「ミラーレス一眼カメラはバッテリーの持ちが悪い?問題」に切り込む

機材レビュー

ミラーレス一眼カメラはバッテリーの持ちが悪い?

現在のデジタル一眼カメラ市場は、デジタル一眼カメラからミラーレス一眼カメラにシフトしてきました。

ミラーレス一眼カメラはコンパクトでAFが高性能ですが、バッテリーの持ちが悪いとされています。

 

ミラーレス一眼カメラから写真を始めたユーザーはそれほど感じないかもしれませんが、デジタル一眼カメラから移行したユーザーは特に感じやすいかもしれません。

 

実際にメーカーの仕様書を比較するとこんな感じです。

【デジタル一眼レフカメラ】

<D780仕様書:NikonHPより引用>

 

【ミラーレス一眼カメラ】

<Z6仕様書:NikonHPより引用>

 

どちらのカメラも似たような画素数で、バッテリーはEN-EL15bを使用しています。

デジタル一眼レフカメラ(D780)2,290コマなのに対し、ミラーレス一眼カメラ(Z6)310コマしか撮影できません。

カタログスペックでこれだけ差が出るのですから、実際に撮影した際にバッテリーが減るのが早いと感じるのは仕方がない事かもしれません。

 



 

バッテリーの減りが早い主な理由 

ミラーレス一眼カメラのバッテリーの減りが早いのには、以下のような理由があります。

・液晶による操作が多い

・EVFによる電池消費

それぞれ見てみましょう。

 

液晶による操作が多い

昔ながらの一眼レフカメラは、レバーボタンスイッチ等の物理的な操作により設定を変更していました。

ところがカメラやレンズなどが高性能になるほど、これらの物理スイッチでは足りなくなってきます。

この傾向は最新のデジタル一眼レフカメラにも見られますが、より設計の新しいミラーレス一眼カメラで顕著になります。

 

メーカー側の設計も、物理操作より液晶による操作性に重きを置くため、ユーザーも液晶操作が増えます。

更に液晶画面は操作時以外も動作している時間が長くなるため、バッテリーを多く消費するのです。

 

EVFによる電池消費

デジタル一眼レフカメラはレフ板を介し、光学的にレンズから入った像を確認していました。

しかし、ミラーレス一眼カメラにはレフ板がありません。

 

そこでファインダー代わりに使われるのが、EVFと呼ばれる電子ファインダーです。

光学ファインダーが光を物理的に反射しているのに対し、EVFはイメージセンサーに入った光を液晶画面に表示するため常に電力を消費します。

ファインダーで像を確認するだけで電力を消費するので、必然的にバッテリーの持ちは悪くなるのです。

 

実際に何枚撮影できる?

構造的な問題やメーカー仕様書を見ると、ミラーレス一眼カメラのバッテリー消費が早いことが分かります。

では、1回の充電でどのくらい撮れるのか確認してみます。

 

【撮影条件】

NikonZ6+NIKKOR Z 24-120mm f/4 S

撮影直後の画像確認:ON

手ブレ補正:OFF

画像サイズ:RAW+FINE

ファインダーの明るさ:AUTO

パワーオフ時間(画像の再生):10秒

パワーオフ時間(メニュー表示):1分

パワーオフ時間(撮影直後の画像確認):10秒

パワーオフ時間(半押しタイマー):1分

モニターの明るさ:0

電子音:OFF

電源はONのまま

ファインダーは使用する

 

この設定で撮影。

 

【結果】

バッテリー切れで撮影できなくなるまで撮影された枚数と時間。

撮影時間 9:30~14:00

静止画 384

 

カタログスペックよりは若干良いようですが、やはりバッテリーの持ちが悪いというのは間違いないようです。

 

予備バッテリーは欲しい

ミラーレス一眼カメラは全般的にバッテリーの持ちが悪いです。

朝から撮影して昼過ぎにバッテリー切れを起こすので、1日撮影しようと考えると無理があります。

こまめに電源をON/OFFすると良いのかもしれませんが、電子機器ですので故障の原因にならないとはいえません。

現実的なのは予備バッテリーの使用。

少なくとも1本、撮影スタイルに応じて数本欲しいところでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました