年末年始はヤフオクで物を買うのが良いといえる理由「人がいない間に動く」

ネット

ヤフオクの仕組み

皆さんご存じヤフオク

出品者が品物を出品し、最も高い価格を入札した人が落札できるシステムです。

欲しいものがあって入札しているうちに、思った以上に高くなってしまった経験がある人もいるはず。

価格の上限は決めておいた方が良いと考えます。

 



年末年始はヤフオクの参加者が少ない

年末年始といえば恒例の日本人の大移動。

帰省、国内外へ旅行。

出掛ける人は多いでしょう。

カメラやレンズを中古で購入するにはメルカリよりヤフオクが良いと思う事「重要なのは品物の相場観」
カメラやレンズの中古を買うときはメルカリよりヤフオクの方が便利です。 定額方式とオークション方式。 この販売方式の違いによる手間を考えると答えは見えてくるのです。

 

そうなると必然的にヤフオクへの参加者は少なくなります。

欲しい品物をウォッチリストに入れていても、年末年始忙しくて入札を忘れている人は多いのです。

ヤフオクは終了時刻にパソコンやスマホで現在価格をチェックする必要があるんですね。

そのあたりはスマホ中心のメルカリと違う部分ですね。

 

 

実際に落札価格を追ってみた

年末年始に落札価格が下落傾向にあるというのは、なんとなく感覚で分かっている人もいるみたいです。

では実際に年末年始に落札価格を追ったものを散布図にしてみました。

品物はNikon AF-S NIKKOR 200-500mm F5.6E ED VR

箱、説明書ありでAB程度の品物をプロットしています。

参考までに通常のヤフオクでの相場は10~11万円程度と思ってください。

縦軸が価格横軸が日付です。

クリスマスあたりでは11万円前後で推移していた落札価格が、年末年始に急落し9万円前後になります。

そして、正月があけると、また元の価格に戻るのが分かると思います。

 

このように参加人数が少ないという事は、競合相手が減り、落札価格の下落につながります。

もし、欲しいものがあるなら年末年始終了のものを狙うと、思った以上に安く手に入れられる可能性が高いという例です。

 

 

逆に売るのには適さない

落札価格が下落基調という事は、売る側としては不利な状況です。

年末年始に品物を売るのはやめた方が良いでしょう。

出品価格は高めに設定し、落札されても納得できる金額に設定しておいた方が良いです。

売り切ろうと思って1円出品なんてしたら痛い目を見ます。

 

特に年末に大掃除をして出てきた不用品などは出さない方が良いですね。

みんな同じ考えですので供給多可になります。

出品は正月開けて10日ぐらいが良いかもしれません。

 

 

コロナ禍で変化も

先ほどのグラフは2017年末のものです。

ですから新型コロナの影響が出る前ですね。

 

2020年末は新型コロナの影響があり、帰省や旅行に出かける人が少なかったので、このようなグラフにならなかったと思います。

2021年12月19日現在、オミクロン株の流行が始まっていますので、今年の年末年始はどのくらいの人出になるかは不明です。

多くの人が出るようでしたら、ヤフオクの落札価格は下がる出しょう。 

どうなるかはその時にならないと分からないので、欲しいものをリサーチし準備だけしておくのも良いかもしれません。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました