ダイソーの貝むきで牡蠣はむけるのか?「100均商品と侮るなかれ」実際に牡蠣をむいてみる

その他

牡蠣が届きました

ふるさと納税で気仙沼から牡蠣が届きました。

かなり大粒です。

牡蠣美味しいですね。

 

毎年、的矢に食べに行っていたのですが、行きつけの店が閉店になってしまったので、今年は行けず残念でした。

 

さて、自宅へ取り寄せたのはいいものの、問題はどうやってむくか。

牡蠣は硬い殻に入っているため簡単にはむけません。

 

説明書を見るとマイナスドライバー等を使うと書いてあったのですが・・・・自宅にあるマイナスドライバーは、わりとバイオレンスな使い方をしているので、バイ菌が入ってお腹が痛くなりそうです。

 

そんな時、ダイソーで見かけたのがつば付き貝むき

肉厚で牡蠣の殻にも耐えられそうです。

という事で、物は試しに買ってみました。

 

ダイソーのつば付き貝むき

皆さんご存じダイソー

100均のはしりとして有名であり、どこにでも店舗がありますね。

 

近所の店舗は大型店であったため、こんなマイナーな商品も置いてありました。

もちろん税抜き100円です。

刃の長さは6cmぐらい。

エッジは丸く加工されており、手を切る心配はなさそうです。

 

肉厚なので、少しぐらい捻っても壊れることも無さそうですね。

まあ、壊れても100円なので心のダメージは少ないです。

  



さっそく牡蠣をむいてみる

牡蠣をむくのに必要なのは、以下のものです。

・ダイソーの貝むき

・軍手

・キッチンばさみ

 

牡蠣の殻は鋭いので手を切りやすいです。

必ず軍手をしましょう。 

 

まずは水洗い

まずは牡蠣を貝殻ごと水洗いします。

貝殻の表面にはゴミヌメリが付いていますからね。

落ちにくい場合はタワシを使っても良いと思います。

 

貝柱の位置を確認

貝を開けるには貝柱を切断しなければいけません。

まずは貝柱の位置を確認しましょう。

 

牡蠣は2枚貝です。

横から見ると下の貝殻が膨らんでおり、上の貝殻はまっすぐに近いです。

貝の上下が分かったら貝を上から見ましょう。

貝柱はだいたい赤丸の位置ぐらいにあります。

 

この位置を目指して貝むきの刃を入れるのです。

 

貝むきの刃をねじ込む

牡蠣の貝殻には隙間がほとんどありません。

 

ですから貝むきの刃を入れる際は、ある程度力業になります。

貝むきの刃先で貝殻の隙間を探すと、刃が入りやすそうな場所が、いくつかあると思います。

そこへめがけて貝むきの刃をねじ込みます。

 

ねじ込んだら、貝柱の位置を目指しましょう。

まずは、上の貝殻の貝柱を切断するのです。

 

上の貝殻に沿わすように、刃をスライドさせていくのがポイントです。

 

刃が入る隙間が全く無い場合は、キッチンばさみ貝殻の端を切ると良いでしょう。

貝むきの刃が入りそうな、隙間が現れてくると思います。

 

 

貝を取り出す

上の貝柱が切り離せたら、ゆっくりと上の貝殻を外しましょう。

上の貝殻に身の一部がくっついている場合もあるので、ゆっくり開けるのがポイントです。

まな板の上など、安定した場所で作業してください。

上の貝殻は、そのまま外してしまいましょう。

 

上の貝殻が外れたら牡蠣と下の貝殻をつなぐ貝柱を切断します。

貝柱の位置は上下同じですので、下の貝柱にスライドさせるように貝むきの刃を入れます。

貝柱が切り離せたら、そっと身を取り出します。

置いておくと、結構汁が出るので、少し深めの皿などに入れる方が良いですね。

 

水洗い

身取った牡蠣は水洗いします。

牡蠣の身を殻から外す際に、殻の破片が付いていますのでよく確認してください。

 

食べる時に痛い目を見ないように・・・。

 

 

あとはお好きな調理法で

今回のふるさと納税では牡蠣が18個入っていました。

一度では食べきれないので色々な調理法が楽しめそうです。

 

牡蠣鍋、焼き牡蠣、牡蠣フライ、から揚げ、蒸し牡蠣・・・お好きな方法でどうぞ。

 

牡蠣は足が早いので食べきれない分は冷凍庫へ・・・。

しばらくしたら、また楽しむことにします。

  

ダイソーのつば付き貝むきは使える

ダイソーのつば付き貝むきはお値段以上と考えます。

構造は単純ですが、使いやすく丈夫です。

 

牡蠣を18個むきましたが、壊れるようなことはありませんでした。

刃の幅も肉厚もありますし、マイナスドライバーのようにエッジがありませんので手を切る心配も少ないです。

丈夫で使いやすいダイソーのつば付き貝むきは、お勧めの商品といえます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました