【激ムズ】RGBをCMYKに変換するコツ「妥協点を探る」

パソコン

RGBとCMYK

写真集を含め印刷物を作る場合に避けて通れないのがRGBCMYKの問題です。

どちらも色を指す用語でRGBはレッド、グリーン、ブルーの3色を混ぜて色を表現する加法混合の一種です。

TVやディスプレイ、スマホの画面などがそうですね。

 

これに対してCMYKはシアン、マゼンダ、イエロー、ブラックの4色を混ぜて色を表現する減法混合の一種です。

印刷物は基本的にCMYKで表現されます。

 

加法混合は混ぜるほど明るい色に、減法混合は混ぜるほど暗い色になりますから発色方法が根本的に違います。

ですから同じ写真データでもRGBとCMYKでは全く違う色で表現されます。

 



RGBをCMYKに変換してみる

一般的にデジタルカメラで撮影した写真データはRGBで表現されています。

ディスプレイやスマホの画面もRGBなので、基本的にほとんどの人はRGBで写真を見ていることになります。

ただ、印刷物を作るためには写真データをRGBからCMYKに変換しなければいけません。

当然、発色方法が違いますから色が変わってしまいます。

RGBで表示された画面を見ながらCMYKの写真データを作る。

それは色が変わることを見越して画像アプリケーションで色を調整する必要があるのです。

 

更にCMYKにはカラープロファイルというものがあり、違うカラープロファイルで変換すると同じRGBからCMYKの変換でも違う色になります。

もう、わけが分からないですね。

 

参考までに最も一般的なJapanColor2001CoatedでRGBからCMYKに変換をしてみます。

今回は緑100%のカラーファイルを使用しました。

上がRGBの緑色、下がCMYKの緑色です。

全く違いますよね。

 

 

 

ではタイトルの画像をCMYKに変換してみましょう。

これまた一大事ですね。

こんな風に写真データを印刷用に変換すると大きく変わるのです。

皆さんが当たり前のように見ているデコトラ誌ですが、裏ではこんな苦労があるのです。

紙は薄い、色はのらないうえに予想できない。

そんな状態でよくあれだけの色が出せると感心させられるのです。

 

 

色を予想するのはほぼ不可能

普通の緑があれだけ違うのですから他の色も違う色に表現されます。

現にデコトラの写真も随分変わってしまいましたね。

これが印刷物の難しいところなのです。

正直言って色を予想するのはほぼ不可能です。

ただ傾向はいくつかあります。

 

参考までに並べると、

 CMYKにすると全体的に暗くなる。

 CMYKにすると全体的に彩度が落ちる。

 シアン、マゼンダ、イエロー、ブラックに近い色は出やすい。

 レッド、グリーン、ブルーに近い色は出にくい。

こんな感じですね。

 

ですから、青空を青く印刷しようと思ったら、空の彩度を思いっ切り上げると良いです。

他にも傾向はありますので色々試すと良いですね。

参考になるのがオンラインの変換ソフトです。

SignMallスタンド看板店のCMYK変換ツール

シメケンプリントオンライン変換ツール

など、色々あるので試してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました