書籍「成りあがり」が悩める社会人に向けた本だと言えること

趣味

成りあがり

著書「成りあがり」は昭和五十三年に発刊された矢沢永吉の自叙伝です。

本編の内容は幼少期からロック歌手・矢沢永吉までになるストーリーと、人間・矢沢永吉の想いが詰まっています。

広島から夜汽車に乗って上京した少年。

ポケットにはアルバイトで貯めた5万円しかなかったが、胸には熱く燃える大きな固まりがあった。

「おれは音楽をやる、星になる!」。

その少年はいま、願いどおり星になった。

星の中の星、スーパースターに。だがここにあるのは、うつろな星のささやきではない。

くやしさも、みじめさも、すべて吐きだし、泣いている、笑っている、叫んでいる。

この一冊はそのまま矢沢永吉の歌なのだ。

BOOKデータベースより引用

 

 

 

いつの時代だってやるやつはやる

幼少期、彼は極貧を経験しています。

父を亡くし、母は行方不明。

親戚をたらいまわしにされた挙句、祖母に預けられます。

祖母との生活は極貧そのもの。

 

そんな彼は最後までいじけなかった。

確固たる信念を持ち、アルバイトで貯めた5万円を握りしめ、高校を卒業と共に広島から最終列車で上京。

結果、ロックスターという大きな星を手にしたのです。

 

マスコミは何かにつけ〇〇世代と名付け、若者を区別したがります。

組織でもそうです。

何か気に食わないことがあると「彼は〇〇世代だからダメなんだ」「私は〇〇世代なのでそういうことは出来ません」と。

 

しかし、いつの時代だってやるやつはやるんです。

「矢沢永吉は成功したから言えるんだ」など、特殊な例だと思わないでください。

世の中には自分の頭で考えて、行動して、成功している人がごまんといるのです。

 

 

ハートで汗をかいているかそれが大事

仕事で汗をかくことは大切なことです。

肉体労働で物理的に汗をかく事だけが「仕事の汗」ではありません。

ハートで汗をかく。

 

どんな仕事でもそうです。

長く続けていると惰性でやるようになり、次のステップへ進めなくなるのです。

勧めなくなると出来ない理由を並べ始め、各部所から出来ない理由が集まり始める。

そして、出来ない理由をお互いのせいにし始める。

これではいけません。

 

生活の為に仕事をしているという人も多いと思います。

「仕事は金のため?」いいじゃないですか。

否定はしませんよ。

じゃあ、その金を稼ぐためにどれだけハートで汗をかいたかが重要なのです。

「仕事のあとのビールが美味い!」

あなた、それハートで汗をかいている証拠ですよ。

  

何がしたいんだという問いに答えられるか

惰性で働いていると何がしたいか分からなくなります。

本当はこうなりたかったのに、現実の自分との乖離に愕然とします。

 

毎朝出勤し、帰りは22時、たまの休みは家族サービスで、自由な時間はほとんどない。

これ、あなたのやりたかったことですか?

 

こんな時、「何がしたいんだ」という問いに答えが出せる人は成功します。

但し、その答えは一貫性があり筋道が通っている必要があります。

夢だけ語るのは簡単です。

 

「社長になりたい」良いでしょう。

「会社を興したい」素晴らしい!

では、そのためにどういった行動をとりますか? またはとっていますか?

そこまで答えられることが重要なのです。

 

 

反撃しろ、攻撃しろ、戦いの前提は負い目が無いこと

今、苦しいと思っている人へ。

残念ながら誰も助けてくれません。

自分の力で山を登り、ドアを蹴り開けるしかないのです。

 

最近は異世界物の漫画が大流行ですね。

主な流れは異世界に行った主人公が特殊能力を持っていて大活躍、人生ラクショーみたいなやつです。

ある意味これは若い人たちの世相を反映していると思います。

 

若い人たちへ。

異世界はありませんし、ラクショーな人生も幻想です。

少子高齢化が進むので、日本の企業は成長しにくいですし、昇給以上に税金や社会保険料が高くなり、手取りは減るばかりです。

一部上場企業の会社員でも生活に苦しいというのは珍しくありません。

自分の力で何とかするしかないのです。

 

「成りあがり」

今の若い人たちを見ていると上へ行こうという覇気が感じられません。

私は主任クラスで十分です。

私は課長クラスで十分です。

残念ながら、これからの時代このように自分で自分の限界を決めつける人は、将来リストラの対象になりやすいです。

 

大昔なら「この成りあがり者め!」と罵倒されるでしょうが、今は成りあがりの精神が重要だと感じます。

さて、今20代、30代の方。

〇〇世代を盾にして生きていませんか?

ハートで汗をかいていますか?

やりたいことはハッキリしていますか?

異世界転生に夢を見ていませんか?

 

50代、60代で人生が詰んでしまわないように努力するのは今しかありません。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました