白レンズに憧れるCanonユーザーが陥りがちな罠 「これはCanonの陰謀か?」

機材レビュー

白レンズ

Canonの代名詞でもある白レンズ

諸説はありますが、

望遠系のレンズの熱膨張を防ぐために白く塗装したのが始まり

とされています。

 

ただ、なんだか変わらないけど「白レンズを使えば綺麗な写真が撮れる」みたいな今の風潮は良くないと思います。

レンズは性能と用途で選ぶべし。

最近の白レンズは、ちょっと的外れなのです。

望遠レンズ=白レンズではない

白レンズ=高価

白レンズ=高性能とは限らない

それぞれどういうことか説明しますね。

 



望遠レンズ=白レンズではない

白レンズは望遠系が主です。

しかしCanonの望遠系レンズ全てが、白レンズであるというわけではありません。

2022年現在、カタログに載っているEFRFマウント200mm以上が使える望遠レンズは33本、このうち24本白レンズです。

 

残りの9本については、望遠または望遠が使えるズームレンズであるにもかかわらず黒いレンズなのです。

ですから望遠かどうかは、色だけで判断できないのです。 

   

白レンズ=高価

白レンズは基本的に高価です。

理由はf2.8通しf4通し、バズーカ砲のような長玉レンズなど、レンズ面積が広いものが多いからです。

 

必然的に、レンズ筐体も大きく太く長くなります。

更にそれを動かすモーター手振れ補正装置なども大きく、高価になります。

全体として高価なのはそういった理由があります。

  

白レンズ=高性能とは限らない

白レンズは高価ですが高性能とは限りません。

 

例えば、EF70-300mm F4-5.6L IS USMは、いわゆる望遠ズームレンズです。

70mmでf4はまだ使えますが、300mmでf5.6はかなり厳しいです。

 

この製品の6年後に発売される、黒レンズのEF70-300mm F4-5.6 IS II USMと比べると価格は倍以上重量は300gも重いです。

基本性能は同じなのに、これは無いですね。

高級なレンズを使ったうえに、丈夫さもあるようですが、重ければ取り回しも悪いです。

 

例のように、白レンズであるにもかかわらず、性能面で?マークがつくレンズはいくつもあります。

いくつか例をあげてみましょう。

 

EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM

高倍率ズームに高級なLレンズを内蔵した製品ですが、重量1600g超えは用途を疑います。

あと、300mmf5.6というスペックは、晴天でないと厳しいでしょうね。

 

カメラは撮影してナンボなので、取り回しが悪いのは大きな欠点です。

ニコンAF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VRは、基本性能が同じで価格も重量も半分です。

高倍率ズームレンズ」というジャンルを考えずに、白レンズ化してしまった1本と想像します。

 

 

EF35-350mm F3.5-5.6L USM

こちらのレンズも、高倍率というジャンルを勘違いした1本です。

さらに悪いことに、ワイド側の焦点距離が35mmしかありません。

ワイド側は24mm28mmが当たり前の時代に、この焦点距離は厳しいです。

 

基本設計が古いので仕方ないことなのですが、「中古が安いから」といって買うべきではありません。

重くて使いにくいことは保証しましょう。

    

EF70-200mm F4L USMシリーズ

このシリーズの欠点はf4通しであるという事。

f2.8f4のボケ具合は明らかに違います。

軽くてコンパクトで良いという声がありますが、それは廉価レンズが受け持つポジションです。

Canonが白レンズをブランド化したいなら、f4通しは白レンズにするべきではないと考えます。

ただ白くて中途半端に高価なレンズです。

 

 

EF70-200mm F2.8L IS USM

Canonの中望遠ニッパチレンズです。

2001年にⅠ型が発売され、現在はⅢ型まで改良が加えられています。

フラッグシップレンズのためCanonの技術の粋を集めて作られているのですが、残念ながらⅠ型Ⅲ型に大きな違いはありません。

カタログスペックでは性能が上がっているのですが、実際に使用している人の感想ではⅢ型にそれほど満足していないようです。

逆に考えるとⅠ型の基本性能が良いという事になるでしょう。

 

Ⅰ型は中古市場にしかありませんが、実売で8万円程度。

これに比べⅢ型は新品で25万円。

17万円も高いⅢ型は本当に必要なのでしょうか?

基本的に設計が新しいレンズほど高性能なのですが、コスパも含めたこの違いをどう評価するかは火を見るより明らかなのです。

   

 

他にもあるCanonの白い罠

Canonユーザーにとって、白レンズは憧れなのかもしれません。

ただ、白いからという理由で安易に買うことはお勧めしません

「本当に最新式が必要なのか?」とか、「ただ白いだけの使いにくいレンズなのでは?」とか、いろいろ検討してみることは必要です。

 

使えないレンズほど、無駄な買い物はありません。

長く使えるものを買うためにも、他の人のレビューや比較などは参考になりますので、使っている人の声を聞きましょう。

それがCanon白い罠に落ちないためにすべきことです。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました