星空撮影用・プロソフトンフィルターを自作してみる

撮影術
DSC_1380

プロソフトンフィルター

プロソフトンフィルターは、ケンコー・トキナが販売しているソフトフィルターです。

光源を残したままソフトな表現が得られるため、通常のソフトフィルター以外に星空写真の撮影にも用いられます。

 

星空写真に使用すると、明るい星が大きく表現されるため、写真としての表現が変わってきます。

表現の好き嫌いはあるかもしれませんが、多くの天体写真愛好家が使用していることは間違いないと考えます。

「星を際立たせる!」星空撮影の必需品、プロソフトンフィルターの効果
星は点光源ですので1等星だからといって大きく写るわけではありません。 ですから、そのまま撮影しますとメリハリのない写真になります。 こんな時に役立つのがプロソフトンフィルター。 その効果について比較してみます。

 

出目金レンズ問題

超広角レンズに多いのですが、出目金レンズというものがあります。

これはレンズの前玉(最も前にあるレンズ)が筐体から出っ張っているもので、基本的にフィルター用のネジ溝はありません

<出目金レンズの例>

プロソフトンフィルターのラインナップを見ると、

ねじ込み式の49mm~82mmと、

ハーフプロソフトンの角型(130×170mm)となっています。

角型フィルターに関してもフィルターホルダーのマウントはねじ込み式ですので、基本的に取り付け部分は同じです。

 

このように出目金レンズに合うプロソフトンフィルターはありません。

ですから、多くの超広角レンズではプロソフトンフィルターが使えないという不具合があります。

 

参考までに、自宅にある以下のレンズは出目金レンズです。

 Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

 Nikon AF NIKKOR 16mm f/2.8 fisheye

 Sigma 14mm F1.8 DG HSM

 Sigma 20mm F1.4 DG HSM

 Sigma 8mm fisheye

広角、超広角レンズについてはほぼ該当してしまいます。

このあたりはメーカーさんに改善して欲しいですね。

  

出目金レンズにフィルターを取付ける

出目金レンズは、絶対にフィルターの取付が出来ないというわけではありません。

 

例えば、レンズによっては後玉(最もイメージセンサー側のレンズ)の後ろにフィルターホルダーが付いているものがあります。

また、レンズによっては前玉の前に取り付けるフィルターホルダーも製品化されています。

<前玉用のフィルターホルダー>
<フィルターホルダーを取付けた様子>

これは、レンズフードの外側に固定するもので、角型フィルターをスライドして差し込むような構造になっています。

 

後玉の後ろにフィルターが取り付けられるレンズはわずかですので、フードの外側に固定するフィルターが現実的かと思います。

 

Nisiのフィルターホルダー

今回はNisiというメーカーのフィルターホルダーを使いました。

 

レンズはSigma20mm F1.4 DG HSM

メーカー純正だけでなく、こういったサードパーティのレンズにも対応した製品があるのが嬉しいですね。

 

このフィルターホルダーに合うフィルターサイズは、角型150×150mmで厚みは2mmです。

フィルター枠本体は堅牢な作りで、筐体との接触部分にはクッション材が巻かれており造りは丁寧ですが、パッケージのクッション材と製品が張り付いていたり、開け口が破れやすかったりと、このあたりは中華製だなと感じてしまうのです。

 

 

150mmフィルターの問題

先ほど紹介したとおり、プロソフトンには150mmの品揃えがありません。

 

あるのは、ハーフプロソフトンの角型(130×170mm)だけ。

という事で、フィルター自体をなんとかする必要があるのです。

 

同じくNisi製StarSoft150mmの品揃えはありますが、お試しするには高すぎます。

効果の分からないフィルター1枚に出せる金額ではありません。

また、この製品についても全面ソフトフィルターではないので、風景併用となります。

 

という事で、無いものは作ってみることにします。

 



 

自作ソフトフィルター

特殊フィルターといってもガラスに挟み込んだり、専用の加工を施しているにすぎません。

ですから、構造さえ分かってしまえば、簡易なものは作れてしまうのです。

 

用意するのは以下の物

 149mm×150mm×2mmの透明なアクリル板

 クリアーのスプレー

 

アクリル板は若干の凹凸があります。

ですから、アクリル板はフィルターホルダーより1mm小さく作ります。

ヤフオク楽天でアクリル板をオーダーでカットしてくれるところがあるので、そういった所で買うとカットする手間が省けます。

まっすぐ切るのは、なかなか難しいですからね。

 

クリアーのスプレーは、とりあえず100均のもので試してみます。

アクリル板5枚スプレー1缶1,000円弱

ダメもとでやる感じです。 

  

アクリル板の削る

アクリル板の切断面と角は削ってください。

切断面は円滑にしておかないと、フィルターホルダーに引っ掛かり抜けなくなる可能性があります。

また、を削っておかないと、差し込みがしにくくなります。

ですから、アクリル板の切断面と角は綺麗に削るようにしてください。

 

クリアーを吹き付ける

アクリル板の表面にクリアーを吹き付けます。

この加減が難しい。

多すぎるとソフトになりすぎますし、少なすぎるとほとんど効果がありません。

写真はスプレーとの距離が近すぎます。

出来る限り離した方が均一に塗布できると思います。

  

さっそく撮影

クリアーが完全に乾いたら撮影可能です。

 

とはいえ所詮DIYですので、どの程度効果が出るかは分かりません。

ですから、5枚のアクリル板は少しずつ塗布量を変え、番号をふって管理すると分かりやすいです。

 

例えば、

 1番は1往復塗布した。

 2番は1往復半塗布した。

  ・

  ・

といった具合です。

 

フィルターホルダーに装着し1枚1枚確認していきましょう。

 

まずはフィルター無しとプロソフトンA。

プロソフトンAはねじ込み式ですのでSigma24mmF1.4を使用しています。

<フィルター無し>
<プロソフトンA>

これは、前回比較しましたね。

 

では、自作のソフトフィルター

<No1>
<No2>
<No3>
<No4>
<No5>

どれも似たり寄ったりですね。

 

基本的に星自体の大きさがほとんど変わっていないので、単にソフトになっただけの写真となりました。

実はこれには理由がありまして・・・。

 

写真だけ見ると、クリアーの吹き付け量が足りないと考えがちですが、吹き付け過ぎるとこうなってしまいます。

<より多く吹き付けたもの>
<プロソフトンA>

左下の星は大きさも輝きも申し分ないです。

しかし、上の星は霞んでしまいました

 

このように吹き付け量が多くなればなるほど、塗装ムラが出やすくなります。

100均塗料の限界かもしれません。

 

 

塗布方法に改善の余地あり

今回検証したとおり、クリアーのスプレーでソフト効果が出ることが分かりました。

 

ただ、塗布し過ぎるとムラが出て星が消えたりします。

やはり、光学専門のメーカーが作っただけあって1,000円で再現するのは無理がありましたね。

 

問題は塗布方法

細かい粒子を均一に塗り重ねる技術があれば可能な気はします。

 

ポイントは分かりましたので改善の余地は十分あるかと考えます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました