事件?事故?哥麿会のイベントで箱内が水浸しになった理由

デコトラ

哥麿会撮影会in高鷲

2021年7月24日、哥麿会の撮影会が岐阜県高鷲スノーパークで開催されました。 

会場はスキー場の駐車場ということで標高が高い所にあり、また全体的に勾配も付いていました。

撮影会当日、昼間は天候が良く、真夏ということで標高が高いにもかかわらず、かなり暑くなりました。

トラックの箱内やバスの中で休憩していた方も多いと思います。

  



 

エアコンから漏水

デコトラの中にはイベント車として箱内を部屋のように改装している方もみえます。

発電機を取り付け、箱内には照明から冷蔵庫、エアコンまでついていることがあります。

 

今回のイベントで箱内が水浸しになるという事故が起こりました。

水の発生源はエアコンの室内機です。

その量は尋常ではありませんでした。

下に敷いた雑巾がすぐに水浸しになるほど。

エアコンが故障した?

 

そういうわけではありません。

実は、これは会場ならではの理由があるのです。

 

箱内に取り付けられた室内機

エアコンには室内機と室外機があります。

今回のトラックに各機器は以下のような位置に取り付けられていました。

【機器配置図】

今まで全く問題なく作動していたエアコン室内機からの漏水。

果たして何が問題なのでしょうか?

 

エアコン室内機は大まかにこうなってる

今回、トラックに設置されていたのは家庭用の100Vエアコンでした。

一般的な家庭用エアコンの室内機はこのような構造になっています。

【エアコン室内機の構造】

・熱交換器で暖かい空気を冷たい空気に交換します。

・冷たくなった空気をファンで送り出します。

・熱交換の際、多くの水滴が出るためドレンパンで受けホースで室外へ流します。

 

鋭い方はもう答えが分かったと思いますが、漏水の原因はドレンパンから水が漏れたということです。

 

 

ドレンパンから水が漏れた理由

一般的に家庭用エアコンは、垂直な壁の水平な位置に設置するように設計されています。

もちろん、トラックの庫内に取り付けることなんて想定していません。

ドレンパンについても、熱交換器から落ちてくる水を受けるだけですから、傾けば水がこぼれます。

 

ではトラック自体が傾けばどうなるか?

もちろんエアコンも一緒に傾くのでドレンパンから水がこぼれます。

高鷲スノーパーク駐車場はかなり勾配が付いた場所でした。

家庭用エアコンを取り付けていて、前面が下がるような位置に駐車したトラックは、もれなくこの症状が出たことでしょう。

このようにして漏水事故は起こったのです。

傾いたままエアコンを稼動させる限り水は出続けるということです。

 



 

対応策

対応策はエアコンを水平にするか前面を上げるしかありません。

例えば、

・水平な位置に駐車する。

・トラックの前後を入れ替える。

・エアコンは諦める。

 

一般的な撮影会の場合、一度駐車してからトラックを移動させるのは困難であることが多いです。

ですから今回の場合は、エアコンを諦める形になりました。

 

家庭用エアコンが付いている場合は、エアコン前面が下がるような駐車をしない。

この知識は今後役に立つかもしれませんね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました