超かんたんなIDとパスワードの上手な管理方法

ネット

IDとパスワード

ネット上のサービスにはIDとパスワードを入力するものがほとんどです。

これを盗まれると、なりすましなどの被害に遭うので怖いですね。

銀行などをネットバンキング化していると、預金が盗まれることもあります。

犯罪者は心の隙を突いてIDやパスワードを盗もうとするんですね。

 

重要なIDとパスワードですが、案外ずさんな管理をしていることもあります。

某大企業サーバのパスワードが初期値のままだったり、未だに123456なんてパスワードがトップなんて事実もありますからね。

世界的に見ると男性はliverpoolcolocoloなどスポーツに関連した人気で、女性はiloveyusunshineなど愛を感じさせる言葉が人気だそうです。

人気だという事はそれだけ想像されやすく、ハッキングを受けやすいという事ですね。

あまりいいデータではありませんが、心に留めておく必要があります。

 



推測されにくいIDやパスワード

IDやパスワードは推測されにくいものにした方が良いです。

名前、地名、誕生日等安易に推測できるものは相応しくありません。

ではそのようなものが良いのでしょうか。

 

具体的には以下のようなものが良いです。

・文字数が多い(最低8文字以上)

・大文字、小文字、数字等を混ぜる

・辞書に載っていないような文字列

・他のサービスと違う文字列

これだけで随分IDやパスワードの強度は上がります。

 

また、パスワードについては定期的な変更も有効です。

但し頻繁に変更すると忘れる危険性もあるので注意が必要です。

 

あと、絶対やってはいけないのがIDやパスワードの使いまわし。

ひとつのサービスでそれらが流出すると、芋づる式に侵入されます。

アカウント連携も同様ですね。

YahooやTwitterのアカウントを利用して入るサービスがありますが、個別にIDとパスワードを持った方が、いざという時の被害が少なくて済みます。

 

 

IDとパスワードが沢山あって大変

ネットを長くやっているとIDやパスワードが沢山出来てきます。

それらを管理するには何らかの対策が必要です。

 

紙に書いて横においておくなんて、とんでもないです。

セキュリティー上も良くないですし、紙1枚に書ききれるものではありません。

参考までに自身のIDとパスワードを数えると以下のとおりです。

インターネット関連サービス 16

SNS 12

写真、画像関係 19

ソフトウェアサービス 18

ブログ、アフィリエイト関係 12

買い物関係 36

旅行関係 4

金融関係 18

株主関係 14

決済関係 9

チケットサービス 8

プロバイダ 3

その他 17

とてもじゃないですが無策で管理できる量じゃないですね。

 

  

IDやパスワードの管理方法

IDやパスワードの管理方法にはいくつかの方法があります。

代表的なものを3つ紹介しましょう。

 

【1】頭で覚える

記憶力が良い人、使用しているサービスが少ない人は頭で覚えても良いです。

ただ、使用するサービスが多くなると対応できなくなるので、あまりお勧めできる方法ではありません。

 

【2】パスワード管理アプリ

パスワード管理アプリを使うのも一つの方法です。

インターネットブラウザ自体に管理機能があるものもありますし、専用のアプリケーションをダウンロードして使う物もあります。

アプリケーションによって機能も違いますし無料、有料などの違いもあります。

信頼性と自身に合ったものを選びましょう。

 

【3】メモ帳

小さなメモ帳に手書きするのも一つの手です。

パソコンと分離して管理できるので、パソコン自体を盗難された際もリスク分散が出来ます。

ただ、ノート自体を紛失しないように注意が必要ですね。

大きさはA7ぐらいが良く、100均のものでも十分です。

 

自分なりのパスワード管理

方法はいくつかありますがID、パスワードは厳重に管理したいです。

サービスによっては、IDがメールアドレスという場合もあるので、重要になってくるのはパスワードの方ですね。

 

個人的にはメモ帳で管理しています。

ノートというよりはバインダー形式で、サービスを追加したら名前順に並べ、利用しなくなったサービスはバインダーから外して破棄します。

普通のノートと比べると並べ替えがきくので便利です。

 

 

パスワード管理アプリを使っていないのは、昔からメモ帳を使っているから、その流れで使っているというだけです。

パスワード管理で重要なのは推測されない事、盗まれないことです。

自分なりのパスワード管理方法を見つけてください。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました