タムロン 90mm マクロレンズの使い心地と動作状況 for Nikon D750 Z6

機材レビュー

マクロレンズ?

マクロレンズ

マクロレンズとは、接写の出来るレンズです。

 

最近はスマホのカメラにもマクロモードが追加され、身近になったと感じる人もいるかと思います。

また、一部のデジタル一眼用ズームレンズでも、疑似的にマクロ撮影が楽しめるものがあります。

 

ただ、本格的なマクロレンズ単レンズが多く、気軽に手を出すのが難しいと思います。

マクロ撮影しなければ、ただの単レンズですからね。

 

タムロンSP90mmマクロレンズ

タムロンSP90mmマクロレンズは、通称タムキューと呼ばれ、マクロ撮影する写真家に親しまれています。

  

初代は1979年に発売され、現在は7代目となっており、人気の高さが伺えます。

今回、使用するのは5代目に当たる272Eというモデル。

 

ただ、ニコンマウント272Eにはバリエーションがあって、272E絞りリングありのレンズ内モーター無し

そして、272ENⅡ絞りリングなしのレンズモーターありです。

 

何が変わるかというと、前者はボディ内モーター用ですので、レンズ内モーター専用の一眼カメラではMFとなります。

ですから、ニコンのZシリーズD3000シリーズD5000シリーズでの使用は注意が必要です。

 

予算の関係上、安い方の272Eを探していたのですが、あまりカメラ用レンズに詳しくない骨董品店が、272ENⅡを格安で出していたので、即決で買ってしまいました。

相場の半額ぐらいです。

 

ちょっと得した気分。

 



 

SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO (Model 272ENⅡ)

価格があまりに安かったので、少し心配していましたが、届いた商品はお値段以上でした。

骨董品店や質屋など、レンズに詳しくない店では、販売価格が安くなりがちです。

覚えておいても損はないでしょう。

タムキューは歴史があるため、古いモデルの場合、カビクモリが発生しているものが多いです。

今回、入手した製品も2008年発売のため、発売後10年以上経過しています。

決して最新型ではないので、ある程度の覚悟は必要なのです。

 

272ENⅡは、レンズ内モーターでのAFが可能です。

ピントリングを引くとMFモードになるので、素早いAF/MF切り替えが可能です。

MFにした際に、ピントリングにトルクがあるのもポイントが高いですね。

  

Z6で動かしてみる

ニコンのZシリーズ動作しないレンズが多いです。

このレンズもAFは正直微妙です。

 

距離40cm→30cmなど、小さく動かす場合は、しっかりとピントが合うのですが、∞→30cmなど、大きく動かす場合は、ピントが動かない事が多いです。

その場合は、MFである程度ピントを合わせておき、細かい部分をAFに任せるといった使い方ができます。

 

まあ、ここまでくれば、全てMFで合わせても良いでしょうね。

ニコンミラーレスにFTZを組み合わせてのAF撮影は、わりと微妙なので覚悟しておきましょう。

 

参考までに、D750では問題なく動作します。

 

マクロ側になるほど暗くなる

このレンズは、被写体との距離が近くなるほど、鏡胴が伸びます。

本体だけで見ると、倍ぐらいになるので最初は驚くかもしれません。

 

鏡胴が長くなりますので、その分暗くなります。

レンズの呼び称でF2.8となっていますが、F2.8距離∞の時の話で、マクロ側にするとF5.6になります。

 

これは、こういった仕様ですので、どうしようもないです。

故障ではありませんので、覚えておいてください。

 

AFが忙しい

このレンズは被写界深度が非常に浅いため、少し動くだけで被写体との距離が変わったと判断され、AFが動きだします。

 

特に手持ちの場合は、微妙に動くためAFが動き続けて、たいがい煩いです。

マクロの機能を安定して使おうとすると、三脚での固定が望ましいです。

 

スマホのように「手軽にマクロ」とはいかないと思ってください。

その分、ボケ味は圧倒的に美しいと感じます。

<マクロ撮影:耳かきの先端>

 



撮影法を考慮するとAF使えなくても良い?

5代目タムキューの、レンズ内モーター搭載モデルは、Z6においてAF動作に一部不具合がありました。

古いモデルですし、メーカーも動作保証しておりませんので、仕方が無いかと思います。

 

しかし、マクロレンズを使っての撮影方法を考えると、AFは使えなくてもそれほど困らないです。

三脚に固定し、ピントはライブビューで拡大して、MFで合わせる方法ですと、問題なくピントが合わせられます。

 

逆にAFですとフォーカスポイントに縛られて、自由なピント合わせが出来ないかもしれません。

無くてもいいように感じます。

 

タムキューは近寄ってMF撮影が楽しくなる1本といえるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました