ダイソーのセメントでDIY「ちょっと使いに最適」使い方を解説

その他

外構(階段部分)の段鼻が外れました

家の庭に階段がありまして・・・。

道路との高低差部分はセメントレンガで階段にしてあるのです。

で、その階段の段鼻部分が外れてきまして、修理をしようと思ったのです。

 

ホームセンターに行くと数種類のセメントが置いてあったのですが、どれも容量が多いため余らすこと確定。

かといって、コンクリートボンドは割高でコスパも悪い。

 

何かいい方法は無いものかと調べてみたのでした。

 



ダイソーのセメント

たまたま近所のダイソーに行った時に見かけたセメント。

 

500g入りで使い切りに良さそうです。

もちろん110円(税込み)

 

いくつか種類があったのですが、選んだのは防水セメント

自宅に帰り、さっそく試してみるのでした。

 

準備するもの

今回のDIYは、目地のところで外れたセメントレンガの貼り付け。

掃除して貼り付けるという簡単なものです。

ですから、初心者でもそれほど難しくないでしょう。

 

ということで、準備をします。

ダイソーのセメント以外に準備したものは、

バット

左官ゴテまたはヘラ

ハンマー

タガネ

使い捨てビニール手袋

ゴーグル

マスク

一通りそろったら作業に取り掛かります。

 

作業1:セメントレンガの取り外し

セメントレンガが外れたといっても、目地部分のモルタルは残っています。

再度、セメントレンガを施工する際は、このモルタルが邪魔になります。

ということで、セメントレンガを取付けていたモルタルを除去します。

 

使うのはハンマータガネ

目地に添ってタガネを当ててハンマーで叩き割ります。

一度にやろうとすると、不必要な部分まで割ってしまいますので、少しずつ削るように割ってください。

割る際、モルタルやコンクリートの破片が飛ぶので、ゴーグルをしましょう。

破片が目に入ると大変です。

 

 

作業2:セメントを混ぜる

次はダイソーのセメントと混ぜます。

今回使用した商品は、一袋500gに対し、水は100gの割合です。

 

使い切るため一袋全てバットに入れ、水と混ぜます。

混ざりにくい部分もあるので丁寧にやってください。

 

また、セメントを触る際はビニール手袋を必ずしてください。

セメントは強いアルカリ性なので皮膚にダメージを受けます。

万が一目に入った場合は眼科の診療を受けてください。 

混ぜる際、セメントの粉が舞うのでゴーグルマスクをしましょう。

自宅に左官ゴテが無かったので、パテ用のヘラを使用しています。

混ざればOKという事で。

 

作業3:セメントを塗る

セメントが混ざったら、さっそく塗っていきます。

 

厚さは10mmぐらいで、なるべく均一になるようにして下さい。

端の方は薄くなりがちなので注意が必要です。

一度に塗ろうとせず、少しずつ塗り広げるとやりやすいです。

 

垂直面などセメントが塗りにくい場合は、セメントレンガの方に塗ると上手くいく場合もあります。

そのあたりは状況に応じて施工するようにして下さい。

作業4:セメントレンガを取付ける

セメントは少し多めぐらいがちょうどいいです。

目地からはみ出た部分は、ヘラ等でならせば綺麗に見えます。

 

こんな感じになりました。

100均商品&素人施工ですので、多くを望んではいけません。

押さえるべきポイントは、

目地(溝部分)にしっかりセメントが詰まっていること。

セメントが収縮した際にヒビが入らないこと

セメントレンガが斜めになっていなこと。

といったところです。

 

お値段以上のセメント

ダイソーのセメントはお値段以上だと思います。

500g入りの袋で、セメントレンガ2個を施工するのにちょうど良いぐらいでした。

 

セメント以外にも道具が必要ですが、それはホームセンターのセメントも同様です。

1回使い切り500gは使い勝手が良いです。

ぜひお試しください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました