フォーカスシフト機能を使わず深度合成をする方法

撮影術

深度合成

深度合成とはアプリケーション上でピントを合成し、被写界深度の深い写真を作る事でした。

模型写真がイマイチ本物っぽく見えない理由の一つとして、被写界深度が浅いために、被写体の一部がボケることにあります。

 

より本物っぽく見せる為には、被写体の奥までしっかりピントを合わせることが必須と考えます。

ただ、深度合成で被写界深度が深い写真を作成しようとすると、フォーカスシフトする必要があります。

 

最近のカメラにはフォーカスシフト機能が付いたりするのですが、古いカメラには付いていないことが多いです。

フォーカスシフト機能は、カメラが自動でピントをずらしてくれているだけでした。

なんとなく、手動でもできそうな気がしたので、やってみることにします。

 

なんちゃってフォーカスシフト

勝手に「なんちゃってフォーカスシフト」といっていますが、要はMF(マニュアルフォーカス)でピントを動かすということです。

ポイントとしては、

1枚目はAFで被写体の最も手前にピントを合わせる

2枚目以降はMFとし、1枚撮る毎にピントを少しずつ∞側へ動かす

三脚を立てて撮影する

露出はマニュアルで固定し絞りはf8程度とする

それぞれ説明しましょう。

 

1枚目はAFで被写体の最も手前にピントを合わせる

深度合成をする際、ファイル名はピント順になっていないと失敗します。

ですから1枚目はピントを最も手前としてください。

例の場合ですと、コーナーパネルあたりですね。

1枚目はピントを動かすことがありませんのでAF、MFどちらでピントを合わせても問題ありません。

個人的には、AFの方が使いやすかったです。

 

2枚目以降はMFとし、1枚撮る毎にピントを少しずつ∞側へ動かす

2枚目以降はMF(マニュアルフォーカス)に切り替えてください。

MFとしたうえで、1枚撮る毎にピントを∞側へ少しずつ動かします。

 

この作業がキモです。

ピントを動かす量はレンズによって変わってきますが、なるべく小さくした方が良いでしょう。

もし、深度合成する写真の枚数が多すぎても、後で枚数を減らすことが可能だからです。

 

三脚を立てて撮影する

深度合成ですので、三脚を立てての撮影となります。

これは、フォーカスシフト機能を使った場合と変わりません。

 

ズームレンズの場合は、撮影中にズーム機構が動かないように養生テープ等で固定しておくと良いでしょう。

少しでも動けばうまく合成が出来ません。

 

露出はマニュアルで固定し絞りはf8程度とする

深度合成する際、それぞれの写真の露出が違うとおかしくなることがあります。

ですから、露出はマニュアルの方が成功しやすいです。

ただ、これは絶対ではありませんので、状況に応じてAE(自動露出)で撮影しても構いません。

 

深度合成する際に少しでも負担を減らすため、絞りはある程度絞っておいた方が良いです。

あまり絞りすぎると回析減少で劣化しますので、f8程度で収めておくと良いです。

 

CombineZPで深度合成

深度合成は以前紹介した「CombineZP」で行います。

主な操作は、前の記事でご確認ください。

深度合成フリーソフト「CombineZP」の使い方
深度合成はPhotoshopなど有料ソフトしかできないと思っていましたがフリーソフトもあります。 CombineZPもその一つで、シンプルな操作で深度合成が行えます。 今回はそんなCombineZPの使い方と注意点をまとめてみました。

 

結果

一連の作業で深度合成を行いましたが、結果は良好です。

フォーカスシフト機能がないカメラでも、「MFでピントを少しずつずらす」という方法で、深度合成写真が出来上がります。

フォーカスシフト機能自体が自動的にピントを動かしているだけなので、同じ操作を手動でやってあげれば、結果は似たようなものになります。

ですから、カメラが古いからと諦めるのは早いです。

コツが分かれば、スマホでも撮影出来そうですね。

 

注意点

この撮影方法の注意点は、カメラを動かさないことです。

また、MFでピントを動かす際にあまり大きく動かすと、前後にピントが合ったおかしな写真が出来上がります。

<手前のバーコードと奥の乾電池にピントが合っていて、中央がピンボケの写真>

多めに撮影しておいて、「パソコンの処理が追い付かないようになれば減らす」といった作戦が、有効なのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました