アカツキ チャリティ撮影会・こもれび森のイバランド【デコトラ撮影会場情報】

トラックイベント

2023年1月8日アカツキ チャリティ撮影会です。

場所は昨年と同じ茨城県こもれび森のイバランド

 

会場情報注意事項等をまとめましたのでご確認ください。

 

こもれび森のイバランド

こもれび森のイバランドは茨城県の中部にある、自然体験型テーマパークです。

敷地内には遊戯施設、牧場、飲食施設、キャンプ施設などがあります。

 

総面積:約27万平方メートル。

営業時間:10時 – 17時(季節によって変動あり)。

公式ホームページ

公式フェイスブック

公式インスタグラム

公式ツイッター

 

トラック以外にも車のイベント会場として使われることがあります。

そんな、こもれび森のイバランドでのアカツキ チャリティ撮影会について確認していきましょう。

 



 

会場へのアクセス

こもれび森のイバランドへは車での来場が便利です。

 

首都圏中央連絡道路(圏央道)稲敷インターチェンジで降車。

インターチェンジ出口の信号を右折し、県道49号線を南へ進んでください。

しばらく走り突き当りにある羽賀丁字路の信号を右折、その後2kmほど進み松山の信号を右折します。

国道408号線3kmほど進むと左手に看板が出ていますので、T字路を右折するとこもれび森のイバランドに到着します。

  

なお、このルートは若干狭い場所が多くなっていますので、別ルートとして牛久阿見インターチェンジを利用する方法もあります。

牛久阿見インターチェンジで降車し、そのまま直進。

岡見下宿の交差点を左折し国道408号線にのります。

道なりに9kmほど走ると、右手に看板が見えてきますので、そのT字路を左折するとこもれび森のイバランドに到着します。

 

会場の状態

会場はテーマパークの駐車場であり、舗装もされています。

入口もそれなりに幅があり、高低差も無いので条件は良いです。

  

会場の大きさは広めです。

ですからトレーラーも入場しています。

ただ敷地の形状が概ね五角形であるため、トラックを見て回ってもそれほど歩く距離は伸びないでしょう。 

勾配もほとんどないので、あまり疲れないと思います。

  

会場の見どころ

アカツキ チャリティ撮影会の見どころは普段見られないような車両が見られることです。

遠方からも珍しいトラックが参加しますので楽しめると思います。

 

また、例年名車紹介も実施されていますのでそれも見どころのひとつです。

 

トラックの撮影については場内のみとしてください。

例年、会場付近の道路で撮影を行っている人間がいる為、苦情が出ております。

この会場においては場外での撮影を推奨しません。

 

場内においても進入路等で撮影を規制しております。

イベント主催者の指示に従って下さい。 

今後、イベントを続けていくためにもルールは守りましょう。

私有地や路上への駐車も厳禁です。

 

何度も言いますが、撮影はイベント会場内で行ってください。

  

注意事項

アカツキ チャリティ撮影会での注意事項です。

よく読んでください。

 

・路上駐車禁止

私有地や路上への駐車は禁止です。

 

・招待制イベントです

今回のイベントは招待制です。

招待状の無いトラックは入場できません。

 

・入場料等

入場料はトラック1台につき3,000円、普通車は500円です。

 

・騒音への配慮が必要です

近隣に住宅が点在します。

会場付近および会場内のでのラッパ空ぶかし街宣など騒音の元となる行為は禁止です。

 

新型コロナ感染対策実施

新型コロナ感染対策を実施しています。

マスク着用手指消毒検温にご協力ください。

  

・会場内でのバーベキュー禁止

荷台上を含め会場内でのバーベキュー禁止です。

また、吸い殻、ゴミは各自お持ち帰りください。

 

・飲酒運転禁止

飲酒運転は禁止です。

アルコール類の販売はありません。

お酒が残る場合もありますので、運転する人は飲まないようにして下さい。

 

入退場時間

入場時間は朝7時からで、18時には完全撤退となります。

特にギャラリーは注意してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました