Nikon Z6からZ6Ⅱへの乗り換えはありか?「比較検討」

機材レビュー

Z6Ⅱが欲しい・・・。

NikonZ6Ⅱ

ミラーレス一眼カメラNikonZ6Ⅱは、Z6の後継機です。 

デジタルカメラの進歩は非常に早く、Z6の発売から、わずか2年で後継機が発表されました。

 

ニコン初の本格的なミラーレス一眼カメラとして発売されたZ6ですが、個人的な感想では粗削りな部分も多く、後継機を待っていたという事もありZ6Ⅱには期待をしました。

実機を触ってみた感触も踏まえ、買い替えはアリナシかを考えたいと思います。

 

Z6からZ6Ⅱの主な変更点

Z6Ⅱは細かい部分がいくつか変更されました。

「これ欲しかったんだよね~」という機能や改良が、ちょこちょこあり個人的には完成度が増したと感じます。

 

特に気になった点としては、

その1ダブルスロット

その2バッテリー

その3AFの高性能化

その4バッテリーパック

があります。

 

それぞれ説明しましょう。

 

ダブルスロット

まず、気になったのがダブルスロット

Z6CFexpress/XQDカードスロットのみの、シングルスロットでした。

 

それまでのニコン機の多くは、CFカードSDカードまたは両方の組み合わせでしたので、CFexpressカードXQDカードは持っていません。

ですから、Z6を買う際は記録メディアも追加で買う必要があったのです。

またこの記録メディアが割高!

 

それがZ6Ⅱになり、CFexpressカード及びXQDカードと、SDカードダブルスロットになりました。

<ニコンHPより引用>

この時の利点として、

【1】SDカード(SDHC、SDXC含む)が使えるようになった。

【2】同時書き込みが出来る。

【3】スロットが壊れた時の安心感。

というものがあります。

 

また、予備のカードを持つ際に、SDカードの方がコスパが良いというのもあります。

SDカードが使えるダブルスロットになったというのは、小さいようで大きな改良なのです。

 

撮影データを守れる安心感は、お値段以上でしょう。

 

バッテリー

Z6Ⅱになりバッテリーが、EN-EL15bからEN-EL15cに変更されました。

大きな違いは、バッテリーの容量で、

 EN-EL15b 1900mAh

 EN-EL15c 2280mAh

となっています。

 

これにより、撮影可能コマ数7~10%ほど多くなっています。

 

ニコンのデジタル一眼レフと比べると、Z6バッテリーの減りが異常に早く感じます。

連写していると、2時間ほどで半分ぐらい使ってしまう事は、珍しくありません。

 

そういった理由により、バッテリー容量が少しでも大きくなるのは有難いです。

 

更に、USB入力から給電しながらの撮影が出来るようになりました。

自宅ではコンセント式の充電器が使えますし、出先ではモバイルバッテリーが使えます。

これにより、バッテリーもたないよ問題が大きく改善したと感じます。

 

AFの高性能化

Z6ⅡはAFの食い付きが良い感じます

 

これはZ6に比べてという事で、決してZ6AF性能が悪いという事ではありません

比較対象が悪いかもしれませんが、Z6D750D810に比べると、フォーカスポイントは端までとれますし、動体へのAFの食い付きは良いです。

 

そして、Z6Ⅱになってさらに便利になったのは動物AF」

Z6では人間の顔しか認識しませんでしたが、Z6Ⅱでは犬猫の顔も認識してくれます。

動き回るペットも、しっかり追いかけてくれるので使いやすいです。

 

バッテリーパック

Z6には縦位置グリップが付きませんでした。

これがZ6Ⅱになりバッテリパック兼用の縦位置ブリップが付くようになりました。

 

特に望遠レンズを使う場合は、縦位置グリップを重宝します。

Z6Ⅱと同時に発表されたMB-N11は、バッテリーパックシャッターボタンAF-ONボタンFnボタンメイン・サブコマンドダイヤルマルチセレクターを装備しています。

縦位置で構える際に、バランスが良くなるように設計されていると感じます。

 

若干、マルチセレクターの感覚が苦手なのですが、許容範囲でしょう。

一点だけ改善して欲しいと感じるのは、バッテリーパックの取付方法です。

 

従来のニコンDシリーズではバッテリーを内蔵したまま、バッテリーパックは追加で取り付けるような構造でした。

しかし、MB-N11バッテリーを外して取り付けるようになっていますので、装着に若干の時間を要するのと、バッテリー庫の蓋を無くす危険性があります。

脱着の頻度が多いので、この点は変更して欲しいと思っています。

 

新しく買うなら

今、ゼロから買うなら、Z6Ⅱをお勧めします。

本体の価格差は7~8万円ほどありますが、比較してそれだけの価値はあると考えます。

 

特にカメラ任せで撮る場合、AF性能は良い方が使いやすいです。

また、USB給電やダブルスロットの安心感もあります。

 

ですから、安くなってきたからという理由だけでZ6を買うと、使っているうちに不便に感じる部分が出てきます。

カメラは、買ったら長く使うものですので、不便では意味がありません。 

 

Z6からZ6Ⅱの買い替えはアリか

Z6から、Z6Ⅱへの買い替えがアリナシかというと微妙です。

 

買取差額で10万円ぐらいしますので、安いものなら新しいボディが買えます。

今、Z6を使っていて、不満があり買い替えすることにより解決できるのなら、買い替えても良いと思います。

 

ただ、よく考えましょう。

バッテリーの持ちが悪いなら、予備のバッテリーを買った方が安上がりです。

記録メディアの事故が不安なら、2枚持ちや3枚持ちにすると良いでしょう。

 

別の方法で不満が解決できない場合は、買い替えを検討しても良いかと考えます。

最新機種という理由だけで、買い替えるのは勿体ないと考えます。

カメラは使ってナンボです。

写真を撮る道具という事を忘れずに。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました