スポンサーリンク
機材レビュー

レンズの基本・英数字に表される性能を読み解く方法

カメラのレンズは多くの英数字で表されます。 DC、OSS、IS、1635G。 メーカーごとに表記も違うため、ややこしさの極みです。 しかし、3つの表記だけ覚えておけば、製品選択は楽になります。 では、どこに注目すればいいか紹介しましょう。
撮影術

露出モードM マニュアルモードを使う状況について解説

カメラの露出モードは大きく分けてP、S、A、Mの4つがあります。 このうちM(マニュアル)はシャッター速度と絞りを手動設定したい場合に使用します。 具体的にはどういった場合になるのか挙げていきましょう。
撮影術

露出モードA 絞り優先を使う状況について解説

カメラの露出モードは大きく分けてP、S、A、Mの4つがあります。 このうちA(絞り優先)は被写界深度を生かした写真を撮影する場合に有効です。 具体的にはどういった場合になるのか挙げていきましょう。
撮影術

露出モードS シャッター速度優先を使う状況とは?

カメラの露出モードは大きく分けてP、S、A、Mの4つがあります。 このうちS(シャッター速度優先)は動きに関する写真を撮影する場合に有効です。 具体的にはどういった場合になるのか挙げていきます。
撮影術

写真が真っ白!露出オーバーを補正する方法(RAW撮影必須)

写真を撮影した時に、必要以上に白っぽくなることを露出オーバーといいます。 露出オーバーは露出をカメラ任せにしていると一定の条件で発生しやすいです。 その場で気が付けばいいのですが、自宅に帰ってから気が付くことも少なくありません。 そんな時はアプリケーションによる補正が有効です。 実際の例を使い露出オーバーの補正を行います。
撮影術

露出モードの基本P、S、A、Mについて解説

カメラには露出モードというものがあります。 全てカメラ任せにすると、誰が撮っても似たような写真になりますが、露出モードを変えることにより個性的な写真になります。 今回はそういった露出モードの基本である、P、S、A、Mの4つのモードについて解説します。
撮影術

離れて写す「ロングショット」の魅力

ロングショットは被写体から離れて写す手法です。 被写体を構図めいっぱいに写すのではなく、風景や道のりを写すことによってその被写体を印象付けます。 普段、被写体を写すことに精一杯の方は一歩離れてみてはいかがでしょうか? 新しい世界が広がるかもしれません。
撮影術

スマートフォンで「深度合成は可能か?」問題に切り込む

フォーカスシフト機能がないデジタル一眼での深度合成は可能でした。 では、スマホの場合はどうでしょうか? 結論から言うとスマホでも可能です。 ただ、スマホにはスマホ特有の操作方法があり、デジタル一眼のようには行かないのです。
撮影術

写真の構図(基本編)

構図ひとつで写真の印象は変わります。 ということで、今回は一般的な構図について紹介します。 基本を覚えて撮影に役立てましょう。
撮影術

フォーカスシフト機能を使わず深度合成をする方法

深度合成はフォーカスシフトで撮影した写真を合成し、被写界深度が深い写真を作成する手法です。 フォーカスシフトは自動的にピントをずらしているだけです。 では、手動でピントを動かした場合はどうなるのでしょうか? 実験してみました。
撮影術

イメージセンサーサイズによる背景ボケの違いを比較

デジタルカメラやスマホのカメラにはイメージセンサーという部品があります。 これは写真を写すための心臓部で、カメラによってサイズも違います。 一般的にはサイズが大きくなるほど背景が綺麗にボケるといわれています。 実際その程度違うのかを比較してみました。
撮影術

シャッター速度別、滝や水流を表現する手法

滝などの水流を撮影する際はシャッター速度の設定が重要になります。 シャッター速度ひとつで写真の仕上がりはグッと変わってきます。 では、どのくらいにすればいいのでしょうか? シャッター速度別の仕上がりと注意点について解説します。
撮影術

深度合成フリーソフト「CombineZP」の使い方

深度合成はPhotoshopなど有料ソフトしかできないと思っていましたがフリーソフトもあります。 CombineZPもその一つで、シンプルな操作で深度合成が行えます。 今回はそんなCombineZPの使い方と注意点をまとめてみました。
撮影術

初心者がやってしまがちな「後ピン」そのデメリットと改善方法を紹介

後ピンは写真を台無しにします。 ただ、撮影時には夢中になっていて気が付かないこともよくあります。 後ピン写真に泣かされないために気を付けることをまとめました。
撮影術

デジタル一眼やスマホで晴天の空を青く写す方法

晴天の空は青いです。 でも、晴れた日に写真を撮影して、空が白く写ってしまったことはありませんか? 空が青く見えていても、写真に写すと白く写ることがあります。 白く写るのは何故? その原因と解決方法を解説します。
撮影術

撮影時にガラスの写り込み・反射を防ぐ方法

ガラス越しに撮影した場合、ガラスに余分なものが写り込み台無しになる場合があります。 しかし、場合によってこの写り込みは除去できます。 1枚のフィルターで除去できる写り込み。 実際にその効果をみてみましょう。
機材レビュー

超広角レンズなのに被写界深度が浅い不思議な世界【14mm F1.8 DG HSM】

「超広角レンズは被写界深度が深い」という概念を崩してくれるレンズが存在します。 そのひとつが、シグマのartシリーズ 14mm f1.8 DG HSM。 超広角なのに背景ボケの綺麗な世界を表現するこのレンズの実力を探ってみます。
撮影術

超広角レンズの使い方とその魅力

最近はスマホにも搭載されている超広角レンズ。 超広角レンズは狭いところで撮影するためのものではありません。 レンズの特性を生かすには? そういった疑問に答えます。
撮影術

ゼロから始める花火の撮影・準備と撮影の基本

花火の季節になりました。 例年、各地で花火大会が開催されます。 花火はスマホでの撮影が難しい被写体のひとつです。 この夏はデジタル一眼カメラを持って花火の撮影にチャレンジしてみましょう。
撮影術

被写界深度合成(フォーカスシフト)の実力「プラモデル、模型の撮影に最適」

模型を撮影すると、被写界深度の関係で後ろの方がボケてしまう事はよくあります。 特にフルサイズデジタル一眼などイメージセンサーの大きなカメラはボケやすいです。 そんな時に便利なのが被写界深度合成。 その効果について検証します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました