「GPV気象予報」の使い方・今夜の気象条件を予測し雲の無い天体写真を撮影

撮影術

晴天の予報なのに、夜になったら雲が出てきて星が見えない!

 

雨雲レーダーには何も写っていないし・・・

何か予測できるツールはないの?   

星空撮影の成功は環境で9割が決まる

天体写真が上手く写せるかどうかの9割は環境で決まると考えます。

 

具体的には場所高さ街灯地面

 

 より光害が少ない「場所」で撮影すれば写せる星は増えます。

 標高が「高い」ほど周りの光の影響を受けにくいです。

 また、真っ暗だと思っていても「街灯」が近くにあるだけで影響を受けます。

 三脚撮影が基本ですので「地面」はしっかりした場所である必要があります。

 「月」は明るすぎるので星空の撮影の邪魔になります。

 少しでも「雲」があると写る星の数は減ります。

 

環境が万全であれば、あとの1割は撮影機材です。

近年は高感度性能の向上により、環境さえしっかりしていれば写すのはそれほど難しくないのです。

 

環境のうち予測が難しいもの

環境のうち、最も予測が難しいのが「雲」です。

 

「場所」についてはネット上に多くの情報があり、”星空スポット”と検索するだけで大抵の情報は手に入ります。

また、Light pollution mapなど、光害を地図に落とし込んだホームページもありますので、調査は容易です。

 

「高さ」は標高を表示した地図を見れば載っていますし、Googleマップでポイントをクリックするだけで表示されます。

 

「街灯」の有無はGoogleストリートビューで確認できますし、最悪現地で発覚しても離れれば影響を減らせます。

 

「地面」は揺れる要因から離れればいいだけです。

 

「月」月齢カレンダー「今日のほしぞら」で予測可能です。

 

しかし、「雲」に関しては、その時間にならないと分かりません。

晴天の予報でも雲は出ることがあります。

「つい、さっきまで晴れていたのに急に曇ってきた!」

なんてよくありますよ。

 

tenki.jp星空指数もあくまで指数であり、特定の場所を調べることが出来ないため、あてに出来なかったりするのです。

 



 

GPV気象予報

GPV気象予報は、気象に関する様々なデータを時間ごとに予測するツールです。

 

例えば2022年5月25日21時雲量雨量の予測はこのようになります。

地図上で紫色に塗られている場所が雨予想の地域。

これは雨量によって色が変わります。

 

そして地図上で白っぽくなっているのが雲量。

これは白くなればなるほど雲量が多くなり、星空を望むのが難しくなります。

満天の星空を期待するなら、雲量が全く無い真っ黒な状態が良いのです。

  

GPV気象予報の使い方

GPV気象予報は多くの機能を備えていますが、天体写真の撮影に関していえば、使うのは「雨量・雲量」だけです。

モデルの選択

モデルは「詳細」「広域」があります。

「広域」ですと264時間後までの予報が出ますが、あまりあてにならないので「詳細」で十分かと思います。

「詳細」でも39時間後までの予報が出ますので、出かける前に見るならこれで十分なのです。

 

エリアの選択

「エリア」は行先を選択してください。

 

雨量・雲量

「モデル」「エリア」を選択したら、「雨量・雲量」をクリック(またはタップ)します。

 これで、現時点の雨量と雲量が表示されます。

 

予報時刻

 雨雲天気図の上部にあるスライドバー「予報時刻」の変更が出来ます。

 右へ進めると時刻が進み、左へ進めると時刻が戻ります。 

 

雲の予測は必須

星空を撮影する場合、雲の予測は必須です。

GPV気象予報は雲の予報を可視化した数少ないツールのひとつです。

 

正直、Yahoo等の雨雲レーダーと比較すると、表示は大雑把です。

しかし、多くの天気予報が雨雲だけを予報しているのに対し、このツールは雲量を予報してくれます。

これは、情報として貴重です。

 

貴重な情報は有効活用し、雲に邪魔されないよう天体撮影を楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました