東海道 関宿 祇園夏祭に行こう

その他

関宿祇園夏祭り

関宿祇園夏祭りは、関宿の夏を彩る伝統行事です。

江戸時代には、京都祇園、住吉天神祭と並んで関西五大祭の一つとされ、文化年間には絢爛豪華な16台の山車が練り歩きました。現在は、中町三番町・同四番町・木崎・大裏の4台が練り歩き(巡行し)ます。

「そこまでが精一杯」と云う意味で使われる「関の山(やま)」と云う言葉も、この祭りの山車が語源となっており、山車が東海道をふさぎ、これ以上通るに通れない様子を現しています。

<観光三重より引用>

 

会場は東海道関宿街道沿い

関宿祇園夏祭りは、三重県亀山市、東海道関宿の街道沿いで行われます。

 

神輿の渡御山車の巡行子ども山車など昼から夜にかけて催しが開催されます。

開催日当日は、東海道(西の追分~東の追分)に車両は入れませんのでご注意ください。

 

スケジュール

2022年、関宿祇園夏祭りのスケジュールは以下のとおりです。

 

◆神輿の渡御 ※雨天決行

 16日(土) 午後1時~5時 関神社~御旅所
 17日(日) 午後1時~5時 御旅所~関神社

  
◆山車の巡行 ※雨天中止 

 16日(土) 午後5時~午後9時30分 街道一帯
 17日(日) 午後5時~午後9時30分 街道一帯

 

◆子ども山車巡行 ※雨天中止

 16日(土) 午後1時~午後2時 関の山車会館~旧落合家住宅

◆行灯飾り ※雨天順延

 16日(土) 午後6時~午後8時30分(点灯時間)

 

 

見どころ

関宿祇園夏祭りのみどころは、山車の巡行です。

両日とも夕方5時ごろから4台の山車が練り歩きます。

 

また、祭りのクライマックスとして「舞台回し」が行われます。

関宿の山車は台車から上が回転する構造になっています。

<舞台回しの様子>

これは県下の山車にはない構造で、最大の見どころのひとつです。

一度、見ることをお勧めします。

 

主に「舞台回し」をするのは、地蔵院関神社まちなみ案内所前となっています。

土日で回す場所は変わりますが、それぞれ場所を押さえておきましょう。

 

山車の巡行は雨天中止となりますので、ご留意ください。

また、巡行中に雨が降ってきた場合についても、早期撤収となります。

 

これ以外にも、普段は閑散としている関宿も当日は華やかな様相となります。

いつもと違う関宿を楽しむのも良いかもしれません。 

 

 

交通アクセス

交通アクセスは以下のとおりです。

 

公共交通機関でお越しの方】

JR関西本線・関駅下車、関駅前信号を渡り北向きに徒歩5分。

 

【車でお越しの方】

関小学校グラウンドが臨時駐車場となります。

 

国道一号線、小野川橋西詰信号より進入してください。

進入路が狭いのでバスや2tクラス以上のキャンピングカーは入れません。

また、地蔵院口からは入れませんのでご注意ください。

当日は交通誘導員が立っています。

駐車場の場所が分からない場合は確認してください。

 

コロナ禍の注意事項

2022年はコロナ禍での開催ですので、いくつか注意事項があります。

密を避け、手指消毒など感染症対策をしてください。

例年ですと、山車を4台の山車を並べて舞台回しを行うのですが、今年は個々に回します。

神輿は密集を避けるため、車両による渡御となります。

 

注意事項を守って祭りを楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました