郵便切手をなるべく高く売る方法「買取、交換、アプリ」

その他

切手収集

切手収集が趣味という方は、結構いらっしゃるかと思います。

 

郵便切手は本来、郵便事業に使用するための料金前納を証明する証紙です。

ただ、郵便切手には様々な図柄やシリーズ物があり、コレクター心理を刺激するのも確かです。

 

コレクターでなくても、なんとなく集めていたという人も、少なくないのではないでしょうか?

自身も小学生の頃、クラスで流行っていたというのもあり、集めていました。

 

ただ、今となっては興味が無くなってしまいましたので、なんとか当時集めたものを現金化できないかと考えたのです。

そこで、実際にいくつかの方法を試してみましたので紹介します。

 

現金化の手段は少ない

調べて分かったのですが、郵便切手を現金化する手段案外少ないです。

また、現金化する際に手数料が発生したり、買取相場が決まっていたりと、額面通りのお金が戻ってくることはまずありません。

 

そういった面も考慮して、今も切手収集をしてている人は楽しんで欲しいと思います。

「将来的に価値が上がるだろう」と考えていても、そういった切手はごく一部です。

もし、切手自体に興味がないのであれば、サッサと手放すことをおススメします。

 

それでは実際に行った現金化の方法を調査だけした内容も含めて紹介します。

 

 

ヤフオク

「コレクション品といえばヤフオク」と思い、まずはヤフオクに出品してみました。

 

結論から言えば、ヤフオクも一定の相場が出来ているため額面通りで売れれば御の字です。

理由としては、

落札側選択肢が多い

落札側送料がかかる

出品側手数料がかかる 

といった感じに、選択の自由があったり、余分なコストが発生するためです。

 

また、写真を撮影して、説明文を書いて、出品するという作業は、想像以上に面倒です。

結局のところ、額面を提示して、まとめて出品という形を取ってしまうかもしれません。

例えば、「記念切手5,000円分!」といった感じですね。 

時間に余裕がある人向けの方法といえます。

 

また、メルカリでは未使用の切手(円)の出品が禁止されています。

運営から削除されますのでご注意ください。

 

出張買取り

最近は、出張買取をやってくれるところが多くなったので、そういった店を利用するのも良いです。

ただ、正しい査定をしてくれる所でないと、安く買いたたかれるので注意しましょう。

 

ポイントとしては、

ポイント1切手専門の査定員がいる

ポイント2全国出張可能

この2つは重要です。

 

代表的なところでは、

 バイセル

 買取プレミアム

 福ちゃん

などがあります。

 

記念切手等で高値がつくものは、相場で査定してくれますので安心できます。

査定のみでもOKですので、一度来てもらうのも良いかもしれません。

 

ただ、買い取り実績を見て、過度に期待するのは止めた方が良いでしょう。

参考までに、バイセルで出張査定をしてもらった時は、以下のような感じでした。

 全体として額面の8割程度

 バラよりシートの方が査定が高い

 状態が悪いと査定が大きく下がる

 査定時間はわりと短め

 



買い取り専門店

買い取り専門店の利用は、あまりお勧めできません。

正直、持って行く時間が勿体ないです。

 

理由としては、買い取り額の安さ

特に切手収集をしていた頃は、10円20円40円など額面が小さい切手が多かったのですが、現在はこういった額面にあまり需要がありません。

 

ということで、需要が少ない額面の切手は買いたたかれます。

シート状でも、査定はあまり上がりませんでした。

全体として額面の6~7割程度

 

全ての買い取り専門店がそうとは言えませんが、ネット上のコメントも似たようなものが多いので、全国的な傾向といえるかもしれません。

家に誰も来て欲しくないというような人には、向いているかもしれませんね。

 

郵便局

使わない未使用切手は、郵便局での利用も頭に入れて良いと思います。

 

郵便切手は、郵便事業に使用するためのものです。

国内切手なら額面通り利用できます。

 

手紙の発送はもちろん、ゆうパックの利用や書留速達料金料金別納にも使用できます。

また、レターパックについては、手数料を追加することによって購入することが出来ます。

 

更に、切手を額面交換するのも一つの方法です。

買取の場合、1枚あたりの額面によって高く買い取ってもらえる場合があります。

 

例えば、10円切手1,000枚より、1,000円切手10枚の方が、買い取り査定が高くなることがあります。

但し、郵便局で切手を交換してもらうためには所定の手数料が発生します。

これも考慮して判断しなければいけません。

少し面倒ですね。

  

シンプルに郵便事業で使う方が良いかも

日本で郵便切手収集の流行が起きたのが、昭和40年~50年頃といわれています。

ですから、その頃の切手が残っている家庭は多いです。

 

多く残っているという事は、需要に対して供給が多くなるという事です。

「50年も前の切手だから価値があるだろう」と思っていても、査定をすると予想以上に安いことは珍しくありません。

 

保存状態もあります。

「流行しているから買った」という人の多くが、正しい保管をしているとは思えません。

切手といえど印刷物ですので、劣化シミカビ黄ばみのり落ちなど状態の悪化が起きます。

こうなると査定金額に大きく影響します。

 

額面以下であるのなら、郵便事業で使う方が良いと考えます。

古い切手であっても額面通り使えますので、買取よりは良いでしょう。

 

ただ、大量にあって使いきれないのであれば出張買取をお勧めします。

ほとんどの場合、額面以下にはなってしまいますが、ヤフオクへの出品手間や、郵便事業での利用手間を考えたら悪い選択肢ではありません。

今後も、郵便料金は上がると予想されますので、動くなら早い方が良いでしょう。

 

やってはいけない事としては、買い取り専門店、質屋、リサイクルショップ等に持って行くことです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました