ここを直すともっと良くなるNIKKOR Z 24-120mm f/4 S

機材レビュー

NIKKOR Z 24-120mm f/4 S

NIKKOR Z 24-120mm f/4 Sは2022年1月に発売された標準ズームレンズです。

同社のSラインシリーズで、f/4通し小三元レンズです。

コンパクトで描写が良く、評判も上々です。

 

そんなNIKKOR Z 24-120mm f/4 Sについて「ここを直したもっと良くなるのにな~」という点を挙げてみました。

描写やメカニカルな部分は除いています。

あくまで個人的な感想ですのでご了承ください。

 



 

重すぎるズームリング

このレンズを使っていて最初に感じるのはズームリングの重さです。

 

回転式のズームリングを採用しているのですが、同社のNIKKOR Z 24-70mm f/4 Sと比べると重く感じます。

テレ側が70mmと120mmという違いがありますが、FマウントのAF-S VR Zoom-Nikkor 24-120mm f/3.5-5.6G IF-EDと比べても重いので仕様だと思います。

ただ、標準ズームレンズとしては少し重すぎるような・・・。

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDと同じぐらいになればストレスは無いですね。

 

 

ゴミが溜まるリングゴム

これはNikkorZレンズ全般に言えるのですが、ピントリングやズームリングのラバーパターン溝が細くなったため、細かい埃が溜まりやすいです。

また、ラバーは黒いので埃が良く目立つのです。

 

掃除をする際も、溝が細くてブラシが入りづらいため手間がかかります。

もちろん、指先や爪で落とすことは困難です。

 

最近は全体的にこういった細かいパターンのラバーが主流のようです。

個人的には昔ながらのゴツゴツした大きめのパターンの方が扱いやすいと感じます。

 

傷つきやすいレンズフード

レンズフードは余計な光の写り込みを防止するために重要です。

最近のレンズフードはより効果を上げるために、レンズフードの内側に特殊な加工が施されています。

これがかなり傷つきやすく、跡も残りやすいです。

特にレンズフードをはめたまま、レンズキャップの脱着を繰り返していると、レンズフードと当たって傷だらけになします。

白っぽい傷が無数にできて、結構みっともないのでこの点は改善して欲しいと考えます。

 

 

価格を考えれば文句はなし

NIKKOR Z 24-120mm f/4 Sは価格を考えれば文句はありません。

もちろん大三元レンズと比較するなんておかしな話です。

 

ただ「あとちょっとここを直したらいいのに」というのはあります。

些細なことですが、マイナーチェンジの際に変わると良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました