ガイアノーツ プレミアムミラークロームを試す

その他
DSC_1669

プレミアムミラークローム

プレミアムミラークロームはガイアノーツが販売する塗料です。

その名のとおり、クロームのような輝きが特徴です。

 

デコトラのプラモデルを作成する際、曲面や狭い場所にメッキシール等を貼るのは大変ですし、剥がれも気になります。

ということで、塗装できるメッキは無いかと探していたところ、この製品にたどり着きました。

 

実際に使ってみて、使い勝手を書き出しました。

購入する予定がある方は、参考にしてください。

 

エアブラシ必須

プレミアムミラークロームエアブラシ必須です。

試しに筆で塗ってみましたが、薄すぎて使えませんでした。

例えるなら、シルバーを10倍に薄めたような感じです。

 

エアブラシを使う際も薄いので希釈は不要です。

原液のまま使ってください。

  

サフェイサーは不要

プレミアムミラークロームサフェイサー不要です。

隠ぺい力が高いので、下地の色は出にくいです。

<左半分は下地に黒鉄色を吹き付けたためクローム感が損なわれている>

逆に下地に何か塗装してあると凹凸を拾いクロム感が損なわれます。

プラスチック部品へそのまま塗装するのが基本ですが、どうしても何か塗装をしたい場合は研ぎ出しをした方が良いかもしれません。

 

思った以上に早く無くなる

プレミアムミラークロームは塗料が薄いため、エアブラシで塗装していると減りが早いです。

その分、ノズルから出る量が多いということになります。

 

他の塗料のような感覚で塗装すると、吹き付け過ぎによる垂れが起こりやすいです。

いつもより気持ち軽めで塗装して感覚を掴んでください。

エアブラシの空気圧も低めにする方が良いです。

 

また、気流があると塗料がそれに乗ってしまします。

塗装したい場所から外れることになりますので、換気扇から近い場所や風のある日は塗装を見送った方が良いです。

 

塗膜が弱い

プレミアムミラークロム塗膜が弱いです。

マスキングテープを剥がすと跡が残りますし、硬いものでガリガリするとキズが付きます。

<爪楊枝の先端で傷がつく>

通常のラッカー塗料よりは遥かに弱いので、塗装後の扱いには注意が必要です。

 

クリアを吹くとくすむ

塗膜が弱いからといって、上からクリアを吹くことはお勧めしません。

ラッカー系、水性のクリアで試しましたが、どちらもくすんでしまいました。

 

多分、他のクリアでも同じ症状だと思います。

塗装が難しく、耐久性も無いということで、この塗料は最後に塗装するのをお薦めします。

 

平面は思った以上にクローム感が出ない

プレミアムミラークロームは平面に塗ってもクローム感が出にくいです。

<平面に塗装するとほぼシルバー>

あくまでもメタリック塗料の延長ですので、得手不得手があります。

 

平面に塗装した場合はシルバーと見間違うかもしれません。

しかし、これは仕様ですので諦めてください。

輝かないからといって、何度も塗装してはいけません。

厚塗りは厳禁なのです。

 



比較すればシルバーとの違いが分かる

プレミアムミラークロムは曲面に塗装するとクローム感があるのですが、平面はあまりクローム感が出ません。

<シルバーと比較するとクローム感があるのが分かる>

比較してやっと違いが分かる程度と考えてください。

 

過度な期待はしてはいけません。

あくまでクローム調の塗料なのです。

 

お値段4倍

プレミアムミラークロームは高価です。

30mlの瓶で1,500円以上します。

手軽に使うには高いと感じるでしょう。

 

また、通常のラッカー塗料と比べると減るのが早いというのも、ちょっとした欠点かもしれません。

メッキシールと比べると明らかに割高で、クローム感も少ないです。

その分、シールが貼れないような部分に塗装するのは良いかもしません。

 

どちらか一方を使うのではなく、双方を使い分けをするのが良いかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました