100均の商品でプラモデルをマジョーラっぽく塗装する方法

その他

マジョーラ塗装

マジョーラは日本ペイントが開発、発売する分光性塗料です。

見る角度や光の当たり方により、様々な色に変化するのが特徴です。

 

プラモデル用にもGSIクオレスから塗料が発売されていますが、かなり高価です。

手軽にやってみたいということで、100均の商品を試してみました。

 

思う所は人それぞれあるかと思いますが、塗装のコツや仕上がりを紹介します。 

 



準備するもの

準備するものは以下のとおりです。

 エアブラシ

 ミラーパウダー

 塗料:クリア

 塗料:ブラック等

 うすめ液

 

ミラーパウダーは100均のセリアに売っています。

6色ぐらいあると思いますが、マジョーラっぽくなるのは濃い青紫のパウダーです。

他の色ですと、それっぽい色が出ませんのでご注意ください。

<濃い青紫のパウダー>

 

ネイルや化粧品のコーナーにあり、2色入って100円(税抜き)です。

これだけ買うと店員さんに、哀れな目で見られるかもしれませんが気にしてはいけません。

 

下地の塗装

塗装はエアブラシで行います。

筆では上手く出来ないと思いますのでご注意ください。

 

エアブラシの空気圧は、通常のラッカー塗料の時と同じでも問題なく出来ました。

空気圧が弱い場合は、うすめ液で薄めれば何とかなりそうです。

また、通常のエアブラシ塗装同様に、塗装したくない部分は事前にマスキングしておいてください。

 

まずは下地を塗装します。

下地は黒色が良いのですが、黒じゃなくても黒っぽい色ならそれなりに発色します。

 

今回は手元にあったMrカラーC28黒鉄色を使用しました。

これを1:1~2ぐらいで薄めます。

 

このあたりは通常のエアブラシ塗装と同じです。

塗料が準備出来たら、エアブラシで塗り重ねていきます。

<黒鉄色で塗装した状態>

ハイ、このとおり真っ黒になりました。

今回は黒鉄色を使いましたので、メタリックになっていますが、通常の黒色で大丈夫です。

 

塗装ブースが欲しい・・・。

 

ミラーパウダーを吹き付ける

下地の黒が塗れたら、十分乾燥させてください。

乾燥しきっていないと、確実に失敗します。

 

また、時間があるなら研ぎ出をした方が良いです。

今回は割愛しますが・・・。

 

ミラーパウダーは、塗料のクリアに混ぜます。

今回使用したクリアの塗料は、MrカラーGX100・スーパークリアGⅢ

それぞれの配合は、

ミラーパウダー 容器の半分

クリア 5~6g

薄め液 15~20g

 

ミラーパウダーを使用すると、エアブラシが詰まりやすくなりますので、薄め液は多めです。

分量は実際に塗装しながら調整してください。

 

また、塗料はカップに入れる前によく混ぜてください。

ミラーパウダーはわりと短時間で沈殿しますので、クリアばかり吹くことになります。

<ミラーパウダーとクリアを混ぜた状態>

たまに出にくくなりますので、エアブラシのうがい頻繁にしてください。

 

ミラーパウダーの塗料は色が薄いので、目立ちにくいです。

2~3回ぐらいは塗り重ねてもほとんど違いが分かりません。

全体で10~15回ぐらい塗り重ねるイメージで薄く何度も塗装してください。

 

塗装終了

塗り重ねる度に、メタリック感が出てくると思います。

どこまで塗り重ねるれば良いかが分かりにくいと思いますが、角度を変えたときに変色すればいいと思います。

念のため、更に2~3回塗り重ねても良いです。

 

ミラーパウダーの塗装は塗り重ね回数が多いため、乾燥が遅いです。

ラッカー系の塗料でも一晩おいた方が安心です。

 

完全に乾燥したのち、研ぎ出しをするとより艶っぽくなります。

 

2022年8月27日

角度が変わると色が変わるのが分かりますか?

 

色や効果はそれなりですが、100均の商品で出来ると考えると十分検討に値するかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました