iPhone13シリーズ発表!カメラ機能を検証【一刀両断】

機材レビュー

iPhone13シリーズ

iPhone13シリーズが発表となりました。

ここでは現在分かっている情報からiPhone13シリーズのカメラ機能に着目し、その性能、使い勝手を検証します。

あくまでも現在の発表されている情報によるものですが購入検討の参考になればと思います。

 

iPhone13シリーズのバリエーション

iPhone13シリーズは

「iPhone 13」

「iPhone 13 mini」

「iPhone 13 Pro」

「iPhone 13 Pro Max」

 の4モデル。

液晶サイズはiPhone 13が6.1インチ、iPhone 13 miniが5.4インチ、iPhone 13 Proが6.1インチ、iPhone 13 Pro Maxが6.7インチです。

このあたりはiPhone12シリーズと変わっていないですね。

 

iPhone 13 Proシリーズに関しては液晶画面のリフレッシュレートが120Hzとなり動画の滑らかさが売りのようです。

リフレッシュレートとは1秒間に何回画像を切り替えられるかを数値にしたもので、数値が大きいほど1秒間に多くの画像を表示させることが出来るため、動画の動きが滑らかになるのです。

 

 

iPhone13シリーズのカメラ

iPhone 13、iPhone 13 miniの背面カメラは広角と超広角のデュアルカメラシステムでどちらも1200万画素相当です。

カメラは手振れ補正対応となっており、超広角カメラは耐ノイズ性能が向上しています。

 

iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Maxの背面カメラは望遠、広角、超広角のトリプルカメラシステムでどれも1200万画素相当です。

望遠カメラは焦点距離77mmでiPhone12Proシリーズの52mmより長くなっており、光学3倍ズームも採用されています。

あの狭い中にどうやって入れたんでしょうね。

 

超広角は焦点距離13mmで2cmまで接写が出来るマクロ機能を搭載しておりf値は1.8とiPhone12Proシリーズのf2.4より明るくなりました。

広角カメラは焦点距離26mmでf値が1.5とIPhone12Proシリーズのf1.6より明るくなり、イメージセンサーの画素ピッチも変わったため暗所での撮影でノイズが出にくくなっています。

手振れ補正機能は広角がセンサーシフト式超広角と望遠がレンズシフト式です。

このあたりは何か技術的な意図を感じざるを得ません。

 

 

iPhone13シリーズの活躍する場所

iPhoneシリーズはレンズのカタログスペック以外にもアプリの向上で新しい写真が登場すると思います。

全体的に暗いところで撮ることに重点を置いているので、夜景写真なんか増えるかもしれませんね。

正直なところ、あと1年(欲を言えば2年)早くこの製品を出すべきでした。

それはオリンピック。

オリンピックの舞台といえば、暗い!速い!遠い!

まさに高感度性能の上がったiPhone13シリーズの出番です。

オリンピックの裏側でiPhone13シリーズで撮った写真が多く出るでしょうね。

 

実際、東京オリンピックでもスマートフォンで撮影したと思われる写真が多くの人を魅了しました。

iPhone13シリーズにはオリンピックカメラとしての役割を期待したいです。

 

次は北京があります。

その時は選手側から撮影した今までにない写真が多く出るでしょう。

  

iPhone13シリーズで増える写真

撮影機材の技術が進歩し、簡単に撮影できると下手な写真が増えます。

iPhone12Proシリーズで超広角レンズが搭載された時、パースのおかしな写真がSNS上に溢れました。

一般ユーザーに対してこの超広角レンズというのは明らかにオーバースペックだったのです。

ただ、センスの良い人は新しい画角の世界に上手く順応し、素晴らしい写真を写していることも事実です。

 

ですから今回も同じようなことが予想されます。

ひとつは新しく追加されたマクロ機能。

近寄って撮るのは面白いと思いますが、基本的にマクロで撮影できる写真はグロいです。

小さなものを拡大して撮りますからどうしてもそういう被写体が多くなるのですね。

<マクロ・接写写真の例>

マクロ写真は非常にセンスが問われるのです。

ですから、撮影するものをよく選ばないと、変な写真でSNS上が荒れるかもしれません。 

 

そしてもう一つは望遠レンズ。

77mmというとポートレートサイズですが、人の上半身を写して背景を写真アプリでボカすという手法が増えるのではないかと思います。

実際にAppleもそういったコンセプトで作っているようですね。

<ポートレートの例>

正直言ってポートレート写真はものすごく奥が深いです。

ほとんどの人がこの77mm望遠レンズを持て余すでしょう。

 

iPhone13シリーズを買う理由

iPhone13シリーズの価格を見てみましょう。

●iPhone 13
 ストレージ容量128GBモデル:9万8800円
 ストレージ容量256GBモデル:11万800円
 ストレージ容量512GBモデル:13万4800円

●iPhone 13 mini
 ストレージ容量128GBモデル:8万6800円
 ストレージ容量256GBモデル:9万8800円
 ストレージ容量512GBモデル:12万2800円
●iPhone 13 Pro
 ストレージ容量128GBモデル:12万2800円
 ストレージ容量256GBモデル:13万4800円
 ストレージ容量512GBモデル:15万8800円
 ストレージ容量1TBモデル:18万2800円
●iPhone 13 Pro Max
 ストレージ容量128GBモデル:13万4800円
 ストレージ容量256GBモデル:14万6800円
 ストレージ容量512GBモデル:17万800円
 ストレージ容量1TBモデル:19万4800円

 

価格はまだ前後するかもしれませんが正直言って高価です。

マクロとポートレートレンズのためだけにこの値段は出せません。

 

参考までにCanonのEOSKissX7なら中古で20,000円前後。

マクロレンズが10,000円前後。

ポートレートレンズが20,000円前後。

中古ですが全部で50,000円ぐらいです。

 

iPhone12シリーズを持っているなら替えるメリットはほぼないでしょう。

アプリで作った疑似的な画像にもすぐ飽きるはずですから。

 

それでもiPhone13シリーズを買うメリットはあると思います。

・本格的でなくていいのでコンパクトにまとめたい人。

・今からスマホを買う人。

・古いiPhoneシリーズを使っている人。

・とりあえず新製品が出たら買わないと済まない人。

 

こんな人には良いかもしれません。

高い買い物ですのでよく考えてください。

個人的にはiPhone12シリーズからの買い替えは不要と考えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました