投資のマインド・株の売り時と買い時・暴落に備える

投資

株式投資

株式投資はリスクは大きいと考えます。

これは銀行預金と比較した場合です。

ただ、注意していただきたいのは、一般的なリスクと、投資におけるリスクは違います。

リスクというと危険なイメージがあると思うのですが、投資におけるリスクとは上下の振れ幅です。

上に振れた場合をリターン、下に振れた場合をロス、その振れ幅がリスクです。

 

投資用語ではボラティリティ(略してボラ)とも呼びます。

 



株は値上がりすると嬉しいが・・・

株を保有していて、購入した金額より値上がりすると嬉しいものです。

売却して利益確定しなくても、自分の資産が膨らんでいるのが目に見えて分かるので、良い気分になります。

 

しかし、株式投資をしている人の9割以上は負けていると言われています。

負ける要素として多いのは、

 ギャンブルのような買い方

 レバレッジ(借金)かける

 企業名だけで買っている

 中身が分からないものに投資している

 焦って売買

 頻繁に売買を繰り返す

等があります。

こういった事をする人は、株式投資はおろか他の投資にも向いていません。

まずは、自身のマズい部分を直す必要があります。

 

 

最も重要なのは損をしない事

投資で最も重要な事は損をしないことです。

 

ウォーレンバフェットも、金持ちになる2つのルールとして、このように言っています。

 第1ルール、損しないこと

 第2ルール、第1ルールを忘れるな

 

投資をする多くの人が、投資で利益を得ることを考えがちですが、この名言は「損をしないこと」の重要性を謳っています。

 

重要なのは損をしないこと。

簡単に言いますが、なかなかできる事ではありません。

 

何をもって”損”と考えるかの尺度も重要なのです。

 

 

損と負けているは違う

株式投資をしている人の9割は負けていると書きました。

しかし、株式投資をしている人の9割が損をしているとは思いません。

 

負けているは現状であって、損は確定的なものです。

現在、負けている株を全て現金に換え、損切りした時点で初めて”損”は確定されるのです。

 

では、現状で保有している株式が、10%マイナス(負けている)だとしましょう。

100万円買ったのに、90万円になっているような状態です。

 

この株式が将来的に有望なら、そのまま保有する理由になります。

しかし、企業活動が先細りだったり、業界自体に未来が無いような場合は、サッサと手放し(損切りし)て、将来有望な企業の株に乗り換えた方が、損する確率は少ないです。

 

 

買った理由は何?

ただ、何でもかんでも損切りをしていると、資金がいくらあっても足りません。

損切りする、しないの判断をする重要な思考を一つ紹介します。

 

それは

「買った理由は何?」

という事です。

 

その企業に投資をするという事は、何らかの理由があったはずです。

 業績が好転した 

 業界が成長している 

 配当金が多い

 株主優待が欲しい

これは買った人によってバラバラだと思います。

 

ですから、売る理由はこれの逆です。

 業績が悪化した

 業界が収縮基調にある

 減配が発表された

 株主優待が無くなった

こうなったら保有する理由はなくなります。 

逆に市場全体が暴落している時でも、買った理由から外れていなければ、保有し続ける理由になります。

今、含み損を抱えている人。

自分の保有している銘柄を確認してみてください。

 

買った理由を全て答えられますか?

答えられないものは、サッサと手放しましょう。

アナタは中身の分からないものに投資しているのです。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました