模型、プラモデルを本物っぽく撮影するテクニック「被写界深度合成の有効活用」

撮影術

模型の写真

プラモデルをはじめ模型の写真は、小さなものを近づいて撮るため、被写界深度の問題でピントが合っている範囲が狭くなります。

被写界深度を意識せず撮影した写真は、作品の一部がボケているためミニチュア感が否めないものとなります。

<被写界深度が浅いため後ろまでピントが合っていない写真>

「意図してこのように撮る」というのも否定しませんが、できれば全体にしっかりピントを合わせた方が見栄えが良いです。

フィルム時代はピント面を曲げる特殊なレンズ(ティルトレンズ)を使い、模型全体にピントを合わせるのが主流でした。

 

しかし、デジタルの時代になり様々な技術が導入されることにより、今までにない表現も可能となっています。

ですから、小さな被写体全体にピントを合わせる方法が無いものかと試行錯誤してみるのです。

 



離れれば撮れるのですが・・・

被写界深度を深く見せるテクニックとして、離れて撮影するというのを紹介しました。

模型撮影のチョイ技 「離れて撮れ!」の合理的な理由
模型を撮影した際、ピントが奥まで合わないためミニチュア感が出過ぎてしまうことはよくあります。 これは被写界深度の問題で、特に絞り機構が無いスマートフォンでは調整が出来ないため、頭の痛い問題です。 しかし、絞り機構が無くてもピントが合っているように見せることは可能です。 とっても簡単なその方法を紹介します。

写真は被写体に近くなればなるほど、被写界深度が浅くなります。

 

そこで、「離れて撮影するといいですよ!」と紹介したのですが、この撮影方法には欠点があります。

その一つが、焦点距離が望遠側になってしまうという事。

 

たとえ広角レンズを使おうが、中央を切り取るので望遠レンズと似たような効果となります。

広角レンズ特有パースペクティブ満載の写真を撮影しようと思ったのなら、この方法は使えません。

何とかパースを生かしつつ撮れないものかと考えます。

深度合成をしてみる

深度合成とはデジタル画像特有の技術です。

同じ構図でピントの違う複数の写真を合成し、1枚の被写界深度が深い写真を作り出します。

実際にやってみます。

 

コチラ先ほどと同じ構図の写真。

焦点距離は24mm相当です。

広角領域なのでパースが切れていますね。

絞りはf8ですが、カメラとの距離が近いためキャビンあたりにしかピントが合っていません。

絞りの値をf16f22にしても、大幅に改善することはないです。

 

ということで深度合成してみます。

使ったのは以前紹介したCombineZP

フリーソフトでお試しにはちょうどいいです。

 

CombineZPのインストールはコチラからできます。

 →CombineZP Download

 

ということで、このアプリケーションを使って深度合成したのがコレ。 

f8で1枚撮りしたものより、全体的にピントが合っています。

助手席側のミラーステーから箱の文字まで認識可能ですので、非常に被写界深度が深い写真となっています。

広角特有のパースペクティブも失われていませんね。 

一般的なレンズを使っての撮影は不可能でしょう。

深度合成は模型写真表現に有効と考えることが出来ます。

 

ちょっと失敗したのが、キャビンの真ん中あたりと運転席側のミラーステーがピンボケなところ。

このあたりは、撮影枚数を増やすことで修正できます。

 

深度合成は模型写真必須の技術

模型写真は被写界深度コントロールが必須です。

どれだけしっかり作っても、ピンボケなら魅力は伝わりません。

 

もし、模型写真を本格的に始めるのならティルトレンズを使うことをお薦めします。

気軽にする場合は、深度合成の出番といえます。

 

PhotoShopの最新版があればできますし、フリーソフトでもできます。

カメラはスマホでもできなくはないのですが、できればマニュアル操作が出来るデジタル一眼カメラの方が良いです。

絶対ではありませんが、良いものを撮影したいならある程度の投資は必要かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました