比較

スポンサーリンク
機材レビュー

Zマウントレンズ・レンズ別、絞り値別、回折の発生状況「絞り値による画質の劣化はどこで発生する?」

カメラ用レンズの宿命といえる回折現象。 これにより画質が落ちることは仕方が無い事です。 ただ、自身が使うレンズがどのあたりから回折し出すのかは確認しておきたいところ。 レンズ毎の回折について確認してみます。
機材レビュー

【比較】 NIKKOR Z 180-600mm f/5.6-6.3 VR vs AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

NIKKOR Z 180-600mm f/5.6-6.3 VRと比較されやすいAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR。 どちらも超望遠ズームレンズで焦点距離もよく似ています。 発売時期が8年違う双方にどれぐらいの違いがあるのか? どちらがお買い得なのか? 比較してみます。
機材レビュー

NIKKOR Z 180-600mm f/5.6-6.3 VR AF速度を「同等製品」と比較

NikonZマウントの超望遠ズームレンズ NIKKOR Z 180-600mm f/5.6-6.3 VR。 AF速度の評判は・・・ 実際のところを他の製品と比較検証してみます。
機材レビュー

NIKKOR Z 180-600mm f/5.6-6.3 VR 「お手頃」超望遠ズームレンズの実力

NIKKOR Z 180-600mm f/5.6-6.3 VRは2023年8月31日発売の超望遠ズームレンズです。 600mmまでの焦点距離をカバーし、手振れ補正機構やEDレンズを採用しながら、小売価格22万円前後と「手の届く超望遠ズームレンズ」として注目されるこのレンズ。 その全貌について検証してみます。
機材レビュー

NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S は逆光性能が高い!? 大三元レンズにおけるゴースト、フレアの意外な結果とは?

レンズ特有の光学現象であるゴーストやフレア。 一般的にはあまり歓迎されるものではありません。 メーカーが苦心して設計したレンズのゴーストやフレアは? NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sのゴースト、フレアの発生状況について確認します。
機材レビュー

NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S レビュー AF速度は爆速!? 他機との比較で分かる事

NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 SはZマウント用大三元レンズです。 いわゆるハイエンド使用ですのでAF速度にも期待したいところ。 今回は、NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 SのAF速度と他機との比較について検証します。
機材レビュー

NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S レビュー「Zマウント」大三元標準ズームレンズの魅力

NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sを入手しました。 このレンズはZシリーズ初の大三元レンズであり標準ズームの頂点であると考えます。 その中でも特筆すべきポイントについて紹介します。
機材レビュー

Nikon Z8 を使うと分かる NikonZ6Ⅱ の4つの魅力!「フルサイズ普及機は使い勝手が良い!」と思う理由

NikonZ8を使っていると欲しくなるのが気軽に撮れるカメラ。 Z6Ⅱは軽量、コンパクトでありながら欲しい機能が付いているバランスが良いカメラだと考えます。 正しく「気軽に撮れるミラーレス」 そのZ6Ⅱの魅力についてあらためて見直してみましょう。
機材レビュー

NikonZ8はノイズが多い? 「高画素ミラーレス一眼カメラにおける【デジタルノイズ】の現実と対策」

イメージセンサーの画素数が大きいほど目立つといわれるデジタルノイズ。 高画素機であるZ8についてもその影響が指摘されています。 Z8のノイズとはどの程度のものなのか? 実際に撮影、比較してみます。
機材レビュー

【Nikon Z8 レビュー】ボディ内手ブレ補正テスト Z6から手ブレ補正はどれぐらい進化した?

NikonZ6から搭載されたボディ内手振れ補正、Z8ではシンクロVRが採用されより効果が期待できます。 しかし手ブレ補正の効果はボディだけでは測れないのも事実。 焦点距離によって効果も違います。 そのあたりの現実について比較しながら検証してみましょう。
機材レビュー

【 Nikon Z8の注目点を検証】 良いところ悪いところ それって結局どうなの?

発表当時から注目していたニコンZ8。 縁があって、短期間ですがお借りすることが出来ました。 ということで、気になる点について検証してみます。
機材レビュー

Nikkor Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S 「ZレンズはAFが遅い?」他のレンズと比較!その結果分かること

Nikkor Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S の評価を見ているとAFの遅さを指摘するものがあります。 では、他の製品と比べてどうか? 自宅に転がっている3本と比べてみます。
機材のメンテナンス

ATEnge TOD07 電動エアダスターの能力と使い勝手 -強力な風でカメラ、レンズ、パソコンの埃を吹き飛ばす!

カメラやレンズの清掃に便利なブロアー。 便利なのですが風の量もイマイチですし、手も疲れます。 そんな時に便利なのが電動エアダスター。 USB充電式で強力な風を生み出す電動エアダスターはブロアーに取って代わるのか? 検証してみます。
機材の情報

【 Nikon Z8 のココに注目 】 良いところ悪いところ まとめておいくら万円?

2023年5月10日に正式発表されたZ8。 賛否両論ありますが個人的にはニコンらしい良いカメラだと考えます。 個人的に注目したポイントと「いくらなら買うか」という事をまとめました。
機材レビュー

【可変NDフィルターとは? 】その使い方とメリット、デメリット、選び方

可変NDフィルターとは一定の範囲内で減光量を調節できるフィルターです。 撮影しながら変更できるという点で便利なのですが濃度ムラが出るといった問題もあります。 可変NDフィルターの使い方とメリット、デメリットについてまとめてみます。
プラモデル

【セリアのミラーパウダー】 ユニコーンパウダーでミラー塗装 「 マジョーラ風、ラメ風、全6を比較 」

セリアのミラーパウダーはプラモデルの塗装に使えます。 色は6色あり、ミラー風のものとマジョーラ風のものがあります。 2色入って税込み110円なのでお手軽に楽しめそうです。 今回は6色を同じ素材に塗装して仕上がりを比較してみました。
スマホで撮影

ナイトシーン撮影にスマホのカメラが適していないといえる5つの理由

デコトラのナイトシーン撮影にスマートフォンのカメラは適していません。 とりあえず明るく写すと綺麗に写すは別物です。 スマートフォンで撮っている人の中には「明るく写る」と「綺麗に写す」を混同している人が多いです。 どこが問題になるのか? 見てみましょう。
機材レビュー

NIKKOR Z 24-120mm f/4 Sの「夜景描写」を比較! Zシリーズ小三元レンズはFシリーズ大三元レンズを超えるか?

評価の高いズームレンズであるNIKKOR Z 24-120mm f/4 S。 自身のメインである被写体「ナイトシーン」について旧大三元レンズと比較してみました。 はたして?
プラモデル撮影法

レンズの【最短撮影距離】からみる「プラモデル撮影レンズ」の選び方「模型の撮影には最短撮影距離が超重要!」

写真はピントを合わせて初めて成り立ちます。 ただプラモデルの場合、小さな被写体であるためなかなかピントが合いません。 その理由の一つが最短撮影距離。 最短撮影距離が長いと近づいて撮影できない為、離れて撮らざるを得ず背景の余計なものが写り込んでしまいがちなのです。
機材レビュー

NIKKOR Z 24-120mm f/4 S vs AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 「実写比較」

NIKKOR Z 24-120mm f/4 Sは非常に使いやすいレンズです。 では、写りの方はどうなのでしょうか? 実際にAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDと比較してみることにします。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました