「デコトラの撮影には派手な服装で行かない方が良い」と思うたった一つの理由

デコトラ

デコトラの撮影

撮影会での撮影、市場や街中で撮影。

デコトラ好きなら色々な場所で撮影を行うことがあると思います。

街中で偶然出会った場合は置いておいて、撮影会やデコトラがいるであろう市場へ行く場合はそれなりの準備が出来ます。

  

いくら撮影の腕に自信があっても、スマートフォンだけでは撮影できる画は限られてきます。

デジタル一眼カメラを持って来ることが出来る、交換用レンズを何本も用意が出来る、三脚やストロボの準備が出来る。

これら全て事前に準備が必要なことです。

ですから準備が出来るというのは、それだけ撮影で優位に立てると思ってください。

更にその準備の中には、服装というものも含まれると思います。 

 



デコトラ撮影時の服装

デコトラ撮影時の服装は地味な方が良いと思います。

一番の理由は自身の写り込み。

 

ステンレスやメッキが中心のデコトラは角度によって自身の姿が写り込みます。

そんな時に派手な色の服を着ていたらどうなるでしょうか。

デコトラの一部にその派手な姿が写り込み写真が台無しになることもあります。

 

特に正面や側面、背面は注意したいです。

反射面と垂直になるため写り込む可能性が高いです。

 

 

夜は目立つ服装の方が良い

昼間の場合は派手な服装をしない方が良いのですが、夜は逆に目立つ服装の方が良いです。

それは、身の安全を確保するため。

 

 

トラックには死角が多いですし、ヘッドライトを点けていても位置によっては暗くて見えません。

特にデコトラの撮影会は、ナイトシーンが始まるとトラックが複雑に動くため注意が必要です。

そういったこともあり、夜は少しぐらい派手な服装の方が良いでしょう。

昼間は気になったステンレス面への写り込みも夜はそれほど気になりません。

安全第一。

これは重要なことなのです。

 

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました