写真が達法するためのインスタグラム活用法

撮影術

インスタグラム

インスタグラム写真中心のSNSです。

支持層は若年層が多いというデータがありますが、写真が好きな人なら年齢問わずアカウントを持っていたりします。

 

多くの人が「映え」という言葉の元、綺麗な写真を掲載しています。

また、ホームページやブログを探さなくても、インスタグラムで検索すると綺麗な写真が見られるためとても便利です。

 

そんなインスタグラムを上手く利用して、写真が上達する方法を紹介します。

 



 

真似したいものを見つける

何もない状態で写真のテクニック集を読んでも、写真はなかなか上手くなりません。

紙に書いてあることは一般論であり、実際に情景とテクニックを結び付けのは難しいです。

 

「絞りを絞れば被写界深度が深くなります」と書いてあっても、被写体を目の前にして、それを実践できることは希です。

写真を始めた人が、なかなかうまく撮れないと思ってしまうのはこういったところです。

 

写真の上達には人の撮ったものを多く見ることも有効です。

ただ、現実世界では写真展など見られる場所が限られます。

 

しかし、インスタグラムには膨大な量の完成品があります。

テクニックの解説はありませんが、写真誌に比べると参考例は圧倒的に多いです。

ですから「こんなのが撮りたい」というのが、ほぼほぼ見つかるでしょう。

 

重要なのは真似してみたい写真を見つけることです。

 

気に入ったものがあれば真似してみる

気に入った写真を見つけたら、真似をしてみましょう。

 

その写真は、

 いつ撮ったのか? 

 どこで撮ったのか?

 どの角度から撮ったのか?

 何を使って撮ったのか? 

こういった事が気になると思いますが、人によってはタグ付けされていたり、コメントで書いていたりしますので、しっかりメモしておきましょう。

 

そして、可能なら真似をしてみましょう。

疑似的に同じ状況が作れるのなら、自身で作ってみても良いです。

とにかく、真似をしてみる。

とても大事なことです。

コレクション機能を使う

気に入った写真はコレクション機能でまとめておきましょう。

 

その時に「いいな」と思っても、カメラを持った際に忘れていることはよくあります。

そんな時はコレクションにまとめ、いつでも見られるようにしておくと忘れにくいです。

 

「風景」「趣味」「人」「動物」など、フォルダ分けしておくと良いでしょう。

 

可能なら上手な人に聞く

多くの写真を見ていると、自分では撮れそうもないものがあります。

 

所詮、デジタル画像なので、切り貼りすることもあるでしょう。

しかし、なにも確認せずCGと決めつけるのもテクニック向上の妨げになります。

 

もし可能なら、撮影者にDMを送って撮影方法などを聞くと良いでしょう。

親切な人なら教えてくれるかもしれません。 

ただ、くれぐれも失礼のないように・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました