カメラ店で優秀な店員を見分ける方法

趣味

カメラ店

実店舗でカメラやレンズを買う場合、選択肢はいくつもあります。

昔ながらのカメラ専門店家電量販店パソコンショップ中古品専門店・・・他にもあるでしょう。

 

以前お話ししましたとおり、カメラやレンズ等の撮影機材を買う場合はノウハウが重要です。

また、質感や使い勝手など、実際に触ってみないと分からない部分が多いという事もあります。

最終的にネットショッピングで買うにしろ、一度は実店舗で触っておく方が良いですね。

ネットショッピングでカメラを買うと手に入らない「とても重要なこと」
ネットショッピングはよく利用します。 しかしカメラやレンズなどの撮影機材をネットショッピングで買うことはお勧めしません。 実店舗の方が良いのです。 カメラやレンズはあくまでも写真を撮るための道具なのです。 道具だけあっても使い方が分からないければ意味がありません。 高いカメラを買えば綺麗な写真が自動的に写るわけではないのです。

 

お勧めのカメラ店

実店舗でカメラやレンズなどの撮影機材を見る理由は、ノウハウの習得と使い勝手などの確認にあります。

ですから、商品にあまり詳しくない店員のいる店に行っても仕方がありません。

 

時間の無駄になるどころか、いい加減な知識を植え付けられる可能があります。

本当に頼れる店員がいる店は限られています。

 

例えば、

 町のカメラ屋 店員が少ないので知識が偏向

 カメラ専門店 かなり頼りになります

 家電量販店 カメラ等撮影機材がフロア分けされている店を選んでください

 パソコンショップ 基本的にダメです

 中古品専門店 基本的に玄人向けです

 

もちろん店員によって知識や経験が違うと思いますので、全てがそうとは限りません。

あくまでも傾向です。

 

たまたまパソコンショップにデジタル一眼マニアがいるという可能性もありますが、確率的には低いでしょう。

行くならカメラ専門店家電量販店でカメラ等がフロア分けされている店です。

 

 

優秀な店員とは

カメラ等撮影機材を買う時は優秀な店員から買う方が良いです。

最終的にはその店で買わなかったとしても、優秀な店員から得られることは多いです。

 

ここでいう優秀な店員とは、安売りする店員でも売り上げが高い店員でもありません。

いかに、顧客の要望に沿った機材を選択できる店員かという事です。

商品知識があるというのはもはや当たり前の事だったりします。

 

 

 

優秀な店員の見分け方

優秀な店員とそうでない店員の見極め方は、ノウハウを教えてくれるかという事です。

カメラは写真を撮影する道具です。

 

写真といっても様々なものがあり、撮りたいものによって撮影機材は変わってくるのです。

これ1台で全てOKなんてものは存在しません。

それぞれ得意不得意があるのです。

 

では、実際に店員とどのような会話をすればいいかというと、ズバリ「撮りたいもの」を伝えることです。

 

例えば、

「自宅でペット(室内飼い)の写真を撮りたい」

この場合、

 最新の入門機

 レンズ内モーター式の大口径標準ズーム

 

これが一つの正解なのですが、勧められた理由を分かりやすく説明してもらえるかが問題です。

“最新の”としたのは、新しい方がAF性能と高感度性能が向上していることが多いからです。

“入門機”としたのは、入門機でも十分な画質が得られるからです。

必要以上に高いものを勧めてくる店員には要注意ですね。

 

“レンズ内モーター式”としたのは、ペットは動くことが多いのでAF性能が良いものを選ぶためです。

“大口径ズーム”としたのは、暗い場所では少しでもレンズ径が大きい方が有利だからです。

 

ただここは、標準的な廉価ズームレンズでも問題ありません。

このように機材を選ぶにはすべて理由があるのです。

 

こうやって使うからこの機材がピッタリですと薦めてくれる人が優秀な店員です。

 

撮りたいものが分からない場合

「とりあえずいろいろ撮りたいけど、これっていうものが無い」という人も居るでしょう。

そんな人にオススメなのがコレ。

 

「花火の写真が撮りたい」

 

この場合、

 入門機

 標準ズームレンズと望遠ズームレンズ

 三脚

 ケーブルレリーズ

 

これらを勧めてきたら正解です。

もちろん勧められた理由や実際の撮影方法も聞きましょう。

 

“入門機”としたのは先ほどと同じような理由で、更に最新機種に限定しなかったのはAF性能や高感度性能が高くなくても良いからです。

”標準ズームと望遠ズーム”というのは小口径の普及型で十分ですが、打ち上げ地点との距離によっては使い分けが必要ですので2本あると良いからです。

”三脚”は必須ですね。

三脚に固定して撮影することにより花火が綺麗な線になって写るからです。

カメラのボディ+望遠ズーム<三脚の重量 は守りましょう。

”ケーブルレリーズ”はメーカーによって呼び方が違いますが、ブレを防ぐために必要です。

 

撮影方法は、

①三脚にしっかり固定する。

②構図を決めたらピントはマニュアルで合わせる

③シャッター速度はバルブにしてケーブルレリーズで開放時間を調整する

 

この3点が抑えられていたらOKです。

冬に花火を撮影する時に必要な情報と装備【夏の風物詩?】花火は夏だけのものではありません。
花火は夏だけではありません。 真冬に行われることもあります。 カウントダウンイベントなんかで上がることもありますね。 冬の撮影は夏に無い注意点がいくつかありますので気を付けましょう。

 

優秀な店員はいろいろ教えてくれて助かるのですが、なかなか見つからないのが難点です。

もし、運よくそういった店員に出会えたら何度も足を運ぶと良いでしょう。

いろいろ勉強になりますよ。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました