スマホアプリ「夜景カメラ4」で撮影する・かんたん星空写真

機材レビュー

夜景カメラ4

「夜景カメラ4」は夜景を撮影することに特化したスマホ用カメラアプリです。

 

夜景はスマホ本体もさることながら、カメラアプリの性能差が出る被写体です。

そんな夜景を安定的に撮影しようというのが「夜景カメラ4」です。

 

夜景といってもジャンルは様々です。

一般的な夜景から、都市夜景、工場夜景、花火、星、月・・・。

闇夜に明かりがあれば、夜景の部類になると思います。

 

今回は、この「夜景カメラ4」を使って星空写真に挑戦してみます。

 



 

夜景カメラのダウンロード

夜景カメラのダウンロードはコチラです。

 夜景カメラ(Android)

 夜景カメラ(iPhone)

アプリ内課金はありますが、フリー版でも十分に使えます。

 

ダウンロード出来たら起動してください。

初回起動時に「写真と動画の撮影」「写真、メディアへのアクセス」を聞いてきますので「許可」してください。

「位置情報」はどちらでも良いです。

 

星空モードが選べる

夜景カメラ4は操作を出来る限り簡単にしている為、4つの撮影モードが選べます。

 

選択肢は「夜景」「夜空」「花火」「ライト・ア-ト」

今回は星空ですので「夜空」を選びましょう。

更に「夜空」の中に「星空」/「月」という選択肢がありますので「星空」を選んで下さい。

 

夜空撮影アプリ4「星空」のカメラ設定は以下のとおりです。

 シャッター速度:最大(最も遅い)

 ISO感度:最小

 フォーカス:無限遠

 

撮影モードとして設定していますが、結局のところ露出ピントの設定を固定しているだけです。

理屈が分かれば、結果はマニュアル操作できるカメラアプリと何ら変わりません。

頭に入れておくと今後の撮影の役に立つかもしれません。 

 

実際に撮影してみる

実際に星空を撮影してみましょう。

このアプリはカメラ設定を、各種夜景に適した状態にするものです。

 

「星空」に設定した場合、シャッター速度は最も遅くなります。

シャッター速度が遅くなるということは、カメラブレの可能性が高くなりますので、撮影時の三脚は必須です。

撮影前に、三脚スマホホルダーを準備しましょう。

 

撮影はとても簡単です。

三脚に固定して、アプリの設定を「星空」にし、シャッターボタンをタップするだけ。

 

???

星空どこ行った?

 

撮影データを見ると

 ISO40

 シャッター速度

となっていました。

これでは写りません。

完全に露出不足です。

 

 

ISO感度の設定が問題

星が全く写らなかったのはISO感度が低すぎるからです。

シャッター速度2秒ならISO感度6400は欲しいところ。

7段階分の露出が不足していますので、写らないのは当たり前のことです。

 

夜景カメラ4の評価がイマイチなのは、こういった設定の問題かもしれませんね。

 

ISO感度の問題を修正する

ISO感度問題は手動で修正するしかなさそうです。

 

画面上をタップするとISOシャッター速度ピントが表示されますのでISO感度をタップしてください。

ISO感度とシャッター速度を設定するダイヤルが出てきます。

 

 

ISO感度を6400シャッター速度を4秒ぐらいに設定しましょう。

この値はスマホによって限界値が違います。

この値に設定できない場合は、ISO感度を出来る限り高くシャッター速度を出来る限り遅くしてみてください。

 

この設定画面不具合があります。

ISO感度シャッター速度を変更しても、撮影画面に戻ろうとフレーム上をタップすると元の値に修正されたりします。

イライラするかもしれませんが、何度かやってみてください。

一呼吸おいてゆっくり操作したり、数値をいろいろ変更したりすると上手くいく場合があります。

 

ということで、シャッター速度とISO感度の設定が完了したらもう一度撮影。

<とりあえず写りました>

 

アプリ任せには少し足りない

夜景カメラは、星空の撮影が可能なスマホ用カメラアプリです。

 

ただアプリである以上、スマホのカメラ性能が上がるわけではありません。

星空撮影のキモである、シャッター速度やISO感度もスマホの上限を超えて設定することは出来ません。

 

また、仕様なのか不具合なのか「ISO感度やシャッター速度を設定しても元に戻る」「広告のおかげで動作がもたつく」など、わりとイライラ仕様です。

現地に行って使う前に、自宅で慣れておくことをお薦めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました