哥麿会のイベント どこで撮るか解説【デコトラ撮影ポイント情報】

デコトラ

哥麿会チャリティ撮影会

哥麿会のチャリティ撮影会2022年5月4日に開催される予定です。

場所は和歌山県和歌山市のコスモパーク加太

開催場所の詳細は以下の記事もご確認ください。

コスモパーク加太の会場情報【デコトラ撮影会場情報】
2022年5月4日、和歌山県和歌山市の「コスモパーク加太」で哥麿会チャリティ撮影会が開催されます。 そこで事前情報として調査したことを紹介します。 イベント当日になって慌てないように注意しましょう。

 

撮影会場から離れた位置で撮る利点

デコトラの撮影会が行われる際、必ず撮影会場から離れた位置で撮れるか検討します。

理由の一つは他の人と違う写真が撮れるという事。

そしてもう一つは背景が選べるということです。

これは差別化するにおいて大事なことです。 

 

「どうやったら綺麗に撮れるんですか?」という質問をよく受けますが、こういった地味で泥臭い努力をしているからです。 

「何でもいいから写っていたらOK」という方は、こういった記事は読み飛ばしていただいても良いかと思います。

  

進入路を予測する

デコトラの撮影会において、会場から離れて撮る場合に重要なことは進入路の予測です。

トラックがどのルートで会場入りするか予測することが大事なのです。

待てど暮らせどトラックは通らずという状況では、いくらカメラを構えていても写真は撮れないのです。

 

そういった意味では、今回の撮影会場はほぼ一本道なので撮影しやすいかもしれません。

しかし、一本道ということは予想がつきやすく、競合が多いということです。

ですから、ある程度他人と写真がかぶるのは仕方がないと諦めましょう。

 

 

和歌山北インターチェンジルート

関東、中部、関西含め多くの地域から来るトラックは和歌山北インターチェンジで降りると予想されます。

ですから、今回のルート予想は和歌山北インターチェンジ一択で問題ないかと思います。

近県のトラックは下道で来るかもしれません。

ですから、全てを網羅するのは諦めましょう。

 

三ツ池南交差点付近

和歌山北インターチェンジで降りた場合、県道139号線を西に走り、どこかの段階で北上して県道7号線にのる必要があります。

県道139号線は細いため撮影できる場所はほぼありません。

更に県道7号線も市街地部分は高低差がなく、背景が煩雑となるため撮影に向きません。

走る距離のわりには撮影スポットとなる場所が少ないのが欠点です。

 

三ツ池南交差点付近から風景が落ち着き撮影しても背景が煩雑になりません。

交差点から西に200mほど歩くと、右カーブとなっているためいい画が撮れそうです。

駐車場がないのと逆光になるという難点はありますね。

 

コスモパーク加太入り口(磯の浦)付近

県道7号線を右折し、コスモパーク加太へ向かうT字路も撮影スポットとして候補にあげられます。

ただ、手前の交差点を曲がるトラックもいるかと思います。

風景としてはこちらの方が良いのですが、手前で曲がるトラックが多いようでしたら移動するほうが良いでしょう。

駐車場なしの逆光です。

くれぐれも車を歩道に止めないようにしてください。

 

粉河加太線の直線道路

イベント会場入り口から1kmほどの距離にあるこの位置は撮影スポットとして適しています。

左カーブからの直線で登り坂となっていますので超望遠で狙うと良いです。

会場から1kmほどなので歩けない距離ではありません。

晴れた場合、暑さ対策として帽子タオル水分は忘れないようにしてください。

この時期の太陽光はわりとバカにできないのです。

 

会場内で撮る

今回の撮影会場までのルートを考えると、あまり良い撮影スポットはありません。

駐車場がなかったり、逆光だったりするので条件は良いといえないのです。

 

だったら、いっその事会場に入ってくるトラックを待つというのも一つの手です。

これは会場前の直線で撮るという意味ではありません。

文字通り会場内に入って、並べられるまでを狙うというものです。

 

利点としては、

 午前中は順光である。

 歩く距離が少なくて済む。

 イベントも同時に楽しめる。

 

今回の撮影会場は広いです。

ですから、外にこだわらずこういった場所で待ち構えるというのも一つの方法かもしれません。

 

撮影に際して注意

撮影に際して注意したいことがあります。

・安全に配慮する。

・駐車する際は適切な場所で。

・車道で撮影しない。

・同じ場所に長時間居座らない。

・三脚を立てて撮影しない。

 

また、今回の撮影会場で重要視しなければいけないのは、進入路がバス路線と重なるということです。

バス停を占拠することはもちろんのこと、片側2車線だからといって路上駐車してはいけません。

公共交通機関を敵に回して良いことは何一つないのです

  

思わぬところから苦情が出て撮影会が中止に追い込まれることもあります。

ひとりひとりが周りに目を配れば防げることなので、気を付けて撮影しましょう。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました