要注意、金配りアカウントで詐欺に遭わないためにすること

ネット

金配りアカウント

SNSには多くの金配りアカウントプレゼントアカウントが存在します。

出現頻度や内容からすると、ある程度の人が引っ掛かっていると想像します。

 

「怪しい」と思っていても引っ掛かるのが詐欺です。

では、どうすればいいのか?

具体的な例を見ながら解説します。

 

金配りアカウントRTで捕まる

大前提として、世の中にタダのものはありません。

タダの裏には何らかの思惑があります。

 

ましてやお金が貰えるなんてあり得ません。

これは指先ひとつで逮捕まで至る例です。

真偽は別として、内容としては充分あり得ますので中身を見てみましょう。

これはTwitterに投稿されたものです。

金配りアカウントを見つけて応募したら、逮捕されたという悲惨なものです。

この投稿から、想像できる範囲で中身を解説していきましょう。

 

まず、”ツレの息子”さんはTwitterの金配りアカウントに応募したようです。

「友達追加とリツイートで〇〇が貰える」の現金版ですね。

リツイートさせることにより、被害者を増やそうとしているのが悪質です。

 

そして、「2万円当選した」という連絡を受け、振込先として自身の口座番号を教えます。

まず、これが犯人グループの第一の目的であり、一連の詐欺行為はこの時点で半分終わっています。

 

気が付くことは無いと思いますが、この裏で犯人グループは別の詐欺を働いています。

「オレだけど会社に損害出させちゃったから200万円振り込んで」って。

いわゆる特殊詐欺ですね。

 

運悪く特殊詐欺に引っ掛かった被害者Aさんが、お金を振り込んだのは”ツレの息子”さんの口座。

ただ、このことを知らない”ツレの息子”さんは、2万円の振込予定に対し200万円の振り込みがあったため返金することになります。

 

ここからも巧妙。

返金のお礼として10万円受け取ったことにより共犯にされている。

犯人は足が付きにくいように現金で返金させている。

 

かくして犯人は逃げ、口座を提供する形となった”ツレの息子”さんは受け子として逮捕されたのでした。

 



詐欺に遭わないために注意する事

今回の件は氷山の一角だと考えます。

SNS上には、多くの物配りアカウントや金配りアカウントがあるので、これからも被害は増え続けるかと思います。

 

では、どうすれば防げるのか?

いくつかポイントを挙げます。

 

まず、大前提として「世の中にタダのものはない」ということを頭に入れてください。

そういう考えがあると、金配りアカウントに応募することもありませんし、こういった詐欺に引っ掛かりにくくなります。

 

次に口座番号は安易に教えない事です。

どんな形であれ悪用可能ですので、見ず知らずの人に教えて良いことはありません。

 

そして、振込が多かった場合は銀行立ち合いの元、口座振替で返金するということです。

何も、これは詐欺に限ったことではありません。

どこかの自治体のように、間違って多く振り込むことは充分あり得ます。

そういった時に現金で返金したり、個人間で済ませるのはトラブルの元です。

必ず記録が残る方法を取りましょう。

 

最期にこういったアカウントを、友達登録リツイートしてはいけません。

自分は大丈夫でも、一定数引っ掛かる人がいるのが詐欺の怖いところです。

友達登録にしろリツイートにしろ、投稿内容を拡散していることです。

もし、過去にリツイートや友達登録したものがあれば今すぐ消しましょう。

 

人に相談することも重要

皆さんの周りにはネットの知識(ネットリテラシー)が豊富な人は居ますか?

 

ネットの知識とは「毎日SNSにかじりついてトレンド収集している」ことではありません。

ネットの仕組みや構造、犯罪などに詳しい人です。

 

そういった人が居るのなら、事前に相談するのも良いでしょう。

何が危険なのか?どういた行動がマズいのか?教えてくれると思います。

得をするから飛びつく

面白そうだからやってみる

犯罪の入り口ってだいたいそんなものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました