NikonZマウントで使える偶数絞りレンズ一覧

機材レビュー

NikonZマウント

NikonZマウントは、2018年に登場したミラーレス一眼カメラ用のレンズマウント規格です。

登場してまだ年月が経っていないため、レンズバリエーションは少なく、サードパーティのうち参入していないメーカーもあります。

NikonFマウントに比べるとレンズの選択肢は少ないのですが、メーカー側もZマウントに注力している姿勢が見られ、今後は製品が増えてくると考えられます。

 



Nikonは奇数絞り大好き

カメラ用レンズには奇数絞り偶数絞りがあります。

絞り羽根の枚数が5、7、9、11など奇数の製品は奇数絞り

6、8、10など偶数の製品を偶数絞りレンズと呼びます。

 

奇数絞り偶数絞りの違いは光条(光芒)に現れます。

奇数絞りが全体的に光が散るのに対し、偶数絞りはクロスフィルター効果のようにハッキリ光が散ります。

 

Nikonはほぼすべての製品で奇数絞りを採用しています。

ですから、光条をハッキリ写したい場合はサードパーティレンズに頼ることにあります。

では、どの製品が対象なのか?

リスト化してみます。

 

ニコンZマウントで使える偶数絞りレンズ

 

コシナ

製品名絞り羽根枚数
フォクトレンダー NOKTON D23mm F1.2 Aspherical12枚
フォクトレンダー MACRO APO-ULTRON D35mm F210枚
フォクトレンダー APO-LANTHAR 35mm F2 Aspherical12枚
フォクトレンダー NOKTON D35mm F1.212枚
フォクトレンダー NOKTON 40mm F1.2 Aspherical10枚
フォクトレンダー APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical12枚
フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical10枚

 

  

七工匠

製品名絞り羽根枚数
7Artisans 35mm F0.95 35095ZB12枚
7Artisans 60mm F2.8 Macro 6028ZB10枚

 

Anhui ChangGeng Optical Technology

製品名絞り羽根枚数
LAOWA 25mm F2.8 2.5-5X ULTRA MACRO8枚
LAOWA 20mm F4 Zero-D Shift14枚
LAOWA 15mm F4.5R Zero-D Shift14枚

  

LensBaby

製品名絞り羽根枚数
コンポーザープロII エッジ358枚
コンポーザープロII スウィート3512枚
コンポーザープロII スウィート5012枚
コンポーザープロII W/スウィート8012枚
コンポーザープロII Soft Focus II 12枚
Velvet 2812枚
Velvet 8512枚
Spark 2.012枚
Soft Focus Macro Kit12枚

 

SIRUI

製品名絞り羽根枚数
24mm F2.8 1.33X アナモルフィックレンズ SR24-Z10枚
50mm T2.9 1.6X アナモルフィックレンズ FFEK6-Z 10枚
75mm T2.9 1.6X アナモルフィックレンズ Venus Z7510枚

 

SAMYANG

製品名絞り羽根枚数
85mm F1.4 AS IF UMC8枚
14mm F2.8 ED AS IF UMC6枚

 

 

名匠光学

製品名絞り羽根枚数
TTArtisan 17mm f/1.4 C ASPH10枚
TTArtisan 21mm f/1.5 ASPH10枚
TTArtisan 23mm f/1.4 C10枚
TTArtisan 35mm f/1.4 C10枚
TTArtisan 50mm f/0.95 C10枚
TTArtisan 50mm f/1.2 C10枚
TTArtisan 50mm f/1.4 ASPH12枚
TTArtisan 50mm f/210枚
TTArtisan 90mm f/1.2510枚

 

Zマウントは後発の規格です。

発表されてまだ年月が経っていないのですが、急速にバリエーションを増やしています。

今後も、新しい製品が発売されると思いますので、欲しいタイプのレンズは出るかもしれません。

 

また、Zマウントに関してはマウントアダプターで別マウントのレンズが取り付け可能です。 

性能を100%出せないものもありますが、検討の対象にしても良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました