離れて写す「ロングショット」の魅力

撮影術

ロングショット

ロングショットとは、被写体から少し離れて撮影する手法です。

被写体を構図めいっぱいに撮るのではなく、構図の中心に被写体がありながらも周りの情景が写る為、幻想的な雰囲気となります。

 

普通の撮影に飽きたら、少し足を使って被写体から離れて「ロングショット」に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

雄大な景色を表現してみる

ロングショットは引きの構図ですので、色々なものが構図に入ります。

ですから、ゴチャゴチャしているより、均一で雄大な風景の方が栄えます。

<マイルドセブンの丘>

雄大な景色を撮影する場合は、ロングショットの出番といえます。

 

人を入れてスケール感を表現

人を入れてスケール感を出しても面白いです。

<ブルーインパルス展示飛行>

ブルーインパルスの展示飛行など、空を飛ぶものをアップで撮影しても良いのですが、風景やギャラリーを入れることで大きさの対比が出来ます。

 

導線を作って印象的に

導線を作って印象的にする手法もあります。

<福浦島>

手前から伸びる道路や線路、橋などを利用して焦点の先にある被写体が印象付けられます。

  

被写体を沢山入れて混雑感を出す

被写体を沢山構図に入れて、混雑感を出すという方法もあります。

<吉野川河川敷>

狭い場所に沢山のものが入っているような時に使えます。

イベント会場の様子を伝えたい時に良いですね。

 

余白に第二の被写体を入れる

メインの被写体をロングショットで撮影し、その背景に第二の被写体を持ってくるという方法もあります。

<青山高原>

星空や高い山、建物などランドマークを背景に入れると良いです。

但し、被写界深度が深くないと背景がボケてしまいますので、注意が必要です。

 



ロングショットに正解なし

ロングショットに正解は無いと考えます。

今まで、構図いっぱいに写すことが多かった人は、一度被写体から離れてみてはいかがでしょうか?

今までと違った世界が広がるかもしれません。

<新緑を抜けるトラック>

コメント

タイトルとURLをコピーしました