良いかもしれません。

  

クランプとタブレットホルダー

タブレットホルダーは、文字通りタブレットを固定する部品です。

Diginnos DG-NP09Dはタブレット同様に薄いため、この部品が使えます。

 

クランプはタブレットホルダーを三脚の脚などに固定する部品です。

これらは絶対ではないのですが、あった方が撮影が楽です。

手で持ち続けるのも疲れますからね。

 

<クランプとタブレットホルダー>
<外部モニターを装着した様子>

  

Diginnos DG-NP09Dの設定

Diginnos DG-NP09Dは特に難しい設定はありません。

 

カメラのHDMI端子と、Diginnos DG-NP09DのHDMI端子をHDMIケーブルで接続し、電源を入れるだけです。

接続され、電源が入った状態でライブビューにすると、カメラの液晶画面と同じ映像が映し出されます。 

カメラの仕様上、枠いっぱいまで写りませんが、それでも大きいです。

 

対角線を測ると約18cm7.2インチ相当です。

D750の背面液晶のうち実際に像が映る部分が約3インチですので、2倍以上という事ですね。

 

実際は数値以上に大きく感じます。

  

Diginnos DG-NP09Dで星空を映す

実際に、星空でテストしてみました。

 

最初に見た液晶の写真。

 

これをDiginnos DG-NP09Dで表示するとこのようになりました。

画面自体の明るさの問題もあり、単純比較はできませんが、それでも圧倒的に見やすいと思います。

背面液晶ですと「星はどこ?」って目を皿のようにして探す必要がありますね。

 

星の見つけやすさは、面積の大きな外部モニターが有利です。

 

他にも使えるこんな場面

外部モニターは星を探すのに便利なだけではありません。

例えば背面液晶が固定式のデジタルカメラの場合に使えるのです。

 

より天頂に近い星を撮影したい場合真上にレンズを向けるような状況、液晶画面が固定式ですと下からのぞき込むような姿勢になり、液晶画面の確認が困難となる場合があります。

こんな時、外部モニターがあれば下からのぞき込む必要はありません。

 

チルト式モニターが付いていても縦構図の場合は役に立ちません。

そんな時も、外部モニターがあれば楽に星の写り具合を確認できるのです。

 

逆に低い位置での撮影にも、場合によっては威力を発揮するでしょう。

星だけにとどまらず、三脚でじっくり撮影したい時も役立つ外部モニター。

この機会にいかがでしょうか。  

コメント

タイトルとURLをコピーしました