静止画を動画に!「Motionleap」の使い方

機材レビュー

Motionleapとは

Motionleap静止画を動かして楽しむアプリです。

写真を読み込むことによって、静止画を動かすことが出来ます。

 

ということで、まずはこちらからダウンロード

Motionleap(androind)  

Motionleap(iPhone)

リンクが使えない場合は、アプリ名で検索すればすぐに出てくると思います。 

 



 

早速動かしてみる

今回、用意したのはこちらの写真。

豊浜で撮影した懐かしき写真です。

この写真のを動かしてみましょう。

  

写真ファイルの読み込み

アプリを立ち上げたらまずは「新規作成」から写真を読み込みます。

なるべく動きが出そうな写真が面白いですね。

 

使うのは動画化の機能

写真を読み込んだら左下の「動画化」をタップ。

 

すると動画の編集画面に移ります。

 



 

パスとアンカーを上手く使おう

動画化画面になったらまずは「パス」をタップして、動かしたい部分を動かしたい方向へスワイプします。

  

こんな感じ。

 

今回は背景の雲を動かしたかったので、その部分を中心にスワイプしました。

指示した部分は例の写真のように矢印が現れます。

 

▶ マークをタップすると雲が流れだしました。

うーん。

幻想的~

 

 

しかーし、動かしたくない部分まで動いてしまいましたね。

これでは調子が悪い。

 

そこで登場するのが「アンカー」

動かしたくないところに「アンカー」を打つと◆マークが表示され、その部分が流れなくなります。

 

この「パス」「アンカー」の指示を繰り返して好みの動きにしてください。

なお、速度を調整したりループの方法を変更したりいろいろ遊べます。

また気に入った動画が出来たらmp4での保存が可能ですので、YouTubeやSNSへの掲載も可能です。

一度お試しください。

 

PixaloopTestKoihimemaru

 

まだまだ楽しめるMotionleap

Motionleapは静止画を一定方向に動かせるだけではありません。

 

空の表情を変える「空」

色々なエフェクトを楽しむ「エフェクト」

様々な動画パーツを貼り付けられる「エレメント」

エフェクトを上書きする「オーバーレイ」

音楽を挿入する「Beatloops」

画像全体を動かす「カメラFX」

そしてフィルター機能の「Filters」

 

無料でこれだけ遊べるのでかなり面白いアプリだと思います。

工夫次第でかなりオリジナリティが高い動画が作れそうですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました