将来の夢がユーチューバーという小学生が将来ユーチューバーになれないという現実

ネット

小学生が将来なりたい職業No1

2021年進研ゼミ小学講座が実施した「2021年の出来事や将来に関する小学生の意識調査」によると、小学生が将来なりたい職業No1ユーチューバーです。

男女別にみると男子は2位で、女子は3位です。

 

ここ数年は必ず上位に食い込んでおり人気の高さがうかがえます。

人気の理由は「好きなことをしてお金が稼げるから」だそうです。

 



ユーチューバーの定義

ユーチューバーといっても様々です。

自称ユーチューバーなんていっぱいいますからね。

仮にYouTubeの広告収入やスポンサー収入だけで食べていける人を、ユーチューバーとしましょう。

 

ユーチューバー「鈴木ゆゆうた」(登録者数60万人)は2019年に実施した生配信の中で、「ユーチューバーって保険もボーナスもないから、月30万円は稼がないとたぶん暮らせない」と語りました。

 

収入から税金保険家賃光熱費医療費食費等を引くと生活していくには30万円が一つのボーダーラインのようです。

また「30万円稼ぐには、月間の動画再生回数が200万回、最低でも100万回は必要」とも語っています。

 

 

月100万回再生されるユーチューバー

では月100万回再生されるYouTuberはいったいどれだけいるのでしょうか?

「ユーチュラ」のランキングに掲載されているYouTubeのチャンネル数は、2019年9月時点で20,230チャンネル

このうち月100万回再生されたのは、2,385チャンネルです。

 

参考までに2018年の同時期は1,527チャンネルでしたので、年間で858チャンネル増えている計算になります。

増加数を同じと考えると2021年9月時点で4,101チャンネルあるという計算になりますね。

 

但し、この中には企業や歌手などの芸能人、サブチャンネルが含まれていますので、それらを除くと、実際は3,000人(組)程度と予測されます。

芸能人が11,000人、弁護士が43,000人、医師が327,000人ぐらいと言われていますので、それらと比べるとはるかに狭き門といえます。

 

大手プロダクションや芸能人が参入し始めている

ここ数年、大手プロダクションや芸能人のユーチューブ参入が目立ち始めました。

今後、活動の場がTVからYouTubeに切り替わるという流れは進むでしょう。

TVではあまり売れていないけど、YouTubeを始めたら大人気になったという芸能人も多いです。

 

私生活でやらかした芸能人がユーチューバーに転向というのもありますね。

こういった、プロが組織的に動画を作成する中で、素人が勝ち残っていくのは、年を追うごとに難しくなっていきます。

 

 

 

近いうちに視聴時間が頭打ちになる

全体の視聴時間は、まだこれから伸びると思いますが、数年以内に限界が来るでしょう。

理由としては、

・スマホやパソコンの普及率は限界まで上がってきている

・日本の人口は減り続けている

 

いくら動画をあげても視聴されなければ広告収入は入りません。

チャンネル登録者数が10万人でも、動画が視聴されなければ収入は無いのです。

ですから視聴時間の頭打ちというのは大きな問題なのです。

 

頭打ちになるとどうなるかというと、限られた視聴時間を奪い合う形になります。

プロダクションや芸能人、そして固定客のいるユーチューバーとの戦いです。

今、小学生が働き始めるのは10年後ぐらいでしょうか?

その時になって、新規参入しても居場所はありません。

無謀と考えます。

 

 

参入するなら今のうち

せんももあいしーchというYouTubeチャンネルをご存じでしょうか?

あのHikakinTVをより多い、チャンネル登録者数1070万人を誇るYouTubeチャンネルです。

 

内容は子供(四人兄弟)の日常です。

オモチャで遊んでいたり、家族旅行だったりと、どこの家庭にでもありそうな日常を、ほのぼのと撮影しています。

 

要はアイディアと行動力なので「将来なりたい」と言っている時点で、今動いている人に負けが確定しているんですね。

ユーチューバーになりたいなら、今すぐ行動を起こすべきなのです。

 

かんたんな動画ならスマホひとつで撮影からアップロードまでできますから。

一部項目に年齢制限がありますが、親が作成している形であれば問題ないでしょう。

 

 

 

覚悟を示せ!

「ユーチューバーは好きなことをしてお金が稼げる」という誤解が蔓延しているようです。

確かに好きなことをしてお金を稼ぐこともできるのですが、私生活も犠牲にします。

 

先ほど子供でもユーチューバーになれると言いましたが、推奨するものではありません。

子供が顔出しでYouTubeに出ることは危険なのです。

 

行動や言動は世界中に発信されます。

ちょっとした油断や知識不足で、法を犯したりモラルのない行動をとってしまうと、それが永遠に残り続けます。

消しても無駄ですよ。

世の中には炎上を趣味としているヒマ人が沢山いますから、一瞬で拡散されます。

 

ネット上に残った汚点は一生ついて回り、進学や就職、結婚の足枷となる可能性があるでしょう。

ですから、本気でユーチューバーを目指すなら今すぐ参入して、他の職業をあきらめる覚悟も必要なのです。

さて、小学生の皆さん。

 

皆さんにその覚悟はありますか?

 

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました